昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

クロサワツブミズムシ

クロサワツブミズムシSatonius kurosawaiはちょっと変わった昆虫である。マニアックな甲虫屋ならば一度は憧れる虫だと思う。粘食亜目Myxophagaに属する微小な水生甲虫で、今のところ日本産のツブミズムシ科甲虫としては唯一の種である。1982年に佐藤正孝博士により記載され、種小名は発見者である黒澤良彦博士に献じられている。

水生甲虫とは言っても川や湖沼にいるわけではなく、浸み出す水で常に濡れているような岩盤の表面で生活している。体長は1.5mmほどと、非常に小さい。なかなか目につかない大きさであるのは確かだが、それにしても過去の記録は少ない。水の滴る岩場なんて全国の山にありそうなものだが、どこにでもいるような虫ではないらしい。これはちょっと不思議なことで、いる場所にはなぜいるのか、いそうな場所にいないのならばその制限要因はなんなのか、いつか知りたいと思っていた。なによりゴマ粒よりも小さいというその虫自体を、野外でじかに見てみたいと思っていた。しかし、なかなかその機会には恵まれずにいた。

ところが先日、思いがけず道が開けた。いつもお世話になっている学芸員さんが生息地の調査をされたことのある方で、先日その場所について話を聞くことができたのである。しかもスマホでGoogleマップを見ながら、「ここだよ」とピンポイントで場所まで教えて頂いた。訊いてみるものである。ついにあのサトニウスに会える! 重たいカメラを担いで、先日その場所に行ってみた。

ポイントはすぐに分かった。某県某所。一見なんてことのない道路わきにある。
f0205097_11583115.jpg

たしかに教科書通りの環境である。ここは河岸段丘の中段あたりで、上のほうから水が浸み出し、岩盤表面を濡らしている。年中水が途切れることがないらしいのは、表面についたコケや有機物の溜まり具合からして分かった。
カメラを用意して、岩の表面を凝視して数十秒、目的の虫はあっけなく見つかった。まあ場所を聞いて来たのだから当然なのだが、憧れの虫を目の当たりにできたのはやはり嬉しかった。
これがクロサワツブミズムシ。(以下、いずれもトリミングなし)
f0205097_11593105.jpg
f0205097_12002294.jpg

このようにびちゃびちゃに濡れている岩の表面にくっついている。常に体を水に浸した状態でいるのが好きなようだ。この日は気温も高く、ゆっくりと歩いているのも多い。

これはやらせ写真。ピンセットでつまみ上げて、濡れていない場所を歩かせてみた。短い触角が可愛い。
f0205097_12015666.jpg

よく見てみると、怪しげな平たい虫が少ないながらも見つかった。どうやらこれがクロサワツブミズムシの幼虫のようだ。これはやや小型で、若齢幼虫と思われる。
f0205097_12025053.jpg

体は非常に扁平で、ヒラタドロムシ類の幼虫を思わせる。腹部には細い突起物がずらりと並んでいて、いかにも水中の溶存酸素を取り込むのが得意そうな姿である(個人の感想です)。
この個体は少し大きい。
f0205097_12040620.jpg

撮影していると地元のおっちゃんが何人も通りかかり、そのたびに聞き取りをしたのだが、やはりこの崖は一年を通じて水が途切れることはないらしい。役所の人も通ったので訊いてみると、ここの段丘の上から岩盤の隙間を通じて地下水が浸み出てくるのだそうだ。

70代くらいのおじいちゃんの弁。
「ここは俺が子供の頃っからこんな感じだよ~。でも今日はまだ水が少ねえな、いつもはもっと流れてるんだけどな。
このあたりの岩場は昔は石切りをやっててな、こんな(手を広げる)でっかい石を背負った男が歩いてたよ。積んで塀にしたりかまどにしたりするんだな」

やはり地元民の話を聞くのは面白い。
クロサワツブミズムシにとって、この「年中途切れない水」が重要なのは分かるのだが、それにしてももっと記録があってもよさそうなものだ。生息環境の雰囲気は掴めたので、今後は似たような場所を見かけたら探してみたいと思っている。


帰宅後に調べてみると、本種の幼虫はボイテル博士が既に記載していたことを知った。PDF直リン。



[PR]
# by isohaetori | 2017-02-22 12:40 | 昆虫採集・観察(陸)

O先生のご退官と、昆研での思い出

今日は昆研のO先生の退官記念パーティーに出席してきた。
私は2004年の卒業生で、昆研に出入りしていたのは学部2年生からの正味3年間ほどだったが、それはとても充実した毎日だった。時間の許す限り、虫の採集と勉強にどっぷり浸かっていた。その時のボスがO先生だった。

O先生の放つ威厳に、当時の研究室にはいつも独特の緊張感が漂っていた。最初はコワイところだなあとビビッていたのだけれど、本気で勉強しようと決めて通い始めてからは、その緊張感はむしろ心地よいものとなっていった。あの空気があってこその昆研であって、だからこそO先生は室員みんなに慕われていたのだと思う。あの雰囲気の中で勉強できたのは本当に幸せだった。

悩んだ末、私は院に進学することなく卒業してしまった。しかし社会人になってからも、農大で催される学会などで、時々先生にお会いする機会があった。こちらは全然目立たない不出来な学生だったにも関わらず、ちゃんと覚えていて気にかけて下さるのが嬉しかった。


昆研で過ごした3年間は、その後の私の人生をはっきりと方向づけたと思う。そこでの出会いや経験がなかったら、どういう生き方をしていたか見当もつかない。当時の先生や先輩方、学友たちには本当に感謝している。
私は研究者にはなれなかったが、また別のやり方で、昆虫をはじめとした生き物と関わり続けようと思っている。それがうまくゆくかどうかは現時点ではわからないが、昆研で得たものが自分の根底にある限り、何とかなるだろう…というような気がしているのだ。
[PR]
# by isohaetori | 2016-04-17 22:33 | 日常

多肉の近況(2)

前回の記事の続き。

もけもけの人その1、カランコエ(Kalanchoe tomentosa)。チョコレートソルジャーという品種名で売られていたものだが、月兎耳周辺の細かい品種はよくわからん…。とりあえず可愛いという点はわかる。しかし屋内で甘やかしていたので発色が悪い。
f0205097_2085247.jpg

ちなみにこのサイトによれば、育てやすさは90%、「ウサギに触れているような感覚が味わえる度」は95%だそうである。また、「陽射しが弱いとチョコレート色が薄くなってしまう度」は100%らしい。なにその尺度…。


もけもけその2、同属のKalanchoe beharensis。「ファング」の名で流通しており、やはりもけもけしている。葉裏の突起が面白い。成長すると大きな木のようになるらしいが、そうなるときっと可愛さゼロになるので植え替えもせず、水やりも厳しく制限している。すまん、決してお前が嫌いなんじゃないんだよ…。
f0205097_20183425.jpg


もけもけその3、このブログで何度か紹介したことのあるトランスバールのCrassula sp.
この子は甘やかさずに寒いベランダに出しっぱなしだったので、真っ赤に紅葉している。綺麗だ。花芽も順調なので、そのうち開花するだろう。
f0205097_20201474.jpg


この子はまったく変化なし。砂漠のウニこと、ユーフォルビア オベサ。雌株だが相手がいないので開花しても結実しない。お婿さん募集中。
f0205097_20273685.jpg


続く。

※今回の写真はいずれも3月17日に撮影したものです。
[PR]
# by isohaetori | 2016-04-01 20:39 | 昆虫以外の趣味

多肉の近況(1)

だいぶ暖かくなってきたので、先週、室内で管理していた多肉たちをベランダに出した。

まずはアドロたち。
トリギナス(Adromischus trigynus)は、意外にも成長が早かった。
こちらは2015年3月18日のトリギナスさん。買ってきて間もない、葉挿しされたばかりの状態。
f0205097_1537566.jpg


その1年後。2016年3月17日。
f0205097_15391827.jpg

大きくなったものの、室内で甘やかしていたので発色が悪い。これからはスパルタでいこう。

一方、ヘレイ(Adromischus herrei v. marianae)はどうか。
2015年3月9日。
f0205097_15413945.jpg


2016年3月17日。こちらはちょっと微妙…だが、一応新しい葉がいくつか出ている。
f0205097_1540345.jpg




貰いもののリトープス軍団は脱皮をしている。虫っぽい生き方をしている多肉だ…。
f0205097_15464518.jpg


Titanopsis calcareaもだいぶボリュームが出てきた。
f0205097_15482196.jpg


Sinocrassula yunnanensis(四馬路)も、ぎゅうぎゅうになっている。早く植え替えたい。
f0205097_15485747.jpg

[PR]
# by isohaetori | 2016-03-22 23:00 | 昆虫以外の趣味

ウスタビガの繭その後

以前拾ってきたウスタビガの繭から、カリカリという音がし始めた。(3月1日)
f0205097_22102735.jpg


大きなヒメバチが、繭の上部に穴をあけようと頑張っていた。こういうのは繭から出てくる瞬間を見てみたいし、写真にも収めたい。しかし今は色々と立て込んでおり、虫ばかり眺めているわけにもいかず、まだ出てこないだろうと踏んでしばらく放置。翌日もまだ出てきそうになく、気の短い私は再び放置。

そして音がし始めてから二日後の朝。
f0205097_2212251.jpg


…出てた。まあそんなことだろうと思ったよ…。

しかしずいぶん早い羽化だった。室内の温度で生育が早まってしまったのだろう。
[PR]
# by isohaetori | 2016-03-04 22:27 | 飼育

福の神

先月、商談のために某市へ出かけた。しかしだいぶ早く着きすぎ、1時間ほどの隙間時間を得た。
隙あらば採集か拾い物をするという習性が染みついているので、何か落ちていないかと近くの畑を見て回る。

そこで見つけたのはこれ!
f0205097_0243555.jpg


瑠璃色ガラスの大黒様だ~! これは嬉しい!

実はこういう大黒様は以前にも一度拾っていて、二人目のお迎えである。

この神様が、これからの人生に福をもたらしてくれたらいいなと思う。
[PR]
# by isohaetori | 2016-02-29 23:55 | 昆虫以外の趣味

ウスタビガの繭

今日は所用があって横浜へと出かけたが、少し早く着きすぎてしまった。ただ車でぼんやり待つのも面白くないので、近くの公園を小一時間ほどぶらついてみた。池は凍り、地面には霜柱が立ち、この暖冬にも漸く本来の寒さがやってきたようである。公園にはそこそこの規模で雑木林が残されており、短時間ではあったが、数か月ぶりの野外散策を楽しむことができた。
植栽のサツキの枝でウスタビガの繭を見つけた。なぜか足元近くと言ってよいほど、ごく低い位置に作られている。

f0205097_22172912.jpg


この繭については過去に一度紹介したことがある。色が美しく造形も魅力的なので、野外で見かけるとつい拾ってきてしまう逸品だ。

さて、本来ウスタビガは秋に羽化してしまうので、この時期に見かける繭は空のはずである。しかしこの繭はずっしりと重かった。繭の上部を開けて覗いてみると、中には蛹がちゃんと残っている。どうも怪しい。アメバチにでもやられているのかもしれない。気になるので持ち帰ってきた。これから何が出てくるか、しばらく様子をみてみようと思う。
[PR]
# by isohaetori | 2016-01-13 22:40 | 昆虫採集・観察(陸)

良いお年を

なんだかいろいろ変化がありすぎて、人生の転換点にいることにもあまり実感の湧かない年末…。例年であれば職場は繁忙期まっただ中で、ヘロヘロになりつつ大晦日まで働いているはずだったのだが、その会社も辞めてしまった。年末って、こんなにゆったりしたものだったのね…。しかも我が家にはテレビがないので、年末年始の無駄なバカ騒ぎもまったく伝わってこない。とても静か。
とはいえ、環境が変わるとこまごまとした用事が発生するもので、退職したというのに野外には全然出ていない。特に12月はイベントが続いたので、そちらに注力していたためもある。退職したら遊ぼう、旅行にでも行こう…なんて思っていたのだが、まったくそんなことはできず、目の前のトドをぷちぷち潰しているうちに年末になってしまった。

ここにきて何件も取引の話がまとまったり、いろいろな人との出会いがあったりで、開業の準備は急速に進み始めた。この二か月、たくさんの人にお会いして話をしてみて、しみじみありがたいなあと思ったのは、やはり人との繋がりだった。学生時代からお世話になっていた方と取引をすることになったり、ネットで知り合った人からさらに人を紹介してもらったりと、「ここでそう繋がったかー!」と感動する場面が何度もあった。特に生き物屋さんや趣味家を通じて広がった人脈には本当に助けられた。あちこちの雑貨屋さんや個人の作家さんにも力強く背中を押された。本当にありがたいことだ。目標は来年春の開業なので、引き続きその準備を進めている。皆様の期待を裏切らないよう頑張ります。


さて、バタバタしっぱなしだったとはいえ、今年もほとんど更新のない過疎化ブログにしてしまい申し訳ありませんでした(ここ数年、毎年言ってる気がする)。来年はもう少し書ければよいのですが。
それではみなさま、良いお年をお迎えください。
[PR]
# by isohaetori | 2015-12-31 15:11 | 日常

これから

会社を辞める決意を固めた。

理由はたくさんある。

まず、体を壊したくなかったということ。
ずっと園芸業界に身を置いていたが、今の私の職場は、控えめに言ってもあまり楽な現場ではなかった。今までは若さで乗り切ってきたものの、このまま続ければ早晩(身も心も)壊れる、と判断せざるを得なかったのだ。なお、今の職場の体質や問題点について思うところは山ほどあって、それも大きな要因なのだが、「黒い」話になるのでここでは書かない(お察し下さい)。

ふたつめは、上記の理由により、自分の気持ちに余裕がなくなってきたこと。
わーい、仕事は楽しいなあ、と自分を騙しながら働くのも限界にきた。繁忙期に差し掛かると休日は仕事で潰れることもよくあるし、休める日にも疲れきって死んだように寝ていたりする。夢に見るのも仕事のことばかりになった。休日に早朝から採集に出かけるなんて、もう体がついていかないので無理。いつしか虫採りからも遠ざかってしまい、私は何のために働いているのだろう、という気持ちが大きくなっていった。

みっつめは、何よりもこれが一番重要なのだけれど、独立して自分の好きなもので商売をしたくなったということ。つまり開業だ。

園芸屋も好きな仕事ではあったが、やはり私は根が生き物屋なのだった。虫をはじめとした自然全般が好きすぎたのだ。昆虫標本、鉱物、骨、不思議な植物の種子といった自然物や、自然科学系の本や、生き物モチーフの雑貨がぎっしり詰まったお店を作りたい。そんなお店で自然の面白さをお客さんと共有したい。販売の仕事をしているうちに、そんな妄想がどんどん大きくなっていった。そして様々な要因とタイミングが重なり、会社を飛び出すには今しかない、という結論に達した。少し前に上長に自分の意向を伝え、諸々の調整があり、つい先日、10月中に退職することが正式に決まった。


今の会社がどんなにひどい環境であれ、勤めてさえいれば安定した収入は確保できる。わざわざそれを捨てて、成功するかどうかもわからない雑貨屋を始めるなんてあまり利口でないのも確かである。
しかし自分の好きなことを追及したいという気持ちには勝てなかったのだ。それに、何かに挑戦して失敗しても、33歳という今の年齢なら何とか挽回できるだろうし、何より自分で決めた上での結果ならば後悔もしないだろうと思ったのである。

私は元々あまり思い悩むたちではないので、そういうことを考え始めるとすぐ、やけにあっさりと退職を決めてしまった。それに最近の職場は先行きが急速に怪しくなってきており、ぐずぐず悩んでいる暇があまりなかったというせいもある。沈み行く船からの脱出を早いうちに決断したのは正解だったと思う。


あちこち歩き回りながら検討した結果、出店する地域は小田急相模原周辺に決めた。お世話になっている海福雑貨さんもあるし、最近は個人経営の素敵な雑貨屋さんや作家さんが増えつつある、これから有望な地域である。
今はお店作りを一から始めるために必要な下調べや手続き、商品の選定、引っ越しの準備などに追われている。将来に対する不安は大きいが、自分の好きな道に踏み出せると思うと楽しみでもある。元々私はバカ一歩手前というくらいの楽天家なので(バカそのものかもしれない)、まあ何とかなるだろう、くらいの気持ちで気楽に構えている。

この話を打ち明けてから、周囲の方々からは暖かい励ましのお言葉をたくさん頂いた。意外なことに、バカなことはよせ、などとは誰も言わなかった。そんなわけで、これからは遠慮なく、全力で趣味に生きようと心に誓ったのだった。
その反面で悲しいのは、こちらでできた友達と離れてしまうということだ。親友と言える人もいて、そうした人の支えなしでは今の仕事は続けられなかったと思う。引っ越すといっても地球の裏側へ行くわけじゃないんだし…と思うことで、その寂しさをなんとか紛らわせているところである。


退職が決まり、引っ越し先も決まったけれど、肝心の店舗物件はまだ見つからない。しかしあまり焦ってはいない。運や縁ってあるものだし、のんびり探そうと思っている。
少し時間はかかっても、納得のゆく楽しいお店を作りたいと思っているので、開業したらぜひ遊びにきてください。
[PR]
# by isohaetori | 2015-09-16 23:38 | 日常

かっこいいザトウムシ

今日は6月4日で虫の日なので。

zatoumushi

写真クリックで大きな画像を見られます。
例によって名前は調べてません。(猛烈な手抜き記事)
[PR]
# by isohaetori | 2015-06-04 21:35 | クモ・多足類