昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

海ハネ日和

f0205097_0125846.jpg6時半起床。妻とともにいつもの干潟に行き、海ハネを採集する。最大の目的だったBryothinusa sp.(明色の小型種で、これまでに9頭しか得られていない)は完全に姿を消しており、まったく採集できなかった。前回あれほどたくさんいた黒い方の種も激減していて、この2種の成虫の時期はそろそろ終わりのような気がする。また来年ってことかい!

その後南房総の海岸に移動し、ここではCafiusAthetaといった海ハネを鬼のように採集。海藻をバットの上で篩うと、もう目を背けたくなるほど沢山の甲虫(とヨコエビ)が落ちてくる。うじゃうじゃわさわさ。ガムシやエンマムシも多い。肉眼では確実な識別ができないものばかりなので、とにかく片端から吸虫管で吸いこむ。おかげで個人的に嬉しい虫がいくつも採れた。以前から気にしていた属不明のヒゲブト(赤黒のバイカラーで毛深い人)の採り方が分かり、いくらでも採集できるようになったのも収穫だった。今までしてきた苦労は何だったのか。しかし採集とは得てしてそういうものである。
[PR]
by isohaetori | 2009-04-23 00:08 | 昆虫採集・観察(海)