昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

近場でハチ採集

隣町の公園にハチを見に行った。今日は暑いくらいの天気に恵まれ、おかげでセイボウを3種ほど得ることができた。そのうちの一種は妻が採集したリンネセイボウ。メタリックに輝く赤い腹部が美しい種類である。例によって生態写真はない。セイボウに関してはまだ先に手が出てしまうのだ。
普通種ばかりだが、今日撮った写真をいくつか。
上半身の赤い寄生蜂。体長約1センチ。
f0205097_20113099.jpg


うじゃうじゃいたシリアゲコバチ(オス)。メスは産卵管を背負った異様な姿をしているのだが、セイボウ採集に夢中で撮り損ねた…。またいずれ。
f0205097_20115518.jpg


土場でひと休みしていたクマバチ。攻撃性のほとんどない温和なハチなのに、世間では逆のイメージが定着しているようだ。これほど誤解されているハチもいないと思う。
f0205097_20121124.jpg


ちょっと嬉しいムツボシタマムシ。材の上をチョロチョロと素早く走り回り、腹部のメタリックな輝きを見せながら飛び去る。おかげでセイボウと間違えそうになる。
f0205097_20123123.jpg


土場にはクロハナムグリもよく姿を見せる。渋くて好き。
f0205097_20125581.jpg


土曜日だったこともあって、公園には子どもが多かった。茅葺屋根の前でセイボウを待っていると小学生の男の子二人組に声をかけられたので、華麗な網さばき(?)とともに生きたセイボウを見せてあげた。

「おお~、すげ~!」
「キレイじゃん!」

うん、おじさんもそう思う。

「アリみたい!」

えっ!? アリ!? これは予想外の反応(笑)。まあ、確かにアリもハチの仲間だからねぇ…。鋭い小学生であった。
[PR]
by isohaetori | 2009-06-20 20:14 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)
Commented by J-K- at 2009-06-24 11:14 x
セイボウにすっかりハマッてますなあ。最近は、土場へ採集に行かないからこの手のハチをとる機会がないね。

今年は砂浜篩いツアーやります?
Commented by isohaetori at 2009-06-24 22:55
砂篩いやりたいね。まだ押さえていない海虫もいることだし…。

今夏どこかで都合をつけて行きましょう。