昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

アカオビケラトリバチ

昨日のハナダカバチ観察ツアーで、最後にあまり期待もせず立ち寄ったK海岸。一見つまらなそうな環境だったが、ここでもハナダカの営巣が確認できた。もっともかなりピンポイントな上に個体数は多くなく、辛うじて生き延びているといった印象である。最初に行った浜でもごく狭いエリアにしか棲みついていなかったし、このままでは完全に姿を消してしまうのも時間の問題かもしれない。

このK浜ではもうひとつ興味深いハチを見ることができた。それがアカオビケラトリバチLarra amplipennis で、その名の通りケラを狩って幼虫の餌とするハチである。川島さんによると、もともと少ない種で、最近はケラそのものが減っているのでさらに珍しいものとなっているという。しかし驚いたことに、最後に通りかかった海岸の一画にはこのハチがわんさかいた。確かに地面には湿り気があり、ケラの掘ったトンネルが縦横に走っていたので納得。これは今どき貴重な場所だ、外来植物ばっかりのしょーもない荒地だけど。

f0205097_23213844.jpg

このハチは夕方になると草の葉の隙間で眠るらしく、ここを午後5時過ぎに訪れたときは、オオマツヨイグサやセイタカアワダチソウの葉の付け根あたりにたくさん「はさまって」いるのが観察された。上の写真はまさにそうした状況を撮影したもの。
[PR]
by isohaetori | 2009-06-26 23:23 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)