昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

西荻にて

最近、暇さえあればびんのことばかり考えていることに気がついた。近所でハケ(昔のゴミ捨て場。古いびんがよく出てくる)がありそうな場所とか、効率よくびんを探せる川のこととか。一昨年あたりからすっかりびん狂いになってしまったようだ。現在の私の脳内に占める思考の割合を示したのが以下の図である。仕事のことについてはほとんど考えていない点に注意。
f0205097_07317.jpg


冗談はさておき、今日は妻と西荻窪界隈の骨董屋を巡り、レトロなガラスびんを探してきた。結論から言えばその手のびんはいくらでもあって、金さえ出せば(嫌な表現だ)相当量集めることができそうだったのだが、やはりそこは財布と相談の上で選ぶことになった。「ガラスびん 買わずに拾え できるだけ」というのが我が家のスローガンである。それに私は目薬びんに的を絞ったところでもあるし…。素敵なニッキ水のびんが沢山あったんだけどね~。
以下、今日の収穫品。
f0205097_072742.jpg

へうたん型のニッキ水、『清涼丹』と書かれた富山の丸薬びん、緑色が怪しい鼻薬、気泡だらけで歪みまくった透明の可愛い薬びんなど。いずれも数百円だった。ガラクタ扱いやね。
清涼丹のびんには「第一製薬株式会社」とあって、帰宅後に調べたらこの会社は今も富山県で存続していることが分かった。この会社は昭和16年創業だそうなので、これはそれ以降の製品ということになる。

目薬びんはこの2本を入手した。透明な方は何の銘もなく、ただ吹きガラスのスポイトにゴムの栓をつけただけという代物。おかげで素性は調べようがない。どなたか詳細をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください! 
f0205097_0101590.jpg


最後に、これは収集の範囲外であるが、あまりにも秀逸なデザインなので入手してしまった『直治散』の薬袋。ひどいしかめっ面の女の子が笑える。このタグチヤクスリヤについては調べがつかなかったが、静岡県の笠井町にあったものか?
f0205097_0105019.jpg


もう一枚、奈良県御所町にあったらしい「本家きんぎょや薬房」の袋。昭和~。
f0205097_011114.jpg


いや~なにやってんだろ私。しかし収集欲に火がついた虫屋の本気は怖いぜ! 目薬びんを求める旅はまだまだ続くのだ。
[PR]
by isohaetori | 2010-03-02 23:55 | 昆虫以外の趣味