昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

近所のハケを掘る

後出し日記です。

昨日のこと、早めに骨董市から戻ったところでハケに直行! まずは先日「通勤途中のハケ」として紹介した国道沿いの場所に行く。かなり期待できると思っていたのだが、あにはからんや、掘ってもロクなものが出てこないのであった。見つかるものといえばコーシン牛乳のびんや『君が代』の小びんばかり。前回の表面採集で、だいたい目ぼしいところは拾ってしまったらしい。通勤途中のハケはこれにて封印。
f0205097_2141891.jpg



日も傾いてきたところで、もう一か所、『バス停のハケ』と名付けた場所へ行ってみることにした。ここは某高校前のバス停付近にある、庚申塔を頂いたちょっとした塚である。塚の斜面には磁器やガラスのかけらが散乱していたのを、以前から通りかかるたびに気にしていたのだ。
さて、早速掘ってみましょう。
f0205097_2143331.jpg


出る出る。
f0205097_2144648.jpg


間違いなくハケである。木の根がびっしりと張っていて効率が悪いが、日が暮れるまでの一時間弱の間に以下のようなものを掘りだした。
f0205097_2152914.jpg

↑妻が見つけた、明治製菓のフルーツシロップびん。調べてみると、これが生産されたのは昭和13年から26年までの間だそうなので、このハケの年代を知る重要な手掛かりになりそうだ。びんの下部には『MEIJISEIKA KAISHA』と陽刻されている。高さ28.5センチ。
f0205097_2155711.jpg

↑高さ8.4センチ、分厚く重量感のある四角いびん。これは2個見つかった。何が入っていたものか、妻と話し合ったが当然分からず。私は糊びんであることに2ペソ賭けたい(水あめびんかも)。
f0205097_2162273.jpg

↑高さ6.5センチ、クレオソート丸の小壜。気泡たくさん! これは嬉しい。
f0205097_2165819.jpg

↑乳白ガラスのクリームびんなど。素敵な色だなあ…。左のびんの底には『JUJU A5』というエンボスがある。これはジュジュ化粧品が作っていた『マダムジュジュ』の古いびんではないだろうか。ちなみにマダムジュジュは今でも販売されている現役の化粧品だが、初代のものは昭和25年発売。結構息の長い商品なのだ。右端の丸いびんには『Hime』という小さな刻印があるが、正体はわからず。
f0205097_218116.jpg

小壜色々。左のは丸薬が入っていたびんか? 真ん中のインクびんの底には『SIMCO』とあり、篠崎インキの製品と思われる。右奥のは何かの香水入れだろう。両口式目薬びんは一個だけ出てきた。嬉しい。

今回の発掘品を見た限りでは、ここは昭和20年代から30年代あたりに使われていたハケではないかと思われる。一部しか掘っていないので、まだまだ面白いものが出そう。次が本番である。
それにしても、最近は完全にびんブログと化しているな…。まさにさぼってばかりの虫屋。この日記は一体どこへ向かおうとしているのであろうか。
[PR]
by isohaetori | 2010-04-02 21:18 | 昆虫以外の趣味