昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

ボトルシヰアター訪問

びんの聖地、ボトルシアターに行ってきた。庄司先生に迎えられ、枕木の香りのする館内へ。
一歩足を踏み入れると、そこには頭がくらくらするほどのびん、びん、びん…。
f0205097_0123073.jpg

f0205097_0135314.jpg

とても短時間で見切れるものではない。
f0205097_0583161.jpg

f0205097_0141366.jpg

レアなびんの数々に、ひたすら圧倒される。
f0205097_0125448.jpg



2階の書斎で腰を落ち着け、ひとしきりびん&虫話。その後、庄司先生の弟さんが遺した歌のリマスターCDが上がってきたとのことで聴かせて頂いた。後半は庄司先生もギターを持ち出して生演奏。素朴でじーんと来る歌が流れるなか、亡き弟さんへの想いや、びん収集の哲学、本音など、奥深い話をたくさん聞かせて頂いた。不思議な感動があって、思わず泣きそうになった。

ボトルシアターにいたのは三時間ほどだったが、ものすごいコレクションに私の脳は完全にオーバーフロー…。本当に楽しく濃密な時間だった。ありがとうございました!!


実はここに来る前に危惧していたことがある。あまりにも凄いコレクションを見たら打ちのめされ、収集欲をなくすのではないかということだ。しかし実際は逆だった。人間とことんやって良いのだと妙に安心したというか、やる気になってしまったのである。改めてびんに燃えてきたわけで、収集癖のある虫屋はこれだからこわい。
[PR]
by isohaetori | 2010-09-13 23:55 | 昆虫以外の趣味 | Comments(10)
Commented by Harpalini at 2010-09-14 12:53 x
人間は何でも集める収集癖なるものがあるのは承知しています。リスやハムスターがヒマワリの種を全部巣にもってゆくのは本能的なものでしょうけれど、人間の収集癖も似たようなものかも。ごく一般的な収集である切手、お箸を入れる袋、牛乳の栓(最近は激減)、落ちてるタイル、鉄工所のゴミ箱に入れてある各種の鉄製品、小さい頃は何でも集めました。しかし瓶にも収集家がおられる事は初めて知りました。しかもそれを集めて売っている店があることも。ん~~、ちょっと理解ができないような。肥桶百か、という言葉をご存知ですか。米朝の落語で調べてみてください。
Commented by いそはえとり at 2010-09-14 21:05 x
世にびん好きは多くとも、こうしたびんに特化したお店というのは、実際にはほとんどありません。ネット上に数軒あるくらいで、骨董屋さんが多少扱う程度という場合がほとんどです(ボトルシアターもあくまで博物館であって、びんを販売しているわけではありません、念のため)。
また欧米と違って、日本ではそうしたびんの市場というのはごく小さなものです。コレクターの世界としては昆虫のそれほど成熟していないと言えるかもしれません。おかげで値段の高騰もないために助かっていますが。

しかし肥桶の例えはあんまりではありませんか。あのガラスの静謐な美しさをご理解いただけないのは残念です…。
Commented by シゲル at 2010-09-14 23:07 x
いそはえとり様
ビンの収集、素晴らしいじゃないですか。
先輩方のコレクションを見て『よっしゃ、やったるで!』そうこなくちゃいけません!
せっかくの趣味、ディープにハマるべきですよ。マイウェイをひた走って下さいよ。
Commented by 尚 nao. at 2010-09-15 01:23 x
行ってきましたか〜。
これだけの硝子壜に囲まれたら壮観でしょうね〜!
僕なんかは毒気に当てられて気持ちが萎えてしまうだろうな(笑)
Commented by Harpalini at 2010-09-15 08:44 x
ごめんなさい。失礼しました。今年信州へ行った時に面白い瓶が売っていたので、ゴミ虫屋のMさんに買ってきました。因みにビンは有名な人が作った作品でなく、あくまで掘り出してきたものに価値があるんですね。
Commented by Harpalini at 2010-09-15 12:24 x
言い忘れておりましたが、信州の安曇野にガラス工房があって、作品の展示や販売以外に、実際に作らせてくれます。作るのは興味をお持ちでないでしょうか。興味をお持ちでしたら、採集で信州に行かれた際に寄られたらいいと思います。
Commented by いそはえとり at 2010-09-15 23:19 x
シゲルさま
やっぱりそうですよね! 行きつく先がどこだか分りませんが、このまま突き進むことにします。

尚 nao.さま
圧倒されますね。足元から頭上まで徹底的にびんだらけなので、もうどこから見ていいんだか分かりませんでした。眼福とはまさにこのことです。

Harpaliniさま
作るのも興味あります! 吹いてみたいです。沖縄に行ったときに工房がたくさんあったので、やらせてもらえばよかったと少し後悔してます。
びんの価値というのを一口に説明するのはなかなか難しいですが、わたし個人としては、びんの素朴な道具としての側面にも魅力を感じます。ですから別に高名な人が作った芸術品でなくとも良く、なんてことない歪んだ薬びんなんかを熱心に集めてしまうのです。
Commented by Harpalini at 2010-09-16 08:59 x
例の失礼な件ですが、あれは一つだと地味なビンもあのように沢山並べて光も当てると素晴らしいものになる、といういい意味の例えです。引き合いに出した桶がまずいですが・・・。
Commented by しゅんぴー at 2010-09-16 19:20 x
ボトルシアターのホームページ並みにきれいな写真ですね。

びんへの気持ちが高まったとのこと、本当に良かったですね。何よりよくぞご無事で戻られました!
びんレベルの低い自分の場合、本当にただただ打ちのめされるのではないかと、なかなか行く覚悟が出来ません。いそはえとりさんに追いつけ追い越せ精神で頑張りたいのは山々なんですが。
Commented by いそはえとり at 2010-09-16 21:27 x
Harpaliniさま
こちらこそ大人げないレスをしてしまいすみません。本当に気にしておりませんので、ご安心ください。
これを機にひとつ新しい言葉を覚えました(笑)

しゅんぴーさま
ちょっといそはえとりさんを買いかぶり過ぎではないでしょうか(笑)。
実際行ってみると、びんに対する愛があふれているのに心底感動しました。そして、コレクションの大小は抜きにして、好きであればそれで良いのだ…ということに改めて気づき、圧倒されてやる気をなくすかも、なんて気持ちは杞憂だったことがわかりました。なによりびん博士の優しいお人柄に打たれましたね…。