昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

手榴弾消火器のびん

青い。丸い。薄い。繊細な吹きガラスのびん。高さ約12センチ、直径約10センチ。伯母がどこかの骨董屋で見つけてきてくれた。
f0205097_15494653.jpg

これは一体何だろう…と、自分の中で長いこと謎のままだったが、色々と調べてみると昔の『手榴弾消火器』のびんであることが判った。未使用のものには消火液が充填されているので、火事の際にはそれを火の中へ投げ込んで使うのだという。『消火弾』でぐぐるとそれらしいものが出てくるが、それは昭和30年代の製品であった。結構最近まで作られていたもののようだ。

ちなみに青いガラス以外にも、透明なものや銀色の塗料でコーティングされたものなど、かつては様々な製品があったらしい。しかしこんな可愛らしくて綺麗なガラスを火中に投げ込むのはちょっと勿体ない気がする。火事の時にそんなことは言ってられないだろうけど…。
[PR]
by isohaetori | 2010-11-02 15:58 | 昆虫以外の趣味 | Comments(3)
Commented by しゅんぴー at 2010-11-02 19:57 x
めちゃめちゃ素敵なびんでないですか!伯母様もよいものを見つけて下さいましたね!

手のひらサイズですかー、消火能力は弱そうですね。

今回も勉強させて頂きました。




Commented by 尚 nao. at 2010-11-03 00:09 x
へぇ!おもしろい壜ですね〜!
この手のものは戦時中の陶器製のものなら知っていますが
(中に砂が入っていて、焼夷弾が落ちた時に使うらしい?)
硝子壜のものは初見ですね〜。
確かに割ってしまうのはもったいない美しさですね☆
Commented by いそはえとり at 2010-11-03 01:14 x
しゅんぴーさま
そうなんです。果たしてこいつにどれだけ消火の能力があるかは疑問ですね…。
バケツで水をぶっかけたほうが早いかも(笑)

尚 nao.さま
へえ~、陶器製の消火弾もあったんですね! 陶製のは手榴弾ばかりかと思ってました。
古い建物にはまだ残っているかもしれないので、怪しい木箱を見かけたらチェックしてみてください。