昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

イズイソチビゴミムシ

今日は遠征。川島さんと某所へ素敵な飴色の虫を掘りに行ってきた。海ものをやっている者なら一度は見てみたい(はずの)、礫浜にのみ生息するという変わったチビゴミである。

実を言うと、私がこの虫に挑戦するのはこれが3度目か4度目で、もうこのままでは海もの虫屋の名が廃るっ! という意気込みでのリベンジなのであった。


石をゴロゴロと無心に転がし続けること約1時間…。
で、出たー! ワイの求めていたモンはコレやっ! (現場写真がないので帰宅後に撮影)
f0205097_064528.jpg

イズイソチビゴミムシThalassoduvalius masidai pacificus S.Ueno
第一印象は、「でかい!」。しかも体つきが意外にしっかりしていて驚いた。もっとチビゴミらしい、フニャラカした虫を想像していたのだが…。
それにしても変なところにいる虫である。採れたのはもちろん嬉しかったのだけど、生息環境が環境だけに副産物がほとんどない! 強いて言えばわずかなハネカクシ、ド普通種のアリヅカが一種、あとは無数のハサミムシやジムカデといったところ。もう、このチビゴミ以外採れません、という採集であった。ちなみに私は2匹ゲット。生息環境は掴めたし、数は必要ないのでこれで十分満足である。

今日はまず見つけることに必死だったのでかなわなかったが、次回は生態写真でも撮りたいものだ。
[PR]
by isohaetori | 2010-12-06 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(6)
Commented by IK at 2010-12-07 01:20 x
 蜻蛉(やご)やのくせに(しかもこれが2度目の挑戦・・。)5匹は空前絶後??(絶後はないかも知れませんが・・)。
 「あの」単調な環境の中で、”飴色”が走るのが見えた瞬間は、やはり素直に嬉しかったな。
Commented at 2010-12-07 01:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by isohaetori at 2010-12-07 09:21
IKさま
昨日はお疲れ様でした。確かに蜻蛉屋さんのやる採集ではないですね(笑)。
ひとまず図版に使う個体は確保できたので一安心です。あとは他の種も含めた整脚と撮影ですが、いま色々と試行錯誤中ですので、しばらくかかりそうです。
この企画は地道に進めていきましょう…。

秘密コメントの主さま
ご指摘ありがとうございます! その通りですね。
Commented by チビゴミはなぜに・・・ at 2010-12-08 10:50 x
チビゴミはなぜにこんなに人気があるのでしょうか?小さくてある意味地味なのですが。玉虫なんかのほうがずっと派手派手ですが。海外でも状況は同じようです。
1.採集が難しく珍品が多い。
2.ビノキュラで見ると形態がほかの虫より変化に富む。
3.地下に棲む虫は人気がある。確かにチビゴミ以外でも目のないヒョウタンゴミムシ(ヨーロッパで見つかっています)、オオズナガゴミムシ、一部のハネカクシ、チビシデなどいずれも地下に棲んでいるものは注目を集めますね。
地下に棲んでいる→採集が難しい→珍品且つ異形という図式になるのでしょうか。
Commented by Harpalini at 2010-12-08 10:51 x
またやってしまいました。上のコメントはHarpaliniです
Commented by いそはえとり at 2010-12-08 20:50 x
Harpaliniさま
チビゴミは人気がありますよね。
異形で珍品というのはまさにその通りだと思います。洞窟で見つかるようなのには凄い形態のがいますし…。
やはり進化の極限とも言うべき奇抜な姿や生活様式が虫屋の興味をそそるんでしょうかね。