昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

干潟で拾ったびん

昨日の採集の折、海岸で拾ったびんたち。

ほんのりピンク色のクリームびん。ころんとした形と色が良いので持ち帰ってきた。エンボスは特になし。
f0205097_17165486.jpg

なんの変哲もない水薬のびんも、つい拾ってしまう。
f0205097_17172427.jpg

左は戦後に販売されていた新大学目薬。右の壊れたのはそれより少し古いタイプの大学目薬。こんな欠片まで拾ってどうしようというのか。
f0205097_17181550.jpg

妻が見つけた、みかん水の首の部分。こんな欠片まで拾って(以下略)
f0205097_1719453.jpg

角ばった茶色い薬びん。高さ67ミリ。もしかして神薬!?と思い駆け寄ったがエンボスはなかった。(これだけ写真を撮り忘れたので後で追加)
f0205097_1720982.jpg

丸善のインクびんは妻が紹介したのでここでは割愛する。
ここまでが海岸で拾ったもの。

しかし、昨日はこれだけでは終わらなかった! 帰り道に貝殻や瀬戸物を捨ててある塚があり、その表面に露出していたものは…
f0205097_17211975.jpg

『めぐすり 金華水』という銘のある目薬びん! ひえ~!
裏には『藤本薬館』とある。高さは59ミリほど。
f0205097_1721493.jpg

びん口の始末の仕方からみて、かなり古いものと思われる。おそらく明治~大正時代くらいの製品ではないだろうか。とすると100年くらい前のもの? 嗚呼あなた、そんなに長い間私を待っていてくれたのね(誰だよこれ)。
ともあれ、帰る直前にこの日最大のヒットが出て、にこにこしながら帰路へつくことができたのでありました。今回は時間切れだったけど、あの塚はもう一度探らねばなるまい…。
[PR]
by isohaetori | 2011-01-13 17:28 | ビーチコーミング | Comments(7)
Commented by bleugreen-evita at 2011-01-13 19:51
ピンクのクリーム瓶はクラブの奴っぽいですね
よく紹介されている物だと思います
私も持っていますので今度UPしますので比べてみてください
目薬瓶は良いですね~
今後に期待大ですね!
Commented by いそはえとり at 2011-01-13 22:51 x
evitaさま
あの花の形をした蓋が付いているやつですかね。ガラスびん展の図録に載っていました。せっかくだから蓋も欲しい…のですが、プラスチックのはなかなか残っていないでしょうね。
写真楽しみにしてます!
Commented by bleugreen-evita at 2011-01-14 09:10
忘れないうちにUPしておきました
これの蓋は劣化しにくい素材を使っているようですので蓋付で見つかる確率が高いと思いますよ
Commented by 尚 nao. at 2011-01-14 21:35 x
う〜ん、金華水!
また何とも素敵な壜を拾われましたね〜。
この手は戦前は間違いないですね。
小さい会社だと、割と簡素な壜を使うこともあったようなので
昭和なのかそれ以前なのかはわかりませんが。
ピンクのクリーム瓶はやはりクラブのでしょうね。
実はまったく同じのが今でも売っているそうなので
時代がなかなか読めないものでもあります。

それにしても貝殻や瀬戸物が捨ててある塚とか
うちの近所にも残ってないかな〜(笑)
Commented by いそはえとり at 2011-01-14 23:31 x
evitaさま
早速のご紹介ありがとうございました! クラブのサイトも見ました。今もまったく変わらないデザインで売られているとは…。
細かい部分も見てみたいので、妻に買ってもらおうかしらん(笑)

尚 nao.さま
あちこち調べたのですが、金華水については時代を特定できるような資料が見つかりません。ただ、最近妻の元職場で古い新聞が検索できるようになったらしいので、今度調査してきます。

三浦はかなり古いハケが残っていると聞きます。ぜひ良いびん塚を見つけてください! 日記にアップされるのを楽しみにしてます^^
Commented by canis-majoris at 2011-01-15 21:12
 はじめまして、北海道でビーチコーミングをしているユキと申します。

 先ほど、“イトイラズ”で検索したら、つぶやきがあって、コチラのブログにたどり着きました!
 私もかなり前に、イトイラズの壜を拾って、ず~っと何の壜なのかな?と思っていたのですが、接着剤の壜だったのですね!!拾ったときは、中に肌色のゴム状のモノがべったりと貼りついていて、ピンセットを使ってなんとか引っ張り出したのを思い出しました。

 蓋付きですか・・・ぜひ画像を見てみたいです。いつかブログで紹介していただけたら嬉しいです;

 長々と失礼いたしました。
Commented by いそはえとり at 2011-01-15 22:42 x
ユキさま
はじめまして!
いや~びっくりしました。偶然にも今日イトイラズの記事を書き終えたので、アップしようとしていたところだったんです。
私もあのびんについて調べ、検索もしましたので、ユキさんのブログはもちろん存じ上げております。拾われたのは水色のタイプですよね。

それにしても、あまりにも良いタイミングだったので思わず動揺…(笑) イトイラズの正体については、本日アップする記事をご覧ください~!