昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

イラガセイボウのお尻

そろそろイラガセイボウの羽化ラッシュも終息したもよう。飼育箱の中には、ギザギザの脱出孔が開いた繭だけが残されている。

今年はかなりの数の繭を確保していたこともあり、脱出の際の穴開け作業を早い段階から眺める機会にも恵まれた。あの硬い繭に穴を穿つのは大変そう…と当初は思っていたのだが、存外短時間のうちに穴を開け終わってしまう。
この写真は、穴を開け始めて数十分経過したところ。
f0205097_20194590.jpg


ところで、セイボウ類は腹端の形状が同定のキーになる(イラガセイボウなどはそれを見るまでもないのだが)。今日は休みだったので、久々にカメラを出し、マウントしたイラガセイボウのお尻を撮ってみた。
f0205097_2020178.jpg


美尻である(笑)。

「イラガイツツバセイボウ」の別名通り、本種には5つの歯状突起が見られる。その他のセイボウのお尻写真は、またいずれ…。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-22 20:22 | 飼育 | Comments(2)
Commented by べんてん at 2011-06-26 02:05 x
こんにちは。こちらにははじめまして、です。セイボウはどれも美しいですね。
イラガセイボウは鹿児島では以前は大学内でも発生していたようなのですが、最近寄主のイラガが激減しているようで、ほぼすべてがアオかヒロヘリです。それに伴いイラガセイボウも見る機会が少なくなっているようです。イラガセイボウは南方系の北進昆虫として有名ですが、さすがに寄主が居なくなってしまってはどうしようもないようですね。不思議です。
Commented by いそはえとり at 2011-06-27 21:22 x
べんてんさま
コメントありがとうございます!
イラガはそちらでも減っているのですか。関東でもどんどんヒロヘリに置き換わっている印象です。イラガはもはや田舎へ行かないとお目にかかれない虫になりつつあります。

イラガセイボウはもともといなかった虫ではありますが、ここまで減ってしまうと寂しさも感じます。