昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

今日のハナダカバチさん

今日は久々の海。毎年恒例の砂蜂観察をすべく、川島さんと千葉県某所へ行ってきた。

ポイントは砂浜の一角にあるごく狭い裸地で、どういうわけかこのエリアに限ってニッポンハナダカバチが営巣している。何キロにもわたって砂浜が続いている中で、こんな狭い場所にのみ執着し続けているのは不思議である。面積としてはテニスコート二面分あるかどうかといったところ。正確にカウントしたわけではないが、おそらく100頭以下の小さな個体群と思われる。

営巣活動はまだピークに達していないようで、散漫に試し掘りを繰り返すメスや、メスにしつこくアタックを繰り返すオスの姿が多く見られた。これは坑道を掘るメス。
f0205097_23455334.jpg


作業が進んで給餌を始めている個体を見ていると、その獲物はミズアブが多いようだった。大きな獲物を抱えてもなお軽快に飛ぶ姿は、いつ見ても感心してしまう。


一方、オスは地表を電光の如く飛び回り、メスへのアタックや他のオス個体への攻撃を繰り返している。日中は片時も休まず飛び回っているので、とても私のカメラでは捉えきれない。メスよりも淡い色で、とても美しい姿のハチなのだが…。
しかし、夕刻になるとさすがにそのテンションも落ちて来て、地表で身づくろいなどをするようになる。
f0205097_23461154.jpg


ところで、巣穴の周辺には必ずといってよいほど寄生バエの姿が見られる。メスが巣穴を少し留守にしたり、坑道の奥に引っ込んだりして姿が見えないと、この空き巣の虫は大胆に侵入を繰り返す。おそらく坑道内部に自身の仔をばら撒いてくるのであろう。よく見ると、この寄生バエにも数種類いるようだ。当然、私に種名など分かるはずもないが…。
f0205097_23462895.jpg

今日出会ったその他の虫については、後日紹介する予定。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-28 23:55 | 昆虫採集・観察(海)