昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

オオウスバカゲロウ(2)

飼育中のオオウスバカゲロウHeoclisis japonicaの幼虫を掘り出してみた。体長は17ミリ程度。でかい! 既に終齢だが、もう少し大きくなりそうな印象である。
f0205097_2029358.jpg

飼ってみて驚いたのは、何と言ってもその素早さ、獰猛さである。獲物の気配を感じると、電光石火の素早さで砂中に引き込む。時には地表に飛び出してきて、歩いている獲物に突進して捕えることすらある。猛烈な勢いで前方にダッシュするアリジゴクなんて初めて見た。造巣性の種では考えられないことだ。
松良(2000)は、着地した瞬間のトンボをこのアリジゴクが捕え、砂中に引きずり込む場面に遭遇したことがあると述べている。また、常木(1948)は、ハナダカバチやツチバチが襲われる様を活写している。その数こそ多くないものの、砂浜ではかなり強力な捕食者として君臨している虫のようだ。
ちなみに、彼らは成虫になってからも肉食性である。その優しげな顔つきとは裏腹に、夜の海岸でガなどを捕食しているのが見られるという。
[PR]
by isohaetori | 2011-08-17 20:28 | 飼育 | Comments(2)
Commented by シゲル at 2011-08-19 22:59 x
かっこいいですね!
あの姿で前進、捕食ですか~!見てみたい!
羽化は来年ですかね?
楽しみです。
Commented by isohaetori at 2011-08-22 07:30
シゲルさま
うーん、今の時点で半端なサイズの幼虫ということは、羽化は来年ですかねー。
気長に付き合う必要がありそうです。