昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

アカガネエグリタマムシ

標本箱から。アカガネエグリタマムシ奄美大島亜種Endelus pyrrosiae aokii
f0205097_2159471.jpg

これは2002年の夏、奄美大島へ行った時に採集した。いわゆる虫屋らしい採集旅行というやつに、初めて出かけた時である。
鬱蒼とした林の中、コケや着生植物にびっしりと覆われた大木を見つけ、何か怪しい虫でも採れはしないかと「樹幹スイーピング」を繰り返した時に網に入ったものと記憶している。本種がつくのはヒトツバという着生シダで、これは岩や樹の幹などに生えている。その時たまたま私の網がホストの葉ごと掬い取ったのだろう。
もっとも、当時は昆虫採集を始めたばかりだったので(虫屋歴約2年)、このヒトツバにつくタマムシの存在など知る由もなく、怪しげな微環境から採れた怪しげなタマムシということで、これは新種かもしれない! なんて色めきたったものである。気をよくして樹の幹を網で撫でまくり、計2個体を得た。
どきどきしながら研究室に戻ったものの、図鑑を開くとあっけなく名前が分かってしまった。しかし、やはりカッコいいタマムシであることに変わりはない。初めての奄美大島で見つけたこの時の二匹は、今でも思い出深い存在である。


私は特にタマムシばかり集めているわけではないが、まあ嫌いではないので、これから手元にある種を時々紹介していきたい。
[PR]
by isohaetori | 2011-12-13 22:02 | 標本