昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

イワハマムシ

亀澤さんより,撮影用の標本(とある短報ネタの某虫)が届いた.迅速なご対応に感謝.こちらも大急ぎで撮影した.

お送りいただいた中には,北海道産のクロコブセスジダルマガムシも含まれていた.事前に伺っていた通り,関東地方で採れる個体と比べて明らかに体が大きく,思わず唸る.飛べない虫なので地域変異があるのだろうが,こうして見た目にも明らかな違いがあるのは面白い.北から南まで各地のサンプルを集め,DNAをみたら面白そうだ.誰かやりませんか.それとも,もう誰かが手をつけているのだろうか.

ばっちり展脚されたイワハマムシAegialites stejnegeriも頂いた.図鑑っぽく撮ってみた.
f0205097_221738100.jpg

本種もやはり飛べない甲虫で,北海道と東北地方(一部)の海岸岩礁にのみ生息する.北海道の海岸に行って,こいつの幼虫を見つけることが私のささやかな夢である.マニアックな夢だな.ともあれ,サルピンの幼虫は未見なので,ぜひ押さえておきたい.
この虫も調べたら面白そうと思っていたら,すでに研究されているかたがいた.

イワハマムシの集団構造と地理分化

研究結果によれば,道内のイワハマムシは,大きく分けて二つの系統に分かれているらしい.また,当地では巻貝のクロタマキビも二系統に分かれていて,この虫と同様の地理的分布を示すとのことで興味深い.北海道の地史について物語る,生きた証拠と言えるかもしれない.
[PR]
by isohaetori | 2012-02-02 22:30 | 標本