昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

波崎で拾いもの

びん博士こと庄司先生ご夫妻をお迎えし、今日は波崎へビーチコーミングに行ってきた。妻も同行したので、今日は計4名での行動。傍目には、怪しげな行動の目立つ家族連れとでも映ったであろう。
それでは、本日はテキスト少なめでお送りします。

海岸へ行く前に、鹿島神宮へ寄り道。
f0205097_21212552.jpg

思っていたよりもずっと立派で、ちゃんと林も残っている神社であった。
しかし神宮っぽい風景を全然撮っていなかったことに帰ってから気がついた。他に撮ったものといえば…
f0205097_212140100.jpg

絶賛稼働中の焼却炉くらい。だって錆び加減がカッコよかったから。
ここでは妻がスギカミキリの新鮮な死体を拾ってくれたので、それをマイお土産にした。良い感じの伐採木が多数あり、初夏の頃にきたら面白そうである。


その後波崎海岸へ移動し、まずは砂浜で昼食を摂る。
今日も風車が回っているが、私はこの巨大な装置があまり好きではない(ここでは敢えて理由を書かないが、生き物屋なら分かってくれると思う)。
f0205097_21215466.jpg


少し移動し、より漂着物の多い海岸へ。
現場に着き、車を降りてから僅か10秒。びん博士が拾いあげたものはこれ!
f0205097_2122756.jpg

「和田牛乳店」というエンボスのある、戦前の牛乳びん。な、なんで~!? なんという引きの強さ。なんだか手品でも見せられたような気分である。これがびん博士の実力ってやつか…。もしくは、さっきお参りした鹿島神宮のご利益か。

いきなりラッキーな拾いものに恵まれたのち、めいめいが気ままに浜を歩く。私は吸虫管を片手に写真を撮って回った。
円錐型の栄養ドリンクびん。
f0205097_21222213.jpg

蓋には笑顔のしいたけが。しいたけエキスが入っていたらしい。「森産業株式会社」は、今も存続しているきのこ関係の会社であった。
f0205097_21223538.jpg

酢のびん。
f0205097_21224822.jpg

電球。なんだか昔もこんな写真を撮ってアップしたような気が…。
f0205097_21231095.jpg

ガスボンベ。
f0205097_21232830.jpg

ある種のイカの卵を彷彿とさせる浮きの群れ。それぞれがひと抱えほどもある大きさ。
f0205097_21234618.jpg

こちらはカエル(浮き)の群れ。
f0205097_2124350.jpg

「TAIYO VALVE」とある、謎の装置。重量感のある木製でかっこいい。
f0205097_21241930.jpg

びん博士は貝殻を拾っておられた模様。最後にかっこいいイルカの椎骨をゲットされていたのは、流石。
f0205097_2125475.jpg

ちなみに私が唯一持ち帰ったのはこの魚である。可愛い。
f0205097_21251735.jpg

歩いているだけで幸せになれるような、うららかな春の海であった。
f0205097_21253050.jpg

みなさま、お疲れさまでした。
[PR]
by isohaetori | 2012-04-13 21:29 | ビーチコーミング