昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

クロバネツリアブの砂取り

昨日訪れた公園の敷地内では、クロバネツリアブLigyra tantalusをたくさん見ることができた。地表付近をふわふわと音もなく漂う、不思議な存在感のアブである。

しばらく眺めていると、時々地面に降りては、お尻を砂地につけ、前方ににじり歩くような動作をする。いわゆるツリアブ類の「尾端接触」で、尾端から砂を取りこんでいるところと思われる。ツリアブ科には、卵をそのまま産むのではなく、砂粒でコーティングしてからばらまくものがおり、このクロバネツリアブもおそらくそうなのだろうと思う。
クロバネツリアブ

この個体を採集して帰り、ピンセットで腹端を探ってみると、確かに砂粒がぽろぽろとこぼれてきた。クロバネツリアブがこうして砂取りをしているというのは事実のようだ。ただ、腹の中の砂室がどんな構造をしているのか、解剖まではしていないので未確認。それより、こいつがどんなところにどうやって産卵するのか、ホストのハチは何なのか、そういった方に興味がある。内陸の荒れ地から砂浜まで、結構色々な環境で出会うので、おそらく寄主の範囲は広いだろう。ジガバチやツチスガリ類、比較的大型のアナバチ類が怪しいと思っているのだが、これはただの勘であって、確証はまったくない。

こちらはコウヤツリアブ。
コウヤツリアブ

本種はドロバチ類をはじめとして、さまざまな狩蜂に寄生することがわかっている。私が座右の書にしている岩田先生の本には、ホストの巣への侵入経路、羽化の方法に至るまで、このアブの生態についてこと細かに書かれていた。竹筒トラップでも掛けておけば、その生活の一端でも垣間見られそうだが、いまだ果たせずにいる。
[PR]
by isohaetori | 2012-08-16 19:25 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)
Commented by 鎮・寛・仁 at 2012-08-24 12:29 x
かつてスキバツリアブで同様の仕草を観察しました。ビノの下で解剖も行いましたが卵サイズもわからぬまま、たんに空室の存在と微小な砂粒がたくさん保持されているのを確認しただけでした。それ以後同じような行動は何度も観ますが、解剖はもうやっていません。おっしゃるように生態環に関心を持ちますよね。
Commented by いそはえとり at 2012-08-24 22:13 x
鎮・寛・仁さま
卵サイズは非常に小さいもののようですね。数撃ちゃ当たる式の戦略なので多産になる必要があるのでしょう。本当の産卵は、空中でお尻をひょいひょいと前後に振って行うと思われますが、まだ実見していません。
詳しい生態は謎めいていますが、いずれ核心に迫るような観察をしてみたいものですね。