昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

ヒラタヒメバチの一種

昨年の冬から、とある虫の生活環を調べている。定量的な調査が難しいので、目視採集による大雑把なものだが、まあ年に何化するかくらいは分かるだろう。今日はその定例の調査をしてきたが、今のところ結果は予想通り。
分かってはいるけど、夏の海はやっぱりしんどい。最近は仕事の疲れが抜けていなかったのだが、今日調査しなかったら8月のデータが抜けてしまうので、やらざるを得なかった。しかし行っただけのことはあり、一応は満足。秋までやったら一年間続けたことになるので、もう少し頑張ろう。

夕方はいつもの干潟で暗くなるまで網を振り、目的の虫はなんとか採れた(先のとは別件)。これも短報になればいいなと思いつつ、現在調査中。


その干潟でひと休みしているとき、寄生蜂が何やらやっているのを見つけた。 ヨシの茎に産卵管を突き立てている、体長1センチ弱のヒメバチ。

hiratahime

風がびゅうびゅう吹いていてうまく撮れなかったので、これは少しトリミングした写真。
この行動からして、茎の中にいる鱗翅類の幼虫に寄生するのであろう。たぶんヒラタヒメバチの仲間だろうと思うのだが、浅学ゆえ種名までは落とせない。持ち帰って検鏡してみて気付いたのだが、このハチの付節末端は変な形をしている。大きく発達した吸盤のような構造物を持っているのだ。改めて写真を見てみると、なるほど、つるつるの茎にもしっかり貼り付いて踏ん張れるようになっているのが分かる。こういう虫の細かい造形は、見れば見るほど感心させられる。


Endromopoda属と教えていただきました。ヨシなどの茎の中の寄主に適応しているとのことです。大阪自然史博の松本吏樹郎さま、ありがとうございました。
[PR]
by isohaetori | 2012-08-29 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)