昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

ハムシドロバチの獲物

今日は休み。最近は仕事が忙しくなってきて、いくら寝ても寝足りない感じ。しかし休みにずっと寝ていると逆に疲れてしまうので、あまり寝てもいられない。適当な時間で無理やり起きて作業をしていた。

ここ数日で、飼っていた虫が相次いで死んでしまった。以前JK君に送ってもらったクロカタゾウムシは、先週中ごろに「ニーニョ」(♂)が、一昨日に「ニーニャ」(♀)が、相次いで亡くなった。悲しい。
うちに来たのが2011年の10月だから、一年半以上は生きたことになるが、さすがに寿命だったのだろうか。可愛いし飼育は楽だし長生きだし、おかげでずっと楽しませてもらった。ありがとう。
また、以前職場で捕まえた外来ヤスデのヤンバルトサカヤスデも死んでしまった。なむなむ。というわけで、今飼っているのはクワコ幼虫の「ひかり」と「こだま」のみとなった。


先日の野外で撮った写真をアップ。ハムシドロバチの一種が、ノミゾウの幼虫を運んでいた。この個体はお尻の方を咥えているが、首根っこをの方を保持してくるやつも多くいるので、運ぶ時の幼虫の向きには特にこだわらないらしい。

IMG_9746

ぎゅうぎゅう押し込む。

IMG_9779

ぎゅうぎゅう。

IMG_9782

毎年似たような写真ばっかり出しているが、個人的に好きな虫なので大目に見てやってください。
[PR]
by isohaetori | 2013-04-30 23:41 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(5)
Commented by 鎮・寛・仁 at 2013-05-07 15:03 x
以前に同じ内容のエントリーでもお聞きしたかもしれませんが、ノミゾウ幼虫は同じハムシ上科ながらもリーフマイナーだったり、チョッキリ幼虫のようなボーラー生活者だと考えています。また、ヤナギルリハムシ幼虫などのように葉上での集合性はありませんから貯食用狩猟の効率から考えてもどうかなと。ドロバチ類の狩りについてはまったく知らないので、葉や軸を齧りノミゾウ幼虫を暴くことがあるのかどうかをご存知でしたら後学のためにご教示ください。
Commented by いそはえとり at 2013-05-08 22:44 x
鎮・寛・仁さま
写真のハチはサイジョウハムシドロバチだと思うのですが、Yamane(1990)のA revision of the Japanese Eumenidaeには、サイジョウハムシドロバチはガロアノミゾウムシとムネスジノミゾウムシの幼虫を狩ると書かれています。
また、私は本種の狩りの瞬間はまだ目撃していませんが、この周辺の林で多いのはコナラのカシワノミゾウとケヤキのアカアシノミゾウで、それらを狩っているらしいという感触は得ています(食痕のある葉っぱをたくさん持ち帰って羽化してくる虫を調べたり、ハチが狩ってきた幼虫と潜葉虫を比べてみたりしました)。これらのノミゾウの食痕はものすごく多いので、普段の餌資源としては十分な量がありそうです。
参照→http://isohaetori.exblog.jp/15960316/

ハムシドロバチの仲間は、ルリハムシ類のように裸で暮らしているハムシ幼虫を狩るものが多く、葉を暴いてリーフマイナーを狩る種はむしろ少数派です。しかし、例えばオオフタオビドロバチなどは器用に葉巻き虫を追い出しますし、ドロバチの中においては、そうした「葉を暴く」狩りの行動はそれほど珍しいものではないのかもしれません。
Commented by 茅葺屋 at 2013-05-10 10:46 x
はじめまして。茅葺き屋根の葺き替え専門の職人をしておりますものです。ハムシドロバチの素敵な写真をtweetさせて頂きました。私達の仕事をしているすぐ傍にあたりまえに見かけるのですが、小さく動きの速いハチにピントを合わせて、他人にご紹介できるような写真は、我々素人にはなかなか撮れずに困っていたので、大変ありがたいです。もし問題があるようでしたらお知らせ願います。
Commented by シゲル at 2013-05-17 23:08 x
ディープなコメント&やりとりに、、、、もはや何も言えないです、、。
かぶとむし、とか、クワガタとかって『入り口』に過ぎないのですね。
Commented by いそはえとり at 2013-05-21 00:18 x
茅葺屋さま
はじめまして。
茅葺の技術を継承されているとのこと、素晴らしいですね! 職人さんが減っている今、たいへん頼もしいです。ハチも喜ぶでしょう(笑)。
ツイートの件、まったく問題ありません。むしろご紹介いただき、大変ありがたいです。

シゲルさま
カブトやクワガタにも面白い部分はたくさん残っていますけど、それらに比べて注目度の低い、小さな虫たちにこそ、もっと光が当たればいいなと思っています。それがこういう身近な虫ならば尚更ですよね。