昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

ウスタビガの繭

今日は所用があって横浜へと出かけたが、少し早く着きすぎてしまった。ただ車でぼんやり待つのも面白くないので、近くの公園を小一時間ほどぶらついてみた。池は凍り、地面には霜柱が立ち、この暖冬にも漸く本来の寒さがやってきたようである。公園にはそこそこの規模で雑木林が残されており、短時間ではあったが、数か月ぶりの野外散策を楽しむことができた。
植栽のサツキの枝でウスタビガの繭を見つけた。なぜか足元近くと言ってよいほど、ごく低い位置に作られている。

f0205097_22172912.jpg


この繭については過去に一度紹介したことがある。色が美しく造形も魅力的なので、野外で見かけるとつい拾ってきてしまう逸品だ。

さて、本来ウスタビガは秋に羽化してしまうので、この時期に見かける繭は空のはずである。しかしこの繭はずっしりと重かった。繭の上部を開けて覗いてみると、中には蛹がちゃんと残っている。どうも怪しい。アメバチにでもやられているのかもしれない。気になるので持ち帰ってきた。これから何が出てくるか、しばらく様子をみてみようと思う。
[PR]
by isohaetori | 2016-01-13 22:40 | 昆虫採集・観察(陸)