昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

カテゴリ:飼育( 25 )

オサダマ産卵

昆研の浅野さんから文献や標本の詰まった荷物が届いた。JK君採集の海岸性ゾウムシ類もあり、感謝感謝。これからは調べものが楽しくなりそうだ。荷物にはなぜか「伴」と書かれたスパイダーマンのフィギュアが入っていて、これには首をかしげる(笑)。なぜ伴君?


奈良からやってきた2匹のヤマトオサムシダマシは今日も元気。にんじんはお気に召したらしく、夜見に行くと一心不乱にかじっている。すでにプラケースの底には象牙色の粒がいくつか見え、どうやら産卵しているようだ。どちらが産んだのかが気になるが、少なくとも私には雌雄の見分けがつかない。両方ともメスということもあり得る。そこで仮に「オサ子」と「ダマ子」という名前をつけることにした。上翅の一部がへこんでいる方がオサ子で、普通のがダマ子。…あれ、逆だっけ? まあどっちだっていいか。
[PR]
by isohaetori | 2009-07-23 23:36 | 飼育

ヤマトオサムシダマシ

大学時代の同期生、古山君から色々と“献虫”して頂いた。ハラグロオオテントウ、アオマダラタマムシ、マグソクワガタなどなど。良き虫ばかりありがとう。

特に嬉しかったのはヤマトオサムシダマシBlaps japonensisで、しかも生きた状態で送られてきた。古山君によると廃屋の納屋にうじゃうじゃいたという。う、羨ましい…。私も見たかった! 
f0205097_2214472.jpg


こいつは大陸からの史前帰化種として扱われることが多く、古い納屋や建物の縁の下などの特殊な環境からしか見つからないことが、それを裏付けているように思う(だいたいこの属が日本にいるという時点で怪しい気がする)。結構簡単に飼育できるらしいので、我が家でもしばらく飼ってみることにした。繁殖も容易とのことだが、あまり殖えてしまっても困る。適当に可愛がっておこう。
[PR]
by isohaetori | 2009-07-16 22:03 | 飼育

青いダンゴムシ

f0205097_2334891.jpgちょっとびっくりするようなダンゴムシに出会った。オカダンゴムシと言えば灰色のBB弾みたいな連中ばかりだが、こいつだけは異彩を放っていた。

「あ、…青い!」

写真だと普通のやつと大差ないように見えるかもしれないが、実物は綺麗な青みがかっているのだ。これはかなり衝撃的であった。
生き物を飼う趣味はあまりないのに、このダンゴムシだけは迷わずお持ち帰りしてしまった。今は我が家の小さなケースの中で大切に飼われている。削り節をあげたら結構食べていた。可愛い。

名前はまだない。
[PR]
by isohaetori | 2009-06-30 23:34 | 飼育

イラガ

f0205097_22232260.jpgイラガの繭からイラガが出てきた! …当たり前か。

この繭にはもともとイラガセイボウの産卵痕がなく、一応確保しておいたというだけなので、これは予想通りの結果。それでも本家のイラガを見たのはずいぶん久しぶりのような気がするので、これはこれで嬉しかったりする。
一方セイボウ入り(の予定)の繭はあと一つあって、脱出を心待ちにしているのだが、一向に出てくる気配がない。このまま「不発」に終わるんじゃないかという気もしてくる。まだかなあ。
[PR]
by isohaetori | 2009-06-29 22:25 | 飼育

イラガセイボウ

昨年末に採集しておいたイラガの繭から、イラガセイボウPraestochrysis shanghaiensisが羽化した。…というか、していた。私は仕事に出ていて気がつかなかったのだが、標本箪笥の上に放り出しておいた繭からいつの間にか脱出し、部屋の中をぶんぶん飛び回っていたらしい。幸い妻が捕獲してくれたおかげで事なきを得たものの、窓が開いていたらサヨナラするところだった。繭はちゃんとケースにしまっておきましょう。
f0205097_22354367.jpg

うーん、美しい。
[PR]
by isohaetori | 2009-05-31 22:37 | 飼育