昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

カテゴリ:昆虫以外の趣味( 95 )

西荻にて

最近、暇さえあればびんのことばかり考えていることに気がついた。近所でハケ(昔のゴミ捨て場。古いびんがよく出てくる)がありそうな場所とか、効率よくびんを探せる川のこととか。一昨年あたりからすっかりびん狂いになってしまったようだ。現在の私の脳内に占める思考の割合を示したのが以下の図である。仕事のことについてはほとんど考えていない点に注意。
f0205097_07317.jpg


冗談はさておき、今日は妻と西荻窪界隈の骨董屋を巡り、レトロなガラスびんを探してきた。結論から言えばその手のびんはいくらでもあって、金さえ出せば(嫌な表現だ)相当量集めることができそうだったのだが、やはりそこは財布と相談の上で選ぶことになった。「ガラスびん 買わずに拾え できるだけ」というのが我が家のスローガンである。それに私は目薬びんに的を絞ったところでもあるし…。素敵なニッキ水のびんが沢山あったんだけどね~。
以下、今日の収穫品。
f0205097_072742.jpg

へうたん型のニッキ水、『清涼丹』と書かれた富山の丸薬びん、緑色が怪しい鼻薬、気泡だらけで歪みまくった透明の可愛い薬びんなど。いずれも数百円だった。ガラクタ扱いやね。
清涼丹のびんには「第一製薬株式会社」とあって、帰宅後に調べたらこの会社は今も富山県で存続していることが分かった。この会社は昭和16年創業だそうなので、これはそれ以降の製品ということになる。

目薬びんはこの2本を入手した。透明な方は何の銘もなく、ただ吹きガラスのスポイトにゴムの栓をつけただけという代物。おかげで素性は調べようがない。どなたか詳細をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください! 
f0205097_0101590.jpg


最後に、これは収集の範囲外であるが、あまりにも秀逸なデザインなので入手してしまった『直治散』の薬袋。ひどいしかめっ面の女の子が笑える。このタグチヤクスリヤについては調べがつかなかったが、静岡県の笠井町にあったものか?
f0205097_0105019.jpg


もう一枚、奈良県御所町にあったらしい「本家きんぎょや薬房」の袋。昭和~。
f0205097_011114.jpg


いや~なにやってんだろ私。しかし収集欲に火がついた虫屋の本気は怖いぜ! 目薬びんを求める旅はまだまだ続くのだ。
[PR]
by isohaetori | 2010-03-02 23:55 | 昆虫以外の趣味 | Comments(1)

地震が怖い

去年から本格的に集め始めたガラスびんを勢ぞろいさせてみた。

f0205097_2302146.jpg


九割くらいは海で拾ってきたもので、そのうちの五割くらいは大正~昭和中期の薬びん。その他にはインクびん、酒や清涼飲料のびん、番外として漁に使うガラス浮きなどがあり、いずれも古いものである。かなり取捨選択をして持ち帰っているつもりだが、一年そこそこでこんなに増えるとは思わなかった。先が思いやられる。
[PR]
by isohaetori | 2010-01-18 23:07 | 昆虫以外の趣味 | Comments(0)

がらくたと言うなかれ

世田谷のボロ市に行ってきた。探したのは主にレトロなガラスびん。とはいっても、なんでもかんでも集めているわけではない。私が好きなのは昭和中期以前の薬びんで、最近は特に目薬瓶に興味を持って探し回っている。まずは昭和レトロな雑貨を扱う店で大量の両口式を発見。
f0205097_23311952.jpg


デッドストックの未使用品で、先端のキャップもお尻のピストン部分もちゃんと付属していた。これは帰宅後に撮影したもの(↓)。
f0205097_23313545.jpg


その後、別のお店でやや角ばったデザインのものも一個発見。しかしこちらはお尻のピストン部分が破損していた。いかにもな二束三文プライスだったので買ってしまったが。
f0205097_23315752.jpg


せっかくなので、それらと今までに拾ったものをこうして並べてみた。①と②が今日買ったもの。③から⑥まではすべて海岸で拾ったものである。偶然にも今日買った②は、拾いものの③とまったく同じ形の色違い品だった。結構メジャーな商品だったのかも。目薬びんは他にも素敵な青いやつをゲットしたことがあり、以来最も心奪われつつあるコレクション対象だ。これからぽつぽつと集めていきたいと思っている。

その他の戦利品については妻がまとめて書いたので、そちらを参照してください。
[PR]
by isohaetori | 2010-01-16 23:38 | 昆虫以外の趣味 | Comments(2)

行くべきか行かざるべきか

f0205097_0115949.jpg来年のお正月に行われるイベント、トミカ博 in Yokohama

会場限定のトミカも色々売られる模様。しかも会期中はかにクレーンの実車が見られるらしい! 私は虫以上に自動車やミニカーも大好きな人間なので(車オタクともいう)、これはぜひ行きたい。子ども達に混ざって年甲斐もなくわーわーはしゃぎたい。三十路直前だけど。
[PR]
by isohaetori | 2009-12-22 23:35 | 昆虫以外の趣味 | Comments(2)

収集癖

虫屋の常なのか、私はいつも何かを集めている気がする。妙な収集癖があるのだ。思い返せば、小学生のころからコインやミニカーを集めたり、綺麗に紅葉した落ち葉やどんぐりを集めたり、それに飽きると鉱物や化石に手を出したりと、常に何かを収集の対象としていた気がする。自然物が多いのは、幼いころから博物学的な何かに漠然とした憧れがあったからかもしれない。しかしどこか飽きっぽいのか、ある程度のところまでやると興味が薄れてしまうのが常だった。長続きしないのである。私が何をやっても大成しないのはこういう一面にも現れているような気がしてならない。

大学に入ってからは虫を集めだしたが、これは今までに手を出してきたどの趣味よりも面白かった。おそらく永遠に飽きないのではないかという気がする。ようやく一生ものの趣味が見つかったわけで、これは幸せなことと言えよう。

今は虫以外の収集物として、豆をはじめとした海岸の漂着種子、甲虫がデザインされた切手、魚の耳石、カエルの絵葉書などを集めている。相変わらず支離滅裂なセレクトだが、それぞれに面白く、今のところ飽きずに続いている。

f0205097_030126.jpg
…というのが今日のネタの前振り(長っ)。写真は先日の夕食に出たソイの耳石である。ソイというのはかなり大雑把な呼称で、正確にはこれはキツネメバルだろうと思う。長さ約10ミリ。魚の耳石は種によって形や大きさが異なり、しかも細かな造形が非常に美しく、生き物好きの収集意欲を刺激するには十分な魅力を備えている。甲虫屋がホソカタムシを集める気持ちに少し似ている(気がする)。
[PR]
by isohaetori | 2009-12-20 23:55 | 昆虫以外の趣味 | Comments(0)