「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
more...

最新のコメント

昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21
YUKIさま ありがと..
by isohaetori at 21:46
以前、一度コメントしたも..
by tbs-hrk at 20:49

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(107)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

毎日が整理整頓

パソコンの突然の故障に備え、バッファローの外付けハードディスクを導入した。容量は500GBだが、動画や音楽データを扱うわけではないのでしばらくは余裕で収まりそう。それにしても、最近はこの手のものが安くなったなあ…。


明日は家に来客があるため、午前中から妻とともに時ならぬ大掃除をした。普段散らかしっぱなしの作業台周りもきれいになって気持ちが良い。が、顕微鏡内部に(ほんの)ちょっぴりカビが入っていることに気が付いて大ショック! 解像度に支障がないレベルではあるが、かなり凹む。毎日使って光を通していればこういうことにはならないのだろうけど、そういうわけにもいかない。何よりうちは湿気が多いし…。うぅ。


ちなみに今日のブログタイトルは私の職場に貼られている標語のひとつ。「今日の仕事は昨日の準備から始まる」というのもある。ごもっともで。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-28 22:54 | 日常 | Comments(0)

とんぼのめがねは

朝夕だけでなく、昼間まで秋めいた涼しさ。梅雨明けの実感もないままにいきなり秋になってしまい、夏がどこかへ行ってしまったような戸惑いを覚える。思えば最近は毎年のように「今年の気候はおかしい」なんて言っているような気が…。これからは狂った季節が当たり前になってしまうのか。
f0205097_2249753.jpg


↑これは数日前の獲物。いかにも夏! といったイメージの虫で、網に入った時は嬉しかった。実はオニヤンマを採ったのは小学生の時以来だ。たまにはこういう大きな虫とも遊ばないとね。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-26 22:58 | 日常 | Comments(0)

また未記載種?

以前から気になっていた某川の河口を攻めてきた。

Google Earthであたりをつけておいた川岸に行ってみたところ、ここが思った通り良い環境だった。キバナガミズギワゴミムシがちょろちょろ走っている。
今日の目玉はBryothinusaの一種で、一見してどうも怪しいと思わせるやつだった。B.algarumよりも少し大型で、淡色のエリトラが目立ち、水面からぷいと飛び去る有翅種。何だろコレ。以前別の川で採れたのに似ていたが、たとえ同種であったとしてもサンプルは多いにこしたことはない...という気持ちで容赦なく採集した。案の定、帰宅後に検してみると、手元にあるどの種とも違っていた。まだ外形でしか見ていないが、こんなやつは寡聞にして知らないので、またもや未記載種か未記録種か。明日解剖して検討しよう。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-24 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

ジガジガ

近くの公園でジガバチ(サトジガバチ?)が巣穴を掘っていた。私が気付いたときには既に獲物は巣のそばに置いてあり、すぐに巣穴に引っぱり込んで埋め戻しを始めた。このとき、土を巣穴に押し込みながら「ジジッ、ジジッ」と翅を鳴らす。よく言われるジガバチの鼻歌である。一生懸命な感じがしてなんとなく微笑ましい。
獲物を引き込んでから10分足らずで仕事は終わった。
f0205097_23221864.jpg

[PR]
by isohaetori | 2009-08-22 23:25 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

怖い話

職場でちょっとコワイ体験をした。

夜8時過ぎに仕事が終わり、戸締まりをしているときのことである。
私が建物の二階にある事務所から降りてきたとき、一階の男子トイレには灯りがついていて、ちょうど誰かが入っていくのが見えた。同僚だろうと思って外で待っていたのだがしばらく経っても出てこない。そのうち後輩が確認しに行ったところ、中には誰もいなかったそうだ。よく考えたら、その時職場にいたメンバーは揃っていたので、同僚であるはずもなかった。思わず鳥肌が立った。

断っておくが私は霊感があるわけでもなく、今まで「その手のもの」を一切見たことがない。あれは一体何だったんだろう…。不気味だ。


怖いと言えば、私の会社が相当傾いていることを裏付けるような噂を小耳に挟んだ。マジですか…。この船もいよいよ沈むかもしれない。ユーレイなんかよりこちらの方がよほどリアルで恐ろしい。転職先でも探しておこうかと思う今日このごろである。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-21 23:30 | 日常 | Comments(0)

近所でハチ見

隣町にある銀行まで行ったついでに、いつものセイボウポイントを覗いてきた。前回来た時よりもかなり草が伸びていて驚く。夏だなあ。
あ、タマムシ。こいつにも夏を感じる。
f0205097_0443819.jpg


ショウリョウバッタが熱い抱擁を交わしていた。身動きひとつしない。うーむ、これは一体…?
f0205097_0445489.jpg


いつもの茅葺屋根ではミドリセイボウが多かった。ホストのルリジガバチが出入りしているからだろう。
オオフタオビドロバチの巣を見つけたのでしばらく観察。餌の搬入シーンや出入りする様子を撮りたかったがどれも失敗。むぅ…。最後に出て行く瞬間も撮り逃し、がっかりしていたら入れ替わるようにムツバセイボウがやってきた。このタイミング、どこかでストーカーよろしく様子を窺っていたに違いない。
f0205097_0451441.jpg


しばらく見ていたが、結局侵入することもなく飛び去った。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-19 23:42 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

アリバチ祭り

最近はほぼ定例となりつつある房総の砂蜂観察(with川島さん)。ニッポンハナダカバチはほぼ終盤にさしかかっているはずだが、行けば行ったで色々と面白いものを見られるので楽しみなのだ。

早めに待ち合わせ場所に着いたので、川島さんと合流する時間まで海岸で遊ぶことにする。一見しょーもない環境だし、ほんの暇つぶしのつもりだったが、千葉県未記録の海ハネが一種、あっさりと採れてしまった。やってみるものである(ちなみにオオズではない)。この2年ほど千葉県の海岸性甲虫を探しまわってきたが、これでだいたい予想され得る種が出そろってきた感がある。そろそろどこかに投稿しないと。

その後川島さんと合流し、某砂浜に場所を移してハチと戯れる。やはりハナダカは末期で、空の巣穴ばかりだった。キアシハナダカバチモドキは2個体確認したが多くないようで、もしかしたらこちらも終わりなのかもしれない。

今日はハチ探しと並行してハエも追いかける。目的は海浜性のムシヒキアブで、以前わかむしの集まりでUさんに教えていただいて以来気になっていたものだ。前回の採集でヒラタムシヒキを初めて見て感動し、では今日はハマベコムシヒキを…と思って探していたら本当にいた。実に小さい。そして動きがムシヒキっぽくない。まるっきり普通のハエである。体はばっちり砂色だし動きは早いし、その気になって探さなければ見落としていたかもしれない。散々逃げられつつもなんとか2個体確保。生態写真も撮りたかったが、私の腕では無理であった。ヒラタムシヒキも一度見たのだが逃げられた。
ちなみに「ハマベコ・ムシヒキ」ではなく、「ハマベ・コ・ムシヒキ」なので良い子は切る場所を間違えないように。間違えないか。


そして今日のハイライト。アリバチの一種(フタオビ?)がユッカの葉陰で交尾しているのを川島さんが発見! げ~、これは貴重な場面に出会ってしまった。ここぞとばかりに二人して写真を撮る。もしかしたら本邦初公開か?
f0205097_0374499.jpg


幸運は続くもので、帰り間際にはオスがメスを捕まえるシーンも見ることができた。メスを抱えて飛び去ろうとするがうまくいかず、地面を転げまわるオス。メスがもう少し小さかったら飛んでいってしまっただろう。これは少し落ち着いたところ(↓)。
f0205097_038996.jpg


こちらは結局交尾に至る前に陽が落ちてしまい、時間切れとなった。それにしても今日はアリバチに恵まれているようだ(たくさん採れたし)。うーん、この幸運が怖い。明日は悪いことでもあるのではないか。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-18 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

オキツハネグモ

このブログでは「クモ・多足類」というカテゴリを最初から作っていたのに、気がついたら全然それっぽい記事を書いていなかった。そんなわけで3回連続でクモのお話。


家の中にもたいてい何種類かのクモが見られる。一番有名なのは関東以南に多いアシダカグモだろう。夜な夜な現れてはゴキブリを食べてくれるいいやつなのだが、その大きさが災いして大変に嫌われているようだ。幸か不幸か私の家にはまだ現れない。

アシダカこそいないが、我が家にも常時数種類のクモがいて、時折現れては私の作業の手を止める。
ミスジハエトリが一番目立つやつで、室内でよく見かける。どうも外壁から窓や換気口を経由して入ってくるらしい。こういう図体の大きい奴は部屋で得る食料などあまりないはずなので、見つけ次第窓の外に放り出してやることにしている。これと同属のチャスジはごくたまに見る。アダンソンハエトリはまだ見ていない。おそらくいないのだろう。
押し入れや本棚の奥にはシモングモやチリグモがいる。ダニやチャタテムシなどの小さな獲物で食いつないでいると思われる。しかし私の住むアパートは中途半端に新しいので、イエユウレイグモ、ヒラタグモ、ユカタヤマシログモなどは残念ながら見られない。家の外周りに目を向けるとネコハグモ、オオヒメグモ、オニグモ、シラヒゲハエトリなどが目に付く。

f0205097_22365171.jpgそんな我が家の貧弱なクモ相に、今日新しいメンバーが加わった。オキツハネグモOrchestina okitsuiで、体長1ミリちょっとの微小なクモである。第四脚の腿節が太く、ノミのようにピョンと跳ねるのでハネグモの名がある。出勤前、トイレにこもっているときに壁を歩いているのを発見した。どうも見慣れないクモだなと思い、少し突っついたところ1センチほど前方に跳ねたので本種と気付いた次第。初めて見た種なので、これは嬉しかった。採集しようとばたばたしているうちにウンコをし損ねたり足の指をぶつけたり遅刻しそうになったりしたが、そんなことはどうだっていい。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-12 22:40 | クモ・多足類 | Comments(2)

地味過ぎるペット

f0205097_2333853.jpg久しぶりにヤエヤマトタテグモに給餌をした。この手の蟄居するクモは非常に燃費がよく、私のような絶望的なまでに飼育が下手な人間でも飼うことができる。とはいえ、普段は地中に隠れて姿を見せないので、見た目には土を飼っているのと大差はなく、飼育の面白みはあまりないとも言える。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-11 23:37 | クモ・多足類 | Comments(2)

シロオビトリノフンダマシ

f0205097_23253019.jpg昨日河川敷で見かけたシロオビトリノフンダマシCyrtarachne nagasakiensis。これは本土で比較的よく見られる種類。色彩変異があり、黒いタイプは最近までクロトリノフンダマシと呼ばれていた。
このグループは可愛らしい模様のものが多いので結構好きだ。次はアカイロトリノフンダマシを探そう…。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-04 23:29 | クモ・多足類 | Comments(4)