昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

L.geminatus

一時期集めようと思い立ち、早々に挫折したのがオオキバセンチLethrusの仲間だ。結構人気があるのでそこそこ標本は入ってきているようなのだけれど、まず文献の壁に突き当たった。ロシア語が読めない私では名前を調べるのもままならないし、集めだすとみんな似たようなルックスだし、なにより珍品ほど小さくてしょぼい気がする(笑)。そんなわけで今はコレクションがストップしており、私の糞虫箱の片隅に中途半端な数が収まっているのだ。
f0205097_0323990.jpg

後翅が退化していてアゴが異形でしかもころんと丸い…というのは、かなりツボな虫なんだけどねえ…。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-29 23:55 | 標本 | Comments(5)

アリグモ

f0205097_21234948.jpg食卓にてアリグモに遭遇。水を入れたグラスの縁に居座っていた。
一緒に飲んでしまうところだった。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-28 21:30 | クモ・多足類 | Comments(2)

はひふへ本光寺

思わず爆笑してしまった、凄いお寺のCM。ラディカルっていうか、だいぶ暴走しちゃってる感じで笑える。


私も死んだらこのお寺に…(笑)
[PR]
by isohaetori | 2010-06-28 21:03 | 日常 | Comments(2)

イギリスの薬品びん

洋ものにはなるべく手を出さないようにしているのだけれど、雰囲気の良い小びんをみつけるとつい…。
「NOT TO BE TAKEN」とエンボスされた薬品びん、高さ5.7センチ。1920~1930年代のイギリス製。
f0205097_824358.jpg

断面は変わった六角形。
f0205097_83335.jpg

[PR]
by isohaetori | 2010-06-27 23:55 | 昆虫以外の趣味 | Comments(2)

ちらっ

葉陰からこちらを眺めるカマキリの子。
f0205097_22503032.jpg

こんな可愛い虫も、あと数ヵ月もすればあの凶悪なやつに成長するのだ…。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-26 23:00 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

青いダンゴムシ、再び

最近は神社やお寺を見て回るのが癖になっている。目的は主に二つあって、境内で見られるハチと、時々落ちている古いガラスびんである。今日も隣町まで買いものに行き、ついでに数か所の神社に立ち寄って探し物をした。

結局びんには出会えなかったが、とある神社で面白いものに出くわした。いつだったか日記に書いたこともある、青いダンゴムシである。最初に気がついたのは妻で、あっという間に数匹の青い個体を見つけ出した。どうもこの敷地には青味の強い個体が多産するようなのである。私も一匹見つけることができた。ここまで真剣にダンゴムシを探したのは久しぶりだ。
f0205097_1931156.jpg

しかし写真に撮るとただの灰色にしか見えないのはどういうわけだろう…。実物はちゃんと青いんだかんね! この青い子たちは持ち帰り、飼育してみることにした。前の子はうっかりと死なせてしまったので、今回はちゃんとケースを整備し、気合いを入れてかかることにする。次は白いダンゴムシを探してみたいなー。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-25 19:05 | 飼育 | Comments(4)

キンと冷やして召し上がれ

漂着物学会のMLで、南房総の一部でウミアメンボが大量漂着しているとの情報があった。こんな健康状態でなければ即座に駆けつけたものを…非常に残念。同時にヒメルリガイやアサガオガイなどの漂着も各地で始まっているらしく、方々のビーチコーミング系ブログで盛り上がっている。


久々にびんネタ。
だいぶ前に拾った「信水舎」のジュースのびん。これはそんなに古いものではなく、せいぜい昭和40~50年代以降のものではないかと思う。写真ではよく見えないが、胴部には筆記体で「Fresh Drinks」というエンボスがある。また、びんの下部には「千葉県成田市 株式会社信水舎」と青字で印刷されている。
f0205097_1991637.jpg

びんの肩にはこんなマークが。果物ですね。
f0205097_1993829.jpg


さて、ここまでは前振りであって、以下が本題。
調べてみると、この信水舎は今でも成田市に健在であった。しかも千葉県でも数少ない地サイダーメーカーとして頑張っていた。それがこれ、由緒正しい千葉のローカルサイダー、「北総サイダー」である。今でも成田市内の商店を中心に販売されている。ただ、これは別に成田で買ったわけではなく、西荻の某骨董屋さんに並んでいたものである。
f0205097_19101211.jpg

飲んでみるとちょっぴりレモンの香りがしておいしい。しかし驚いたのはその炭酸のキツさ! 不用意にがぶ飲みしようとすると確実にむせる。口の中で泡が膨れ上がって焦る(笑)。サイダーと一口に言っても、こうも違うものなのかと妙に感心してしまった。成田山にお参りに行く機会があったら、ぜひお試しあれ。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-22 19:12 | 日常 | Comments(0)

復活

ずいぶん更新をさぼってしまった。というのもずっと発熱して寝込んでいたためで、日記どころではなかったのである。体に異変を覚え始めたのは先日の若冲展を観終わったあたりからで、その夜半には高熱と頭痛と節々の痛みで七転八倒の状態となり、なぜかそこからは何時まで経っても熱が下がらず、ようやく今朝になって落ち着いてきたのであった。ここまで長持ちした熱(何だそれ…)は久しぶりで、本当に参ってしまった。おそらく明日には快復すると思われるが、4日間も会社を休んでしまったのはまずかったな…。


そういえば、熱を出している時にへんな夢をみた。
私が数人の虫屋を相手にスライドを交えて講演をしていて(場所はなぜか実家の居間なのだが)、テーマは『カブトムシの画期的な養殖法』というのであった。長年の研究の結果編みだした凄い技術だそうで、その内容は「衣装ケースに腐葉土をどっさり入れ、カブトムシのペアを放つ」(!)というもの。どこが画期的なんだかさっぱり分からないが、夢の中の私は大まじめなのであった。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-20 21:17 | 日常 | Comments(0)

白象が夢に出そう

妻と千葉市立美術館へ「伊藤若冲 アナザーワールド」の展示を見に行く。豪華絢爛、超写実的な大作が多く取り上げられる若冲だが、今回は比較的「地味めな」水墨画を多めに取りあげた内容だった。それでも最後まで圧倒されて言うことなし。若冲の「生き物屋」っぷりは想像以上だった。夏には田中一村展もやるらしいので、こちらもぜひ観に行こう。


帰りにヨドバシカメラに寄り、ストロボディフューザーや三脚などを買う。私が今まで使っていたディフューザーはケ○コーの「影○り」なのだが、見た目がなかなか大仰で、接写時には警戒した虫に逃げられやすいような気がしていたのであった。また、藪の中などの狭い場所では邪魔になるし、風が強ければ煽られて手ぶれするなど、色々と問題があった。今回買ったのはエツミのもので、ずいぶん小さくまとまったので満足。もっと早く買い替えれば良かった…。
三脚は迷った挙句「ゴリラポッド」の中くらいのやつにした。脚を広げれば地表すれすれの高さでも固定できるし、足場が不安定な場所でも自在に曲げて対応できそうだ。心配なのは脚の関節が使っていくうちに緩みはしないかということだが、こればかりは現段階では分からない。砂蜂の撮影には向いていそうなので期待している。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-16 20:36 | 日常 | Comments(0)

散歩で出会った虫

隣町の公園を散歩。以前から気にしていたハナミズキの立ち枯れは切られてしまっており、これでハチ見をしようという目論見は外れてしまった。きっとセイボウがたかる木だっただろうに…残念だ。
さらに残念なことに、今日は出発前にデジカメをチェックし忘れ、いざ使ってみるとあっという間に電池切れ。ほとんど写真を撮れずに終わってしまった。間抜けー。
ビロウドコガネの一種を捕えたシオヤアブ♀。
f0205097_08699.jpg

クロヤマアリの巣の入り口で、何やら揉め事が発生している模様。入口の番をしている個体が、よそ者の触角に噛みついて離さないでいる…というシチュエーションらしい。かなり長いこと膠着状態が続いた。そして結末を見ぬまま、カメラの電池が切れた…。
f0205097_082573.jpg


昼食ののち、少しだけびん掘りをしたが、大したものは得られずに終わってしまった。やはりハケ探しは冬の仕事である。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-15 23:55 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)