「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

バッタだって暑いんです

見事なまでの砂模様。ヤマトマダラバッタの若虫。(6月28日撮影)
f0205097_21321933.jpg


連日暑くて仕方がないが、先日行った海岸も本当に暑かった。
特に日が高くなってから撮影していると、這いつくばって砂についた膝や肘が焼けるよう。カワラハンミョウは私が作る日陰を求めて四方八方から走り寄ってくる。このヤマトマダラバッタも、うっかり日なたの砂地に出てしまうと必死でピョンピョンと跳ね続けるのであった。熱い砂の上では落ち着いていられないのだろう、海浜植物の葉上に乗るまでは跳躍をやめない。フライパンの上でポップコーンが弾けて跳ね回る様を思い出して、思わず笑ってしまった。バッタ本人としては笑いごとではないだろうけど。

この写真は、まだ涼しかった午前中に撮ったもの。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-30 21:46 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(3)

茶碗むし(オオウスバカゲロウ)

昨日の採集で出会った虫、オオウスバカゲロウHeoclisis japonicaの幼虫。これはまだ小さく、体長10ミリほどだが、蛹化前には20ミリほどになる日本最大のアリジゴクである。
f0205097_19363995.jpg

夕暮れ時、砂上を歩きまわるルイスヒトホシアリバチのメスをストーキングしていると、突如としてアリバチが「転ぶ」ような動きをした。一瞬何が起きたかと思ったが、砂中のアリジゴクに足(脚)をとられたのであった。
今回は偶然気が付くことができたわけだが、オオウスバカゲロウの幼虫はすり鉢を作らないので、普通は篩いを使って採集するのが一般的である。

とても格調高いと評判の成虫を見たかったので、この幼虫は家で飼育することにした。しかし持ち帰ってみたものの、適当な飼育容器がない。妻に訊いたら、「これを使っていい」と、こんな器を渡された。


f0205097_19385553.jpg



茶碗…。
OKするか、普通!?w


ともあれ、間違って食べないように注意しつつ飼育しようと思う。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-29 19:46 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(2)

今日のハナダカバチさん

今日は久々の海。毎年恒例の砂蜂観察をすべく、川島さんと千葉県某所へ行ってきた。

ポイントは砂浜の一角にあるごく狭い裸地で、どういうわけかこのエリアに限ってニッポンハナダカバチが営巣している。何キロにもわたって砂浜が続いている中で、こんな狭い場所にのみ執着し続けているのは不思議である。面積としてはテニスコート二面分あるかどうかといったところ。正確にカウントしたわけではないが、おそらく100頭以下の小さな個体群と思われる。

営巣活動はまだピークに達していないようで、散漫に試し掘りを繰り返すメスや、メスにしつこくアタックを繰り返すオスの姿が多く見られた。これは坑道を掘るメス。
f0205097_23455334.jpg


作業が進んで給餌を始めている個体を見ていると、その獲物はミズアブが多いようだった。大きな獲物を抱えてもなお軽快に飛ぶ姿は、いつ見ても感心してしまう。


一方、オスは地表を電光の如く飛び回り、メスへのアタックや他のオス個体への攻撃を繰り返している。日中は片時も休まず飛び回っているので、とても私のカメラでは捉えきれない。メスよりも淡い色で、とても美しい姿のハチなのだが…。
しかし、夕刻になるとさすがにそのテンションも落ちて来て、地表で身づくろいなどをするようになる。
f0205097_23461154.jpg


ところで、巣穴の周辺には必ずといってよいほど寄生バエの姿が見られる。メスが巣穴を少し留守にしたり、坑道の奥に引っ込んだりして姿が見えないと、この空き巣の虫は大胆に侵入を繰り返す。おそらく坑道内部に自身の仔をばら撒いてくるのであろう。よく見ると、この寄生バエにも数種類いるようだ。当然、私に種名など分かるはずもないが…。
f0205097_23462895.jpg

今日出会ったその他の虫については、後日紹介する予定。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-28 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

うんこ背負い虫

我が家の数少ないペット(?)、セモンジンガサハムシの幼虫。みんなだいぶ大きくなってきて、体長3ミリ超えの個体も少なくない。数匹だが、蛹になったものもいる。
この幼虫、見た目はイガイガ、トゲトゲしているが、まったくもって人畜無害の虫である。背中に背負っているのは自身の糞と脱皮殻。
f0205097_2293112.jpg


ところで、葉っぱにへばり付く彼らの能力には素晴らしいものがある。餌交換の際に移動させようとしても、ちょっと引っ張ったくらいでははがれない。それでも無理やり葉っぱから引きはがすと、「ペリペリ」と音がする。なんとなくマジックテープを思い出してしまう。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-27 22:20 | 飼育 | Comments(4)

イラガセイボウのお尻

そろそろイラガセイボウの羽化ラッシュも終息したもよう。飼育箱の中には、ギザギザの脱出孔が開いた繭だけが残されている。

今年はかなりの数の繭を確保していたこともあり、脱出の際の穴開け作業を早い段階から眺める機会にも恵まれた。あの硬い繭に穴を穿つのは大変そう…と当初は思っていたのだが、存外短時間のうちに穴を開け終わってしまう。
この写真は、穴を開け始めて数十分経過したところ。
f0205097_20194590.jpg


ところで、セイボウ類は腹端の形状が同定のキーになる(イラガセイボウなどはそれを見るまでもないのだが)。今日は休みだったので、久々にカメラを出し、マウントしたイラガセイボウのお尻を撮ってみた。
f0205097_2020178.jpg


美尻である(笑)。

「イラガイツツバセイボウ」の別名通り、本種には5つの歯状突起が見られる。その他のセイボウのお尻写真は、またいずれ…。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-22 20:22 | 飼育 | Comments(2)

近況

f0205097_2083442.jpg気が付いたら、だいぶ更新をさぼってしまっていた。ここ一カ月で2、3回しか書いていない…。最近は環境が変わったこともあり、その上決算やら何やらで忙しく、くたびれて帰宅→酒かっ食らって寝る、の繰り返しで、生き物屋としての活動はほとんどしていなかったのだ。しかし仕事もようやく一段落したので、これから少しずつ虫屋業務(?)を再開しようと思う。



ここ数週間の出来事をメモ。

1)先週、職場の駐車場で、サクラの枝についているナシアシブトハバチの幼虫を発見。伸ばすと5センチを超える超重量級で、ハバチ幼虫のイメージを大きく逸脱している。あまりの大きさ(そして気持ち悪さ)に衝撃を受け、4匹ほど採集してきた。しかし2、3日ですべて蛹化してしまい、可愛い顔の幼虫写真を撮り損ねてしまった。また採りにいくか…。

2)evitaさんからルイスホソカタムシを頂戴した。ものすごく細長い、珍妙な格好の虫である。たくさん発生しているところがあるとのことで、あの珍品がそんなにうじゃうじゃいるのか!? と驚いてしまった。やはりいるところにはいるのである。ホソカタっぽい、鈍くさい虫を想像していたら、その動作は想像以上に素早かった。

3)セモンジンガサハムシの幼虫たちは順調に大きくなっている。しかし成虫になるにはあとひと月ほどかかりそう。

4)イラガセイボウは続々と羽化している。しかし展翅する時間がない…。

5)今日外出した折りに信号待ちをしていたら、「ごつん」という軽い衝撃が。後続のジイさんの車に追突されたのであった。脇に車を寄せて検分したが傷一つついておらず、軽く触れた程度だったと判明したのでその場で放免した。しかしジイさん、停車中に財布を探すのはいいが、ブレーキペダルから足を離すなっ!


…さて、これからは虫採りするぞー!


画:いそはえとり
[PR]
by isohaetori | 2011-06-13 20:14 | 日常 | Comments(9)

瑠璃いろのびん(皮膚美液)

コレクションより。

青い蜂も好きだけど、青いびんも同じくらい好き。
『皮膚美液』というエンボスのあるびん。裏には『影山薬舗製』とある。高さ80ミリ。
f0205097_18242760.jpg


首の位置が少しずれているのはご愛嬌。
[PR]
by isohaetori | 2011-06-01 18:28 | 昆虫以外の趣味 | Comments(4)