「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
more...

最新のコメント

昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21
YUKIさま ありがと..
by isohaetori at 21:46
以前、一度コメントしたも..
by tbs-hrk at 20:49

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(107)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

HSKZ

葉上のHSKZ。
f0205097_2129575.jpg

もちろんヒメシロコブゾウムシのことです。もう既にわけが分からない…。


SKZはこちら
[PR]
by isohaetori | 2011-07-30 21:33 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

近況&セミのつぶやき

ここ数日、熱を出して寝込んでいた。今は持ち直している。

26日は久々に三浦半島へ行き、いつものように倉持さん、川島さんらと海で遊び(一般的な意味ではない)、午後は科学館の理科ハウスで遊んだ。今は「RIGHT & LEFT みぎとひだりをかがくする」展をやっている。山浦さんの言葉を借りると、「脳が汗をかく」感じで非常に面白い。
閉館後もしばらく居座って館の皆様と話し込んでしまい、それはそれは楽しい時間だったのだけど、その後がいけなかった。いきなり発熱。子供か。

その夜は朦朧としながらも必死で運転して帰ったが、翌朝には熱が39度を超えていた。腹も特急の下り電車である。病院に駆け込むと、おそらくウイルス性の急性胃腸炎でしょうね、疲れが出たんでしょう、と言われた。確かに疲れていたのかもしれないが、それは自己管理の問題であって、まあ自業自得である。のちに各方面からお見舞いの言葉を頂くたびに後ろめたい気持ちになるのであった。
それにしても、昔はこんなに病弱じゃなかったのに…。やはり20代前半の頃のような体力はもうないか。


というわけで、ここ数日は家で布団とトイレを往復する日々を送っていたため、新たな虫ネタはなし。そこで先週撮ったセミの幼虫の写真をば…。
とあるお寺の境内で、地面にあいた穴を覗きこむとコイツがいた。既に暗黒の世界から脱出する用意が整い、羽化のタイミングをじっと待っている。

セミ「あ~、社会出たくねぇ~」
f0205097_18275946.jpg

「ずっと穴ん中でニコ動見ながら木の汁吸って暮らしてぇ~」
f0205097_18281442.jpg


セミのセリフはあくまでも筆者の想像だが、今頃は彼も外の世界を満喫していることであろう。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-29 18:35 | その他の生き物 | Comments(0)

来たれ、つばめ様

ツバメが来る家に住みたい。

フンが落ちるからとか壁が汚れるからとか、最近は家にツバメが巣をかけるのを嫌がる人も多いようだ。巣作りが始まると落としてしまう人もいるという。昔は歓迎される存在だったはずなのに、時代が移ったということだろうか。寂しい話だ。

私はツバメが大好きなので、むしろ来てもらいたいと思っている。こんな愛くるしい生き物はなかなかいないよ。
f0205097_21534317.jpg

とあるコンビニの防犯カメラに作られた巣。大きくなった雛がおしくらまんじゅう状態。もわもわの毛が可愛すぎるー。ツバメが巣をかけるアパートに住めるなら、高い家賃を払ってもいい! 

しかし不動産屋のチラシを見ても、「ツバメが巣をかけます」という条件の物件はない(笑)。「駅まで徒歩5分」よりも良いと思うんだけどなー。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-25 21:56 | その他の生き物 | Comments(7)

ルイスヒトホシアリバチ

昨日は恒例の「ハチ観察ツアー」だったのだが、ほぼ空振りに近い状態で終わってしまった。7月下旬とは思えないような涼しさが一日中続き、まったく陽も射さなかったことが影響したようだ。先日、お寺の境内をうじゃうじゃ飛んでいたルイスヒトホシアリバチですら、その姿をほとんど見ることができなかった。ナミツチスガリは皆巣穴に引っ込んで、顔だけ覗かせていた。
ただ、単に気温のためとも思えない例もあり、例えば海岸のハナダカバチは、どうもピークを過ぎているのではないかと思わせる低調ぶりだった。このままシーズンが終わってしまうとしたらかなり痛い…。

というわけで、今回はろくに写真も撮れずに終わった。ネタが少ないので、昨日撮った写真はこれから数日に分けて小出ししていこう…。
とあるお寺で見たルイスヒトホシアリバチSmicromyrme lewisi。ナミツチスガリに寄生する。
f0205097_197814.jpg


アリバチ類については、最近色々と面白い知見が得られているので、そのうちに川島さんと共著でやらせてもらえることになった。例によって私は名ばかりの共著者であるが…。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-24 19:08 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(7)

SKZ

今日は妻の通院の日。診察が終わるまでの間、私は病院の付近を散歩して回った。幸い雨はやんでいたので、それなりに虫探しを楽しめた。

クズの上のシロコブゾウムシ。じっと動かない。
f0205097_17185572.jpg

アリが彼の体の上をどんどん通過していく。口の周りをしつこく嗅ぎまわっていく輩もいるが、彼は何ら意に介することもなく、不動の姿勢を保ち続ける。シロコブゾウムシ様はおおらかで、心の広いお方なのだ(単に鈍いだけだ、などと言ってはいけない)。


ちなみにタイトルのSKZはシロコブゾウムシの略である。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-19 17:45 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

蜂の楽園

f0205097_9341928.jpg午前中は干潟でびん拾いをしたのだが、期待したほどの成果は得られなかった。漂着物自体が減っていたし、びん拾いは時の運としか言いようがない。干潟は午前中で切り上げ、maroneさんでお昼ごはんを食べた。


いつもの砂浜に行くかどうか迷ったが、今回は房総の山奥にある某お寺にまで足を伸ばした。
その判断は正しかったようで、ツチスガリが至る所で巣穴を掘っており感激した。こんな大規模な生息地を見たのは初めてだ。驚いたのはルイスヒトホシアリバチの数で、無数と言って良いほどの♂が地表を飛び交っていた。♀も多く、ツチスガリの巣穴に入っていく姿も見られた。少数だが、ハラアカマルセイボウ、ムネアカアリバチ、ヤマトアリバチモドキなども採集することができた。

そしてなんと、このお寺にはニッポンハナダカバチまで生き残っていた! 数は非常に少なかったが、こんな山奥で細々と命を繋いでいたのであった。ベッコウバチの類も豊富なようで、ここはハチの楽園のように思えた。
お寺の人も親切に色々と教えてくれ、「またいつでも来てくださいね」と言ってくれた。ここにはしばらく通うことになりそうだ。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-15 23:55 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

縁起でもない話

f0205097_22221970.jpg縁起でもない話だが、自分が死んだ後、自分が溜め込んだモノどもの行く末を考えて思い悩むことがある。

最大の問題は昆虫の標本である。これには世の虫屋の多くが悩んでいることだろう。こんなものを残された遺族は困るだけだろうし、いずれ朽ち果てるだけなのは目に見えている。どこかに寄贈ということも考えられるが、今の日本に、アマチュアが集めた標本を受け入れてくれて、管理もできる施設がどれだけあるだろうか…。せっかく命を頂いた虫たちであるので、無駄にしたくはない。生きている間にきちんと考えておいた方がよさそうだ。

他方、現在も増え続けている古いガラスびんは、それを扱う古道具屋や骨董屋が何軒か心当たりがあるので、それほど心配はしていない。その手の店に売ってもいいし、趣味を同じくする人に譲ってもいい。
また、昆虫関係の文献は専門の古書店もあるし、やはり知り合いにばら撒くこともできる(コピー文献だけは如何ともしがたいが)。我が家に稀覯本の類はないが、全て売り払えば葬式代の足しくらいにはなるだろう。


他にも色々と思うところはあるが、縁起でもない話なので、これ以上はやめることにする。ブログが「黒く」なるし、うっかり本当になってしまうと怖いし。

いま思えば、私は小さいころから自分の死後のことを考えるのを好む子供だった。そして今でもそれは変わっていないらしい。縁起でもない、と窘められそうだが、建設的で合理的な行動として、遺書を書いておくのも悪くはなさそうだ…なんて思う今日この頃である。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-14 22:30 | 雑話 | Comments(5)

みんな大好きツノゼミ様

最近、丸山さんの「ツノゼミ ありえない虫」を買ったので、晩酌の時や、寝る前などに眺めてはニヤニヤしている。写真が素晴らしく、見ているだけで楽しい。以前丸山さんやケンタロウさんにいただいた標本のいくつかは、この本のおかげで名前が分かるようになった。
とにかく、ツノゼミへの愛であふれた本である。特別虫好きでないという方にも読んでほしいと思う。とんでもないデザインの数々に、きっと驚くんじゃないかな。個人的にはウツセミツノゼミやコケツノゼミがお気に入り。

私のツノゼミ集め(貰ってばかりだけど)はここしばらくストップしていたのだが、この本を読んでからというもの、またムラムラと収集欲が湧いてきた。海外のド派手なやつはもちろんだが、これを機に日本のツノゼミも集めてみようかな。今のところ国内で6種類ほど採っていると思われるので、もう少し頑張ろう。

これは学生時代にケンタロウさんに頂いたツノゼミ。タイ産。Centrotypes属かな。
f0205097_18335362.jpg

結構可愛い顔をしている。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-13 18:39 | 本・論文 | Comments(9)

ケブカコフキコガネ

「虫友」のあかつき君に、ケブカコフキコガネTricholontha papagenaを頂いた。

触角がチャームポイントのオス。
f0205097_19311840.jpg

f0205097_1932989.jpg


地味だが、ちょっと前まではド珍品だったメス。
f0205097_19322548.jpg

f0205097_1932372.jpg

いずれも名前に負けぬもふもふ具合である。

本種は奄美~沖縄諸島に産し、12月から3月にかけて出現する。その生態は長らく謎に包まれていたのだが、一昨年、リュウキュウチクの林で発生していることが明らかにされた(恩田・太田,2009)。あの発見が最初に紹介された、リアルタイムの「なまものぶろぐ」は衝撃的だったなあ…。夜中に思わず茶を噴きそうになったもの。

珍品の座からは降りてしまったものの、真冬の沖縄の森を飛び回る変なコガネには、やはりロマンを感じる。私も一度は発生現場を見てみたいものだ。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-07 19:34 | 標本 | Comments(9)

中島飛行機の薬びん

コレクションより。
「中島飛行機 小泉病院」とエンボスのある、茶色い薬びん。大小あって、大きい方が高さ75ミリ、小さい方が60ミリ。
f0205097_22272749.jpg

このびんを見つけた時は思わずはしゃいでしまった。あの零戦を量産していた、群馬県の小泉製作所で使われていたびんであろう。飛行機好きの心をもくすぐる逸品である。
しかし私を悔しがらせたのは、店主さんのこの一言。
「このエンボスで、青いびんも何本かあったんだけどねえ…。すぐに売れちゃったんですよ」

な、なんですと~。青いびんとな! 一歩遅かったか…。
こうなったらいつか絶対見つけてやるっ、と心に誓ったのは言うまでもない。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-05 22:29 | 昆虫以外の趣味 | Comments(4)