昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヒツジ印のびん

コレクションより。
骨董市で見かけ、数百円で我が家にやってきた可愛い小びん。
「TRADE MARK」「ヒツジ印」のエンボスがある、細身のびんである。高さ68ミリ。
f0205097_20203952.jpg

これは研磨剤のびんとのこと。もちろんHBCさんもお持ちで、こんな素敵な姿を見ることができる
一方、我が家のヒツジはといえば、写真に写らないくらいエンボスも薄くて角も見えなくて、なんだかガリガリに痩せた野良犬のよう(笑)。びんの型が一定していなかったのだろう、ゆらゆらとろとろしていて、なんとも危なっかしいびんだ。そのへんが妙に魅力的で、お気に入りのびんなのだ。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-30 20:32 | 昆虫以外の趣味

日本甲虫学会は素晴らしい学会なので若手虫屋はぜひ入りなさい

数日前にはさやばねNSが、今日はエリトラが届き、どちらも楽しく読んだ。さやばねにはキバネキバナガミズギワゴミムシの生態や、内陸部でのニッポンセスジダルマガムシの発見など、海もの屋の血が騒ぐ素晴らしい報文が載っていた。ベニボタル同定のための連載も始まり、続きが楽しみ。こういう一般向けの解説記事が出ると、なんだか自分にも容易に同定できそうな気持ちになってしまうから不思議だ(多くの場合そう簡単にはいかず、やはり虫の同定は難しいものなのだが)。参考書を買うとそれだけで満足し、勉強ができる気になってしまうイタい高校生の気持ちに似ている。


かねてから用意していた短報ネタは意外な展開を迎え、私を含めた3人の共著でやることになった。
今までは溜めこむ一方だったが、たとえ小さな記録であっても、これからはできる限り世に出したいと思う。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-21 22:00 | 日常

車を洗う休日

今日は休み。どういう気まぐれか、無性に身の周りをキレイにしたくなり、近所のガソリンスタンドで車を洗った(洗車機で300円コースだけど)。実を言うと、私は生まれてこのかた、一度も自分の車を洗ったことがなかった。車に関しては、どんなに汚れようが傷がつこうが凹もうが気にならず、走ってくれればそれでよい、程度の感覚だからである。
趣味は人それぞれだからとやかく言う気はないが、車をピカピカにすることに血道を上げるような現代の風潮はどうにも理解できない。車は外を走るものだし、多少の汚れや傷は当然だと思う。…とまあ、個人的にはそんなスタンスが粋(?)だと思っていたのだが、今日はそれに少し逆らってみたのだった。たまにはそんな時もあるのだ。
で、きれいになったらなったで意外に気分が良かったので、これからは年に一回くらいは洗ってやろうかと思った次第。

その後図書館へ行き、何冊か本を借り出した。そのうちの一冊は「趣味の砂金採り入門」というもので、「趣味と実益をかねて 夢の一獲千金をめざして!!」という煽り文句がついている。完全に釣られたわけである。
そういえば学生の頃、長野の山奥で渓流わきの砂篩いをしていたとき、通りかかる人に何度も「砂金でも採っているのですか?」と訊かれたことがある。その時は山地性のケシマグソを探していたのだが、なるほど、こんなスタイルでやっていれば勘違いされるのも無理はないと思ったものだ。
ぱらぱらと読んでみると、多摩川や秋川など、北海道まで行かなくても砂金が見つかる場所はあるらしい。採れるかどうかは別にして、採集そのものが面白そうではある。虫に飽きたらやるかもしれない。


話は変わるが、今日図書館へ行く途中、小さいポメラニアンを散歩させている高校生ヤンキーがいた。思いっきり仏頂面だったが、本当は可愛がっているに違いないと思うと微笑ましかった。ヤンキーのくせに動物好きって、「動物のお医者さん」の小林君みたいである(別に小林君はヤンキーではなかったが、そんなイメージ)。彼とは帰り道でもすれ違ったが、散歩が終わったのだろう、今度はポメをカバンみたいに小脇に抱え、のしのしと歩いていた。荷物かい。ヤンキーを見た目で判断してはいけない。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-19 18:29 | 日常

瘡癒丸のびん

今日も南房総の海岸に出撃。しかし、前回と違ってどんよりした曇り空&海風で寒いのなんの。さらに悪いことに、深みにはまった拍子に長靴に海水が入ってしまった。これは効いた…。サンプリングを途中でやめて帰ろうかと思ったほどであった。今回も貴重な知見が得られたので、まあいいけど。


で、今日も出せそうなネタがないので、撮り溜めておいたびんコレクションの写真でも。
「瘡癒丸 赤岩製」。高さ64ミリ。
f0205097_0445740.jpg

名前からして皮膚病の薬だと思うが、未調査のため詳細は不明。
茶色いびんはあまり好みでないが、こういう仰々しいエンボスが入っているものなら話は別! お気に入りのびんである。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-16 23:55 | 昆虫以外の趣味

オオキンカメムシ

今日は南房総で、海岸性甲虫の撮影。なかなか面白い光景に出会えたのだが、未投稿ネタなのでここに出せぬのが辛い。

代わりに、帰り際に見かけた素敵な虫をアップしておこう。
ツタの葉の裏に、きらりと光る紫色の光沢。オオキンカメムシの成虫だ。南国っぽいなー。
f0205097_22502383.jpg

体長21ミリ。さんざん海ハネを探しまわった後だったので、とてつもなく大きく感じる…。

この個体は「ぼっち」だったが、いつか集団で越冬している姿を見てみたい。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-14 22:51 | 昆虫採集・観察(陸)

干潟のびん

だいぶ遅くなったけど,先日の干潟歩きで見かけたびんをご紹介。

底に「M」と「登録」のエンボスがある,丸善インキのびん。ネジ山はなく,コルク栓のもの。よく見る形だが,やはり大喜びで拾ってしまう。
f0205097_2201861.jpg

アルマイトの水筒。これは回収せず。
f0205097_220458.jpg

「GOLD」というエンボスが目立つびんの欠片。何のびんだろう。
f0205097_221057.jpg

「SANTENDO」というエンボスがある両口式目薬。大学目薬ですね。
f0205097_2213943.jpg

厚生染(家庭用染料)のびん。
f0205097_2215873.jpg

お,青いびん発見!
f0205097_2222033.jpg

無銘の両口式目薬でした。
f0205097_2223793.jpg

レアものは何一つ見つからなかったが,海岸でびんを拾うという行為自体が楽しいので,それでもよいのである。

この日の収穫品を洗ってみた。
真ん中の大きな薬びんは,高さ115ミリ。病院名などは,なし。
f0205097_2252685.jpg

「SHOE CREAM」というエンボスのある,靴クリームのびんもあった。ひょうちゃんは古いタイプで,へそで茶を沸かしている図案である。
f0205097_22142799.jpg

「家傳藥」,反対側には「養命丸」というエンボスのある茶色いびん。高さ78ミリ。丸薬が入っていたびんなんだろうけど,正体は不明。
f0205097_22124150.jpg


やっぱりびん拾いは楽しいなあ!
[PR]
by isohaetori | 2012-01-10 22:18 | ビーチコーミング

征病丸のびん

今日はガラスびんを求めて、ビッグサイトで行われる骨董ジャンボリーへ。
最終日なのでどれだけ残っているか心配だったが、私の求める国産の古い薬びんはいくつか見つけることができた。本当に良いものは初日になくなってしまっているだろうが、これは仕方のないことだ。

びん博士も出展されていたので、色々とお話をした。また、前もってお願いしておいた、びん図鑑の第2巻を購入。これはお蚕さまのびんをまとめた巻で、日本の養蚕業史の観点からも非常に重要な力作である。待ちに待っていた一冊なので、とても嬉しい。
今は神薬の巻の制作が進んでいる由で、2分冊の大作になるとのこと。こちらも楽しみだ。近々ボトルシアターへお邪魔する約束をして、お別れした。

さて、このへんで今日の戦利品を紹介。「中島の征病丸」のびん。高さ88ミリ。
f0205097_2041228.jpg

これは正露丸(征露丸)の数多あるパチモノのうちのひとつであろう。成分もクレオソートが主体で、臭いも正露丸そのもの。資料的価値がありそうなので、ひとつ入手しておいた。
この他には未所持の目薬びんを数個購入したが、これはというような掘り出し物ではなかった。やはり本当の意味での「掘り出し」をするしかないらしい。この冬は何度かディギングに行きたいものだ。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-08 20:44 | 昆虫以外の趣味

ヘチマコロンのびん

先日,三浦半島の海岸で採集している時に,浅野さんが拾ってきてくれたびん。
「いそはえとりさんが好きそうなびんを見つけました~」
おお,ヘチマコロンのびん! 実は,私はまだヘチマコロンを拾ったことがない。ありがたや~。
キレイにしてから記念写真。フォントが可愛らしい。高さ108ミリ。
f0205097_234763.jpg

ひょうちゃんも,同じ日に頂いたもの。これは原田治のデザインなので,2代目のものである(ひょうちゃんは,崎陽軒のシウマイに入っている醤油入れのキャラクター)。
f0205097_2325517.jpg

海岸や河川の虫をやっているひとは,ぜひ古いガラスびんも探してみてください。けっこう落ちているものですよ。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-07 23:07 | ビーチコーミング

キイロホソゴミムシ

今日は久々に干潟へ行ってきた。最大の目的はびん拾い…ではなくて,この虫を撮影するため。
キイロホソゴミムシDrypta fulveola Bates
f0205097_2157282.jpg

f0205097_2158407.jpg

本種は,河口干潟に発達したヨシ原にのみ生息する希少種である。ヨシ原ならどこでもよいかというとそうでもなく,全国でも本種が見られる場所はわずか数か所に過ぎない。千葉県RDBではカテゴリーA(最重要保護生物)にランクされている。
今の時期は休眠状態にあり,ヨシ原の流木の下や,枯れて堆積したヨシの下などを探ると見つけることができる。条件の良い場所では集団でいることもあり,そうした状態を撮影したかったのだが,今回は見つけることができなかった。


もう一つの目的であったびん拾いについては,収穫品のクリーニングが終わってから紹介します。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-06 22:00 | 昆虫採集・観察(海)

海ムシミーティング2012/イソユスリカの一種

今日は毎年恒例の、「キャッ☆ ドキドキ初採集♪ 海ムシミーティング2012」が盛大に行われた。これは全国に散らばる海岸性昆虫業界の猛者たち(なにそれ)が集結する、新年の一大イベントである。

……書いていて恥ずかしい。


場所は三浦半島。川島画伯、浅野さん、私の3人が、まず久里浜駅に集合した。その後、倉持さんご夫妻も現場で合流し、計5人の賑やかなパーティーとなった。(しかし、例によって調査地ではバラバラの個人行動になるのは言うまでもない)

虫屋ブログである以上、事細かく採集記ふうに書くのが筋かと思うが、今後発表する予定の調査でもあるし、果てしなく地味な虫ばかりであるため、今日の活動については思いっ切りハショらせて頂きます。かいつまんで述べると、干潟でヨシの茎の中にいる虫を探し、河口に棲むゴミムシを採り、礫浜でハネカクシを掘り、さらに場所を移動しようとした段階で陽が落ちて時間切れになりました。終わり。

…これではあっさりし過ぎな気がするので、今日撮影した、岩礁に棲むユスリカの仲間を紹介する。イソユスリカ属の一種(Telmatogeton sp.)。
f0205097_2352995.jpg

早春の頃、潮溜まりなどの海水面を、すいすいと滑るように走り回っている姿が見られる。脚先で水面に立ち、羽ばたいて進んでいるらしい。岩場に上がっても常に走り回っている、なかなかせわしない虫である。幼虫は岩礁に生える海藻の根際や、岩の間隙に溜まった泥土の中で見られ、海藻を食べて成長する。本属には2種が知られており、翅脈の構造で見分けるようである。しかし私はまだ同定に自信が持てないので、種名は書かずにおく。


今日は私が時間配分を間違えてしまい、最後の地点は調査できずに終わってしまったのが残念だった。それでも午前中には貴重な甲虫を見つけられたのでよしとしよう。2012年は、なかなか良いスタートを切ったと言えそうだ。本日遊んで下さった皆様、たいへんお世話になりました。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-02 23:20 | 昆虫採集・観察(海)