昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ドメスティックバイオテロ

出勤前、絶賛腐らせ中のタコマクの水替えをしたのだが、容器を密閉していたためにメタン臭が想像以上に酷く、家の中がガス室と化すという不祥事が起きた。「鼻が曲がりそう」という表現がぴったりくる感じ。ただの死体の臭いなら平気だが、この腐った卵みたいな臭いはいただけない(いただくなよ)。
あまつさえ三個あったうちのひとつはばらばらに壊れてしまっていた。やはり脆いもののようだ。臭いし標本は壊れるし、私の心も壊れそうになった。外に洗い場のある家に住みたい…。


今日の作業用BGM。衝撃?のラストまで、何度も見てしまった。


こちらも大のお気に入り。切なくなる。


志村が死んでしまって、もう聴けないのは無念としか言いようがない…。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-31 22:52 | 日常

近所のハバチ

家のすぐ前で見つけたハバチの幼虫。すごく黄色かったです(幼児並みの感想)。
体長は20ミリ程度。
ハバチ1

ぽち目が可愛い。なにハバチだろう…。
ハバチ2

今日からFlickrを始めてみた。何がなにやらよく分からないが、そのうち慣れるだろう。ついでにブログも模様替えして、より大きな写真を表示できるスキンに変更した。ブログトップの写真は奄美大島の某河口林だが、これは間に合わせで入れただけなので、そのうち差し替えるつもり。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-29 16:08

タコとマクラ

昨日の磯採集の時、亀澤さんがタコを捕まえた。
f0205097_23161954.jpg

タコは可愛い。
もう妖精と呼んでいいレベルである。

クリオネだのダンゴウオだのウミウシだの、海の妖精とか天使とか呼ばれて調子こいてる(こいてないって)海の生き物はたくさんいるが、タコの可愛さの前にはそんな連中も大したことない。これからはタコの時代である。

普段は生き物一種あたり一枚くらいしか写真を載せないのだが、タコは特別扱いしてたくさんアップすることにする。

つんつんしてみる。
「気安くさわるんじゃねぇ~!」怯えるタコ。
f0205097_23163419.jpg

何考えているか分からない目。
f0205097_23165179.jpg

潮だまりに戻したら、白っぽくなった。イカもそうだったが、瞬時に色が変わるので面白い。
f0205097_2317672.jpg

むやみにつついていると、ぐにゃぐにゃしながら凄いポーズを決めてきた。ジョジョ立ち、なんて言葉が脳裏をよぎる。立ってないけど。
f0205097_2317501.jpg

前に読んだことあるようなネタだな、と思われたかもしれないが、それは思い過ごしというものである。
※このタコは、後でスタッフが美味しくいただいて…ません。ちゃんと逃がしました。


岩礁での採集を終えてから、環境の良さそうな場所を求めてロケハンの旅に出た。最後は某漁港で、漁労屑を捨ててある場所を見つけたので漁ってみることに。海藻やいろんなものの死骸をひっくり返し、二人してハネカクシやガムシを過呼吸になるまで吸いまくった。臭い。

さて、港の漁労屑といえば、やはりコレである。
f0205097_23181157.jpg

タコノマクラ。

蛸の枕なんて、誰が呼びだしたか知らないが、なんとも素敵な名前ではないか。
腐り始めの生っぽいやつからだいぶ風化が進んだものまで、港の片隅にゴロゴロしていた。こうしてタコマクを大量に見つけたのは、実は今回が初めてだ。ハネカクシのことなど忘れてはしゃいでしまった。

完品を集めてみたら6個あったので、亀澤さんと3個ずつ山分けにして、持ち帰った。さっきいじめたタコにもプレゼントしたい。
f0205097_23182823.jpg

現在この枕たちはバケツの中で腐るに任せている。漂白が終わるまで、結構な日数がかかるだろう。真っ白のカッコイイ標本ができたら紹介します。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-25 23:24 | ビーチコーミング

岩礁の虫二題

早起きして、亀澤さんと海もの調査へ。前回は四度にわたる雨天中止という前代未聞の事態に見舞われたが、今回は天候に恵まれ、すんなり決行することができた。やはり日ごろの行いが良いせいであろう。コアな甲虫の話が一日じゅうできて楽しかった。

亀澤さんのご案内により、初めて見る良い虫に出会えたのだけれど、それはいずれ発表されるネタなのでここでは触れずにおく。
岩礁では、イソジョウカイモドキが活発に歩きまわっていた。
f0205097_2331441.jpg

これはメス。オスは立派な触角を持っていて絵になる虫だが、ウロウロとたいへん落ち着きのない野郎で、なかなか写真に撮らせてくれなかった。また次回。

ケシウミアメンボもたくさんいた(トリミング)。交尾している個体もおり、今が繁殖シーズンのようだ。この個体はお食事中で、水面に落ちた何かに吻を突き刺してちゅうちゅう吸っていた。
f0205097_2336728.jpg

黒のビロードを着込んだ美しい虫である。しかしいかんせん小さいので、遠目には黒ゴマが水面を滑走しているようにしか見えない。
こいつらは普段たくさんいるくせに、冬の間は完全に姿を消してしまう。どこでどうやって過ごしているのであろうか。気になる。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-24 23:48 | 昆虫採集・観察(海)

パコインの正体

楽しみにしていた金環日食は、ちょうどその時間に雲が厚くなったため見られずじまい。結局、「すごく大きめな部分食」を観察するにとどまった。それでも雲の中で細くなった太陽というのはなかなかの奇観で、やはり感動した。


久々にびんの紹介。
へんぺい足さんも紹介されていた、「パコイン」のびん。Made in occupied Japanとあるので、終戦直後の咳止め薬らしい。高さ135ミリ。
f0205097_16203328.jpg

六角形が三つ連なった模様と、「パコイン」のエンボスがある。細かい目盛りも切ってあり、びん下部には「5g」のエンボス。
f0205097_16204627.jpg

外箱はこんな感じ。「ネオ」というあたりに自信を感じさせる。
f0205097_16211612.jpg

f0205097_16213271.jpg

「抜咳因」でパコインと読ませるとは、なかなか強引というかなんというか…。まあ、言いたいことは伝わってくるパッケージである。

効能。
f0205097_16214742.jpg

f0205097_16215923.jpg

「…鎮咳成分アウクピン、プランタギン等ノ配糖体及…ヲ含有スル」などとあり、びんの肩にある六角形のエンボスは、配糖体の構造をイメージしたものではないだろうか。
なお、製造者は山本薬品工業株式会社で、所在は「兵庫県伊丹市伊丹」とされている。


参考:川原の一本松(へんぺい足さんのブログ)
パコイン
パコイン其の二
上記の記事によると、パコインのびんには何種類かあったようだ。私も引き続きこの製品については追及していきたい。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-21 16:46 | 昆虫以外の趣味

闘争の果てに

地表で人知れず繰り広げられる、ごく小さな、しかし壮絶な闘い。
f0205097_224467.jpg

二匹はすでにこと切れていた。じきに他のアリが曳いてゆくだろう。
(2012年5月1日、千葉県)
[PR]
by isohaetori | 2012-05-19 22:06 | 昆虫採集・観察(陸)

儚い美しさ

必要なモノや文献というのはなぜかいっぺんに発生するもので、最近は出費が激しい。今日も探していた古書をネットでみつけてぽちってしまった。残業がつかなくなって収入も減っているというのに。せめてお酒くらいは控えたいと思うが、それもなかなかうまくいかない。

昨日アップしそびれた写真を一枚。
f0205097_21522245.jpg

嫌われ者のクロゴキブリも、脱皮したての時はハッとするような美しさを備えている。か弱い透明な体は、まるで繊細なガラス細工のようだ。無垢という言葉さえ似合う、一級の芸術品と言ってよいだろう。


…などと褒めそやしておきながら言うのもなんだが、私はゴキブリが嫌いである。特にクロゴキブリは大の苦手で、一生相容れることはないと思う。しかし脱皮直後くらいは愛でてやりたいと思い、写真を撮ってみた次第。黒くなった瞬間から、こいつは敵である。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-18 21:58 | 昆虫採集・観察(陸)

今日の蜂たち

念願かなって、地元の林でウマノオバチの姿を写真に収めることができた。
f0205097_19381528.jpg

穴ぼこだらけの大きなクリの木があり、それに多数の個体が群がっているという、もう夢に出てきそうな素晴らしい光景であった。いつまでもこの環境が残されて欲しいものだ。

前回見た土場では、今日も多数のエゾオナガバチが産卵していた。
ここはという位置を見つけると、脚を踏ん張って産卵管を打ちこみ始める。
f0205097_19455852.jpg

ゆっくりと針が入っていく。何度見てもすごい技である。
f0205097_1946144.jpg

数十分後には、ここまで入った。
f0205097_19462466.jpg

周りにはライバルがうろうろ。時に小競り合いも起こる。
f0205097_19463714.jpg


いつもの茅葺屋根では、ハムシドロバチの一種がノミゾウムシ類の幼虫を狩ってくる姿が見られた。
f0205097_19501728.jpg


やはり蜂は面白い。これからも少しずつ勉強していこう。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-17 19:52 | 昆虫採集・観察(陸)

繭から出てきたものは

5月7日の記事で、近所の道端から何かの繭を採ってきたと書いた。その繭が少し前に羽化したので結果を報告したい。
その繭とはこれである。(再掲)
f0205097_22234951.jpg

最初、このもわもわ感から、脈翅類の繭ではないかと思った。しかし繭の隙間から透かして見ると、どうも甲虫の蛹のよう。その時はあえてそれ以上追及せず、出てくるのを待つことにしたが、意外にも翌日にはその正体が判明した。













それでは発表します!





















              \ やあ /
f0205097_2222335.jpg



アルファルファタコゾウムシだった…orz


……べ、別にがっかりなんてしてないんだからね!
[PR]
by isohaetori | 2012-05-16 22:34 | 昆虫採集・観察(陸)

春の虫いろいろ

春の忙しさも、ようやくピークを過ぎた。これで一息つける。
ほったらかしだったブログもちゃんと更新しようと思う。

まずは、撮ってはいたものの日の目を見ずにいた写真をいくつか。
ベニシジミの顔。(2012年5月10日)
f0205097_1953633.jpg

綱渡り。(2012年5月10日)
f0205097_195546.jpg

クロハナムグリ。(2012年5月10日)
f0205097_196852.jpg

ゴマフカミキリの顔。(2012年5月10日)
f0205097_1961965.jpg

穴を見ると、覗きこまずにはいられないナミハセイボウ。古民家の柱にて。(2012年5月1日)
f0205097_196405.jpg

日中は忙しく飛び回っていたナミハセイボウだが、夕方になると、適当な直径の穴を探し始める。触角で探り、一度上半身を入れてみて、気にいるとおもむろにお尻からもぞもぞと潜り込む。そして顔だけ出しておく。この柱には釘穴がたくさんあって、その一つひとつにセイボウがはまり込んでいた。この穴の中で夜を過ごすのであろう。
「おやすみ…」
f0205097_1965832.jpg


しかし、写真の腕をもっと磨かねばならんな…。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-15 19:11 | 昆虫採集・観察(陸)