「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

台風のなかの名月

今日は十五夜でお月さまが美しいはずだが、折悪しく台風の真っ只中。びゅうびゅうと凄い風が吹いている。

しかしこれを書いている23時過ぎ、やっと雨雲は途切れがちになり、時おり薄雲の隙間から月が顔を出すようになった。せっかくなのでわざわざ外に出て、強風にふっ飛ばされそうになりながらパチリ。ぶれるぶれる!

f0205097_2332352.jpg

例によってトリミングした写真だが、やはりまん丸お月さまは良いものだ。


風といえば…私の好きなうたを一曲。
風はびゅうびゅう。

[PR]
by isohaetori | 2012-09-30 23:29 | 日常 | Comments(2)

今日の漂着種子たち

今日は千葉県南部の海岸へ。いつもの調査が早めに終わり、南からの寄りものが増えているという情報を尚さんから頂いていたこともあって、久々に拾いものに専念することにした。結果、見かけたのはこんなものたち。

長旅をしてきたらしく、エボシガイだらけのココヤシ。
f0205097_22421112.jpg


外皮のしっかり残った、ピカピカのゴバンノアシ。コルク質が露出したボロのやつはよく見かけるが、これほどきれいなものはあまり多くない。
f0205097_22422568.jpg


アダン。
f0205097_22424433.jpg


モモタマナ。
f0205097_22432263.jpg


シナアブラギリ。これは腐るほどあった。本当に腐っているのも多かった。
f0205097_22433875.jpg


ミフクラギ。
f0205097_22435430.jpg


ハマナタマメ。他に、ナガミハマナタメと思われる小型のものもあった。
f0205097_2244755.jpg


シロツブ。これは嬉しい。琉球には稀に自生しているらしいが少ないようだ(ハスノミカズラは結構あるらしい…JK君よろしく!)。
f0205097_22442316.jpg


うれしいマメその2、ワニグチモダマ。無地のタイプ。関東の海ではたまにしか拾えない、なかなか貴重な海豆。
f0205097_22444185.jpg


しかし、海豆の王様モダマは姿を見せてくれなかった。残念!


ともあれ、他にもハスノハギリ、ソテツ、マンゴスチンなどなど、軽く2時間ほど流しただけにしては色々なものを見られて、実に楽しい浜歩きだった。しかし、持ち帰ったのはこれだけ。
f0205097_2245185.jpg

だってヤシもゴバンノアシも嵩張るから…。



番外。実は、一番嬉しかったのはこれだったりする。直径8センチほどの、ガラスの漂着種子。
f0205097_22451799.jpg

これを庭に植えておくと芽が出て、あっという間にどんどん伸びて、ピカピカのガラス浮子をたくさん実らせるようになる…といいなあ。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-26 22:53 | ビーチコーミング | Comments(5)

可愛いトビナナフシさん

昨日の採集で出会った虫、ニホントビナナフシ。

IMG_7238

なんとも言えないユーモラスな顔。

IMG_7220


ナナフシの類は擬態の名手としてつとに有名だが、素晴らしい彫刻を施した卵を産むことでも知られている。一見何かのタネのように見える卵の造形は種によって異なり、親虫の推定にも使えるほどである。私はこういう細かいものが大好きなので、未所持だったトビナナフシの卵を得ようと、この個体を連れて帰った。餌はコナラの葉で、もう入れたそばからもりもりと食べる。ナナフシが無心に葉っぱをむしゃむしゃやっている様子は可愛らしく、見ていて飽きない。草食動物の魅力である。

で、今日飼育箱をみてみると、既に卵を5,6個産み落としていた。もう1シーズン早かったら、あの企画に間に合わせることができたのだが…。ちょっと遅かった。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-25 22:53 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

草むらの未確認飛行物体

草むらにしゃがんでハチの写真を撮っていると、3ミリほどの何かが目の前でホバリングしているのに気付いた。全力で凝視しても何なのか分からず、やみくもにシャッターを切ると、こんなものが写った。

IMG_7319

拡大。

IMG_7319-2

アタマアブの一種のペアであった。羽ばたきを止めたメスがぶら下げられている。そうか、こいつはあんなふよふよした飛び方をするのか。
カメラの設定をいじる暇がなかったので、手元に残ったのはひどい証拠写真のみ。


アタマアブ科のラテン名、「Pipunculidae」で画像検索すると、へんなルックスのハエがたくさん出てくるのでおすすめ。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-24 18:18 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(3)

泣けるPV

キセルの名曲、「ベガ」のPV。泣ける…。



エーン ゚・(ノД`;)・゚・  ←今月二度目
[PR]
by isohaetori | 2012-09-19 22:29 | 雑話 | Comments(0)

ムネアカセンチコガネ

通勤途中にある信金の前には、時々ムネアカセンチコガネが落ちている。向かいの公園の芝地で発生したものが、夜間金庫の灯りに惹かれてやってきて、ひっくり返ったままになって朝を迎えてしまうらしい。そういうのはたいてい目ざとい鳥が食べてしまうが、時には私のような虫好きの目に留まることもある。

これはオス。頭部には申し訳程度の角が生えている。触角の球桿部が目立つ。

IMG_7159


腹面は発達した長毛で密に覆われる(お腹はもふもふ、のお堅い表現)。

IMG_7105


まん丸い体つきをした、愛敬たっぷりのコガネムシである。

ところで、この虫は灯火や草地の穴掘りなどで成虫を採集することができるが、その幼虫期など、詳しい生態については不明な点が多い。というか、全然解明されていないと思う。センチコガネと名前に付いてはいても、別に動物の糞を食べるわけでもない。地中の菌類でも食べているのだろうか(ただの推測)。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-14 18:55 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(9)

泣けるCM

生き物ブログもたまには脱線。余話です。


九州新幹線が開通したときのCM。
これを見るとわけのわからない感動で胸がいっぱいになり、もう、ぼろぼろ泣いてしまう。



この不思議な気持ち…なんと説明したものか。
エーン ゚・(ノД`;)・゚・
[PR]
by isohaetori | 2012-09-11 23:32 | 雑話 | Comments(0)

骨を拾う

ススキの葉に、エビイロカメムシがついていた。(2012年9月7日、千葉県)

IMG_6447

ちょっと葉を揺すったくらいでは動じない、おっとり系のカメムシ。



すぐそばの地面には、こんなものも落ちていた。

IMG_6452



( *´ސު`*)



ニホンジカの頭骨。角が切られているが、大喜びで拾って帰ったことは言うまでもない。
こうして部屋に怪しいものが増えていくのだ。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-11 20:06 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(4)

砂色のバッタ

カメラをデジタル一眼に替えてからというもの、パソコンのDドライブがものすごい勢いで埋まっていく。これ以上写真をパソコン内部に保存するのは無理と判断し、外付けハードディスクを買いに走った。2TBで一万円弱。安くなったものである。既にバックアップ用に使っている一台と併せ、これで二重の保険をかけることにした。
しかし、それで安心できるかというとそんなことはなく、聞くだに恐ろしいようなトラブルの話はいくらでもある。この手の機器には「ハズレ」の個体がけっこう存在し、特別ハズレでなくとも唐突に壊れることがあり、まったく信用ならない。近いうちにDVDにもデータを焼いておこうかと思う。



先日に引き続き、砂色の直翅を。ヤマトマダラバッタ。
こちらはオス。

IMG_6914


メス。オスよりも少し大柄。

IMG_6935

いずれも2012年9月7日、千葉県にて撮影。

このバッタはこれまでに何度か紹介したことがある。
若虫:http://isohaetori.exblog.jp/16207250/
成虫:http://isohaetori.exblog.jp/16409314/
過去に撮ったものはどれも暑そうにしているが、今回のは夕方だったためか、ちゃんと砂の上にいてくれた。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-10 19:49 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

ツチスガリの帰巣

平地のツチスガリは初夏に現れ、わりと早くに姿を消す印象があるが、昨日訪れたお寺ではその限りではないらしい。比較的標高が高いからなのか、晩夏の頃まで、あの頭でっかちの愛らしい姿を見ることができるのだ。

「ただいまー」

IMG_6599[1]


着地。

IMG_6603[1]


しかし、さすがに九月にも入ればその数を減らし、この境内全体でも片手で数えられるくらいしか生き残っていない。その生き残りもすでに散漫な動きで、ちょこっと穴を掘ってはやめてみたり、ただ所在なげにふらふらしていたりと、残りいくばくかの寿命を消化しているだけのように見えた。
ハナダカバチにしてもここのツチスガリにしても、愛着が強くなりすぎて、もう採集する気になどなれない。ただその暮らしぶりを眺めて、少し写真を撮れればそれで満足である。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-08 22:32 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)