昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぷりっ (写真供養2)

前回上げた写真と同日に撮影した、砂浜のクルマバッタモドキ。微妙な緑色型。こういう大型のバッタはメカメカしくて良い。

IMG_7806

脱糞直後という恥ずかしい場面をネットに晒してしまい、バッタには悪いことをした。バッタさんごめん。

バッタ 「///」
[PR]
by isohaetori | 2012-12-08 23:49 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

黄昏どきの虫(写真供養1)

ここひと月ほど、すっかりブログを放置してしまった。先日の学会では、「いつもチェックしていますよ」という声を何人かから頂戴し、こんなブログでも読んでくださっている方が意外にいることに驚くとともに、最近は全然書いていなかったことを申し訳なく思った。すみません。これからはぼちぼち更新していきます。


まずはアップしそびれていた写真を何枚か。このまま埋もれさせるのはなんとなく勿体なく、写真の出来如何はともかくとして、一応日の目を見せてやりたいと思うからだ。
これらは10月9日、千葉県の海岸で撮影したもの。浜はもう黄昏で、陽の光が好きな虫たちは物陰に隠れ始め、夜の虫が少しずつ現れ始める、そんな時。黄金いろの光に満ちた夕刻の海岸はよいものだ。

シバミノガの蓑。恥ずかしながらそれまで私はこの虫を知らず、この日同行していた川島さんに教わって初めて目に入るようになったものだ。その気になって探せば、なるほど、確かにそこかしこにぶら下がっている。イネ科の下草が好きなようで、つんつんした特徴的な蓑が可愛らしい。
IMG_8124


ショウリョウバッタモドキ。こちらの気配を察して、常に草の向こう側へ回り込もうとするシャイな虫。
IMG_8137


マツムシ。鳴く虫は数あれど、マツムシほど格調高い声の持ち主はいないだろう(完全な独断)。以前独り暮らしをしていたアパートの周辺には本種がたくさんいて、帰宅途中にはずっとチンチロリンの声を聴くことができて幸せだったことを思い出す。
IMG_8189
※不自然な姿勢なのは、ガサガサやって下草から追い出して、適当なところにとまったものを撮影したから。来年はもっとちゃんとした姿を撮りたいものだ。


夕陽を浴びるナガコガネグモ。金色がさらに際立ち、美しい。
IMG_8134


耳を澄ますとハマスズの声が聴こえる、素敵な海岸であった。

写真供養シリーズは、あと数回やります。(一回で終わるかも)
[PR]
by isohaetori | 2012-12-06 18:46 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

甲虫学会二日目

昨夜はホテルの部屋が暑かったのと枕が変わったのとで,6時間くらいしか熟睡できなかった(←充分だろ).
今日は一般講演.朝から甲虫の話にどっぷりで,幸せな一日である.個人的には,簑島さんらによるクロシオガムシの発表が圧巻でたいへん印象に残った.ものすごくかっこいい研究.

夕方からはハネカクシ談話会の小集会だったので,私は今やっているイソハネについて,僭越ながら発表させていただいた.出来が良いとはとても言えない内容だったが,言いたかったことはだいたい言えたと思う.少しでもいいから,「おおっ」と思ってもらえたらうれしい.未記載種については,案の定ジョンさんが気にしていた様子だった.お隣に情報が流れすぎないかがちょっと心配ではある(内部事情をご存じの方は秘密にしておいていただけますと助かります).

亀澤さんの発表.湿地に棲むかなり「良い」ヒゲブトで,近々公表されるとのこと.附節がヘンテコ。私も採ってみたい!(ミーハー).
f0205097_22412048.jpg


ハネ小集会が終わり,甲虫学会も閉幕.島田さんの車に便乗させてもらい,野村先生,亀澤さんとともに豊橋駅へ.楽しかった二日間はあっという間だった.学会でしかお会いできない人は多いので,特に所属があるわけでもない身としては,こういう場は何物にも代えがたい貴重な機会である.次の大会は私の母校である農大とのことなので,なんとかして来年も参加したい.


これからいつもの日常へ戻るが,ハネカクシ関係の作業が終わったわけではない.それどころか,これからが本当に大変である.早くまっとうな分類学徒になれるよう頑張ろう.

最後になりましたが,学会関係者の皆様,たいへんお疲れ様でした.特に長谷川さんをはじめ,ホストである豊橋自然史博物館の方々は大変なご苦労をされたことと思います.そして学会期間中,いそはえとりにお付き合いくださり,貴重なアドバイスやお話をしてくださった多くの方々に,心よりお礼申し上げます.まことにありがとうございました.
[PR]
by isohaetori | 2012-12-02 23:55 | 日常 | Comments(2)

甲虫学会一日目

今日から豊橋で甲虫学会.私は田舎もんなので,新幹線に乗れるというだけでうれしい.9:30に博物館に入り,同定会場で挨拶して回る.ずっとお会いしたかった多くの方々とお話しでき,これだけでも来た甲斐があった.気になっていたハネカクシは,伊藤さんにお願いした.渡邊先生もお元気そうで安心した.

シンポジウムは,甲虫学会史上初と思われる巨大なスクリーンで行われた.投影画面が大きすぎるので,前の方に座ると見るのが大変.後ろの席に陣取るのがよい.

大平先生がご挨拶された.
f0205097_22174930.jpg


大原さんはエンマムシ,イワハマムシ,ガムシに関する講演をされたので,このへんの虫が大好きな私はもうかぶりつきで聴いた.イワハマムシは実に面白い研究対象だと思う。このへんの海にいないのが残念だ.
個人的に気になっていたのが、JeonさんによるCafiusの系統に関する講演.今まで論文で名前を見ていただけで,てっきりおじさんだと勝手に思っていたのだが,ご本人は若い女性の方(めがねっ子)だったのでびっくりした.英語だったがちゃんと聞き取れたのでよかった.大原さんの同時通訳もあって助かった.
f0205097_22193553.jpg


山本君は、先日出版されたばかりのアレオカラに関する講演をした.分類の話が中心だが,一般の人にもわかりやすいように配慮されていた.また,こういう研究の重要性を,よその畑の人にもわかってもらうための工夫が端々に垣間見られて参考になった.

…と,写真をアップしようとしたら,驚いたことに山本君のは全然撮っていなかった! 聴くことに気を取られすぎていたためらしい…
沢田さんはヒョウタンゾウの話.トビイロとスナムグリを取り上げており,同所的に二種がいる浜の場合,両種の交尾器の差がよそより大きくなるというのは面白い.交雑を防ぐためか.東北の海岸の現状が気になる.


懇親会は立派なホテルで行われた.ここでも多くの方とお話しする機会があって楽しかった.学会の醍醐味だろう.
二次会は近くの妙な間取りのつくね焼き屋.チビゴミの北山さん,亀澤さん,ハンミョウの橋村さん,島田さん,福富さん,山本君,そして私の7名.コアな虫のネタから、あえて内容は記さないが,ブラックな話題などで大いに盛り上がった(島田さんと飲むとだいたいこの展開になる...と言えばわかるだろうか).虫屋同士の話は尽きることがなく,やっぱりこういう飲み会が最高に楽しい.
写真は会計をしている様子.
f0205097_2227933.jpg


私は普段海もののハネカクシばかりいじっているので,こういうところで一般的な虫の話を聞くと,山で普通の採集がしたくてたまらなくなってくる.ああ枯れ木を叩いたりキノコを探したり樹皮を剥がしたり落ち葉を篩ったり花や樹を掬ったりいろいろしたい!

12時頃,この二次会は解散.朝から晩まで,とにかく熱い一日だった.素泊まりの安宿に転がりこみ,明日の発表の練習を少しして就寝.
[PR]
by isohaetori | 2012-12-01 23:55 | 日常 | Comments(0)