「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハムシドロバチの獲物

今日は休み。最近は仕事が忙しくなってきて、いくら寝ても寝足りない感じ。しかし休みにずっと寝ていると逆に疲れてしまうので、あまり寝てもいられない。適当な時間で無理やり起きて作業をしていた。

ここ数日で、飼っていた虫が相次いで死んでしまった。以前JK君に送ってもらったクロカタゾウムシは、先週中ごろに「ニーニョ」(♂)が、一昨日に「ニーニャ」(♀)が、相次いで亡くなった。悲しい。
うちに来たのが2011年の10月だから、一年半以上は生きたことになるが、さすがに寿命だったのだろうか。可愛いし飼育は楽だし長生きだし、おかげでずっと楽しませてもらった。ありがとう。
また、以前職場で捕まえた外来ヤスデのヤンバルトサカヤスデも死んでしまった。なむなむ。というわけで、今飼っているのはクワコ幼虫の「ひかり」と「こだま」のみとなった。


先日の野外で撮った写真をアップ。ハムシドロバチの一種が、ノミゾウの幼虫を運んでいた。この個体はお尻の方を咥えているが、首根っこをの方を保持してくるやつも多くいるので、運ぶ時の幼虫の向きには特にこだわらないらしい。

IMG_9746

ぎゅうぎゅう押し込む。

IMG_9779

ぎゅうぎゅう。

IMG_9782

毎年似たような写真ばっかり出しているが、個人的に好きな虫なので大目に見てやってください。
[PR]
by isohaetori | 2013-04-30 23:41 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(5)

小さなハネカクシ

ここしばらくの間、休日のたびに引きこもって、ハネカクシの解剖や観察、スケッチなどに明け暮れていた。自分の不器用さと絵の拙さに絶望的な気分を何度も味わったが、なんとか作図の作業が一段落し、図版組みの作業にまで辿りついた。まだ全然終わっていない記載文にもたいへん苦労しそうだが、これらはずっとやりたかった仕事なので辛くはない。これからもめげずに取り組みたい。


今日は気晴らしとして、久々に野外へ出ることにした。すっかり季節が進んでいて、一部の早春の虫はもういなくなっているほどであった。しかし、ハムシドロバチの狩りやセイボウたちの群れは今年も目にすることができた。たくさんのホソセイボウに混ざってリンネもいた。ビロードツリアブはふわふわと飛ぶ合間に、地面でお尻をもじもじさせて砂を取り込んでいた。クロナガアリの巣では結婚飛行が行われるところで、女王と王アリが続々と巣穴から飛び立っていた。その他にも様々な虫をのんびりと眺め、心和む時を過ごした。ぽかぽかとした日差しも心地よい。やはり生き物屋は野外に身を置いている時が一番幸せなのだ。

ハチを見たあとは、少しだけ朽木を起こして遊んだ。小さなハネカクシが歩いていたので撮影。Edaphusの一種だと思う。体長1.2ミリほど。

edaphus

このハネカクシは学部生の時に初めて見つけ、これはきっと原始的なアリヅカムシだ、すごい珍品に違いない! と思って勇んで研究室に持ち帰ったが、しもべ先輩に「ああEdaphusね、これよく採れるんだよね」と即座に言われてがっかりした思い出深い虫である。
こんな小さい虫でもちゃんと研究している人はいるもので、南西諸島のものを中心に、最近たくさんの種が記載された(Puthz, 2010)。このサイズの虫を余裕で解剖できるなんてどうかしてるよ…。その器用さが欲しいと、3ミリ弱の虫にすら手こずっている私は思う。

今日見た他の虫については、また余裕ができたら紹介します。
[PR]
by isohaetori | 2013-04-25 22:58 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)