昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

よいお年を

目が回るほど忙しい日々がやっと終わった。脱力。年末の数日間は一年で最も忙しい時期だというのに、あろうことかそのさなかに熱を出してしまい、ゾンビ状態で働かねばならなかったのは大変つらかった。絶対休めない時期に病気になどなるものではない。アバー…。

今年ももうすぐ終わり。職場では色々あって疲れた一年だったが(本当にめちゃくちゃな企業だと痛感した)、なんとか腐らず前向きに乗り切った。よかった。自分を騙しているだけという説もある。


趣味の面から今年を振り返ってみると…

・私の怠慢と力不足によりかなり時間がかかってしまったが、イソハネカクシの仕事は終わりが見えてきた感じ(とはいえ、いまだに現在進行形で丸山さんの手を煩わせている…)。論文書きは当然として、初めてやった学会発表もたいへん勉強になった。本当にやってよかった。

・ガラスびんや趣味の虫集めは完全に止まっている。最近はハネカクシ以外、全然標本に触っていない。来年余裕ができたら再開したい。

・つねきばちに短報がひとつ載った。これで2013年が「なにも出なかった年」になるのは避けられた。そのうち紹介します。

・趣味の本は買うばかりでほぼ積ん読状態。生物学や民俗学の本は溜まる一方。今年ちゃんと読んだのはニンジャスレイヤーくらい。それってどうなの。

・転勤3年目にしてだいぶ同僚らと仲良くなり、飲み友達が何人かできた。人見知りで非社交的で友人の少ない私にとって、これは大きな進歩。(←こういう考え方がそもそも暗い)


さて、今年も当ブログをご愛顧くださったみなさま、ありがとうございました。本当にさぼってばかりになってすみません。
それではみなさま、よいお年を!
[PR]
by isohaetori | 2013-12-31 23:43 | 日常 | Comments(0)

名前をつける

マルハナバチ図鑑のチラシを見て、著者の高見澤今朝雄さんという名前に思い当たるところがあり、調べてみるとやはりタカミザワ彗星の高見澤さんだった。小さい頃に読んでいた天文の本に、日本人のアマチュア天文家が新彗星発見!と、大きく扱われていたのが記憶に残っている。彗星に名前が付くなんてカッコいいなあと子供心に憧れを抱いたものだ。星にしても虫にしても、新発見をしてそれに名前がつくというのは、子供にとって何か特別な印象を与えるものなのである。

思えば小学生のころの私は、虫や車だけでなく星も大好きな子供だった。必死でお小遣いを貯めて小さな天体望遠鏡まで買ったほどだ。しかしそれは子供でも買える程度のものゆえ非常に扱いづらく、すぐに使わなくなってしまった。今となっては星座の名前などすっかり忘れてしまっている。要するに飽きっぽい子供だったのだろう。


星には飽きてしまったけれど、虫への興味は続いており、これは生涯の趣味となりそうである。そして今は嬉しいことに、自分で虫に名前をつけるという長年の憧れが実現しつつある。丸山さんと共著でやっているイソハネカクシの記載である(先月の甲虫学会大会で発表したネタ)。
これはそもそも丸山さんが大分県産の数種を単著で書くはずの仕事だったのだが、三浦半島で採れた同属の未記載種をもって横入りしてきた私に、せっかくだから大分のもまとめて共著で発表しましょうと言ってくださり、しかも第一著者の座も譲ってくださったのだった。やりますやります!などと私が食いついたからなのだが、後で冷静になってみると、丸山さんがやった方が絶対いいのに、私なんかに書かせて本当に大丈夫なんだろうか…などと心配になってしまった。申し訳なく思うとともに、こういう機会を与えて頂いたことにとても感謝している。


というわけで、ここしばらくはその原稿にかかりきりだった。慣れない絵描きや記載文には四苦八苦した。一度草稿を送ったら真っ赤になって返ってきて、私は逆に青くなった。結局締切ぎりぎりになって何度も丸山さんの手を煩わせてしまい、今回ほど自分のダメっぷりを痛感したことはない(ホントにすみません…)。

ともあれ、その原稿もほぼOKを頂いたので、順調にいけば来春発行のEsakiaに掲載される予定。最終的には神奈川から1種、大分から3種、高知から1種の新種が確認されたのだが、いずれも各地で甲虫を研究されている多くの方々のご協力あってのものである。ありがとうございます! 今回の仕事を通じて、分類の研究って面白いんだなあとしみじみ感じたので、自分の実力不足は顧みず、今後も海ハネの調査は進めていきたいと思う。
[PR]
by isohaetori | 2013-12-24 23:55 | 本・論文 | Comments(3)