昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

日本産イソハネカクシ属の5新種

お知らせが遅くなってしまいましたが、イソハネカクシの記載論文が出ました。

Ono, H. & Maruyama, M., 2014. Five new species of the intertidal genus Halorhadinus Sawada (Coleoptera, Staphylinidae, Aleocharinae) from Japan. Esakia, (54): 41-50.
PDFはこちら。


これまで3種が知られていたイソハネカクシ属だが、今回5種を新たに記載し、計8種となった。本属の種はいずれも潮間帯の砂礫中に生息しており、波打ち際を掘ることで採集される。四万十川の河口付近で得られたアシナガイソハネカクシH. miyataorumだけはトラックトラップに入ったもので、本来の生息環境は未確認。おそらく付近の水際を掘ることで見つかるだろう。
驚いたことに大分の海岸では4種が同所的に生息しており、小型の種は砂礫の細かいところに、大型の種はやや粒の粗いところに、といったように、空間の大きさによって棲み分けている可能性が示唆された。

今回記載した5種には、いずれも発見に携わった方々に献名させて頂くことにし、それぞれH. kawashimai, H. miyataorum, H. miyakei, H. masakazui, H. satoiという学名をつけた。和名については、中二感溢れるカッコいい名前にしようかとも一瞬考えたが、結局良いものを思いつかず、その種の特徴を表す言葉を頭に付けたものとした(ツヤケシ、アシナガ、ヒメ、ウスチャ、アメイロ)。しかし、虫の名前を自分で考えるなんて夢のようで、実に楽しかった。


今回の仕事では多くの虫屋さんや研究者の方々にお世話になりました。この場を借りて厚くお礼申しあげます。特に辛抱強く私の原稿を直してくださった丸山さんには感謝の言葉もありません。
次のテーマも海岸性のハネカクシに決まりました。引き続き頑張ります。
[PR]
# by isohaetori | 2014-04-11 23:32 | 本・論文

内房の海、重油流出後の現状

今月18日、三浦半島沖で貨物船同士が衝突した。

浦賀水道で貨物船どうしが衝突 1隻が沈没

沈没したパナマ船籍の貨物船からは現在も重油の流出が続いており、千葉、神奈川両県の漁業に深刻な影響が出ている。

「今年の収穫もう駄目」 油漂着に漁師らため息 貨物船衝突事故 富津

三浦市にも油漂着、貨物船衝突で流出

ツイッターでも情報が入ってきていたので、ずっと気になっていた。今日は休みで調査の予定を入れていたこともあり、まずは館山へ行ってみることに。



館山市の海岸に到着してほどなく、点々と落ちている重油の塊が目についた。しかもかなりの量で、着いて早々に気が滅入ってくる。

さらに気になったのは、砂浜に大量漂着しているこの生物であった。

f0205097_21472648.jpg


f0205097_21474278.jpg


f0205097_21475515.jpg


たぶんユムシだと思う。みな新鮮な個体で、生きて動いているものが殆どだった。波打ち際に沿って大雑把に10メートルほどの距離を測り、その範囲内で個体数を調べてみると、そこだけで213匹を数えた。浜全体ではどれだけの数が上がっているのだろう。これが今回の油と関係があるのかどうかは分からないが、とにかく異様な光景だった。


この浜は内湾に面しているので、漂着した油は避けて歩ける程度だったが、そこから少し南へ移動してみると、状況はさらにひどくなってきた。浜を歩いていると、長靴の底にべったりと重油がこびりついてくる。漂着物にも重油が付着しているものが多く、拾いあげる手が茶色く汚れることもしばしばだった。南端の館山ですらこんな状況なのだから、沈没現場付近は考えてみるまでもない。

f0205097_2148165.jpg



その後、富津へ移動する。
現場を見るのが怖かった。何度も足を運んだあの浜が酷いことになっているのは分かりきっている。しかし、実際に訪れてみて目の当たりにしたのは、想像以上に悲惨な光景だった。

f0205097_21484345.jpg


f0205097_2149080.jpg


f0205097_21493236.jpg


f0205097_2149587.jpg


f0205097_21511336.jpg


f0205097_21512750.jpg


地元の方々の苦しみはいかばかりか。
ただ海や海の生き物が好きというだけで、地元の人間でもない私は、ここで語るべき言葉が見つからない。何も言えない。作業着姿の人たちが黙々と油の除去作業をされている姿に、ただただ頭の下がる思いだった。
漁業への影響は言うまでもなく、この事故が沿岸の生物相に与えた影響がどれほどのものか想像もつかない。回復にはどれだけの年月がかかるのだろうか。

正直なところ、見るのも辛いこんな光景からは目を逸らしたい。しかし、現場の状況を少しでも多くの人に伝えることに、多少なりとも意味はあるだろうと思い、記事にしてみた。この地域での海岸性昆虫のサンプリングは今後も続ける予定。
[PR]
# by isohaetori | 2014-03-24 22:02

眠い鳩

ひと月ほど前に撮影した、公園の鳩。
日だまりで眠そうにしていた…というか、寝ていた。

R0018167

お彼岸や増税直前の駆け込み需要のおかげで、職場は時ならぬ繁忙期を迎えている。仕事に追いまくられている感じが大変よろしくない。
今は写真の鳩のような気持ち。
[PR]
# by isohaetori | 2014-03-22 21:13 | 日常

全力で休みました

f0205097_22541512.jpg今日は休み。気がつけば昨夜から11時間以上寝ていた…寝すぎ。

数日前から両足首が痛くて歩くのが億劫なので、一日安静にしていた。ボルタレンという湿布を使っているのだが、これはまあまあ効いている気がする。あと数日で治ればよいが。


道路の雪はあらかた溶けたが、人が手をつけていない場所にはまだまだ残っている。千葉県とは思えない光景だ。

そういえば就職活動をしていた時に、ホクレンの説明会に行ったことがある。勤務地は確か帯広だか釧路だったか…ともあれ、雪に埋もれるような北国での生活の実態を聞くにつけ、そんな過酷な場所では生活できんと思い早々に諦めた。根性のない私ならば、引っ越して早々に凍死するであろう。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-12 23:55 | 日常

振り出しに戻る

朝起きると、また雪が降り積もっていた! なんじゃこりゃー。
これは完全に想定外の天気で、慌てて会社へ向かう。そしてまた同じ作業の繰り返し。雪は結局昼過ぎまで降ってかなり積もったのだが、これは千葉県の一部だけだった模様である。なんたる仕打ち。予定していた同僚の送別会も延期になってしまった。

車のバッテリーは帰り際に同僚が交換してくれて、無事復活。数日ぶりに車で帰宅した。バッテリー交換が思いのほか簡単ということを知ったのは収穫だった。次は自分でやろう。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-11 23:55 | 日常

やっちまったー!

敷地が広いため、職場の雪かきはまったく終わりが見えない。朝から晩までひたすら作業。さすがに参ってきた。雪国の人はこれ以上のことが日常になっているのかと思うと尊敬の念を抱いてしまう。

幹線道路の雪はさすがに溶けかかっていたので、今日こそ車で帰ろうとしたところ、バッテリーが上がっていて動かないことが判明。どうやら数日前から車内灯をつけっぱなしにしていたらしい…間抜けー。
ここで完全にやる気をなくしたので、再びとぼとぼと歩き、今日もバスと電車を乗り継いで帰った。今日のバスは普通の走り方だったので安心した。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-10 23:55 | 日常

コワイ!(雪が)

雪は止んだが、市内のバスは朝から運休で、当然ながらタクシーもつかまらない。いつも使っている電車も止まっていたので、最寄りのJRの駅まで歩いた。たかだか6kmほどの距離だが、雪がどっさり積もっているので二時間近くかかってしまった。クモガタガガンボやセッケイカワゲラでも歩いていればやる気が出るのに。

駅に着いてみると、幸い総武線は動き出していたので、さらに千葉からモノレールを乗り継ぎ出勤。職場ではさまざまな設備が壊れたり潰れたりして収拾がつかない状態だった。一瞬茫然としたが、ただ立ちつくしているわけにもいかず、昨日に引き続き復旧作業に一日を費やした。

帰りはまた電車とバスを使ったが、幹線道路にも大量の雪が残っており、バスがセガラリーみたいな動きをして走るのでスリリングだった。いくらチェーンを巻いていても、自分では絶対に運転したくないレベル。コワイ!
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-09 23:55 | 日常

雪国?

予報は的中し、一日じゅうもさもさと雪が降り続き、まるで雪国のような光景が現出した。ひたすら雪かきをしたが追いつかない。千葉県ってこんな場所だったっけ。

一日が終わって帰ろうとするも、当然交通機関は乱れまくっており往生した。辛うじて動いている電車とバスを乗り継ぎ、4時間ほどかけて帰宅。土曜日で通勤者が少なかったのが救いだったと思う。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-08 23:55 | 日常

車中泊準備

大雪の予報が出ている。二十年に一度だかのレベルとのことで、職場ではその対策に追われた。問題は明日の通勤手段で、私の車にはなんの装備もない。困った。翌朝未明には降りだすと聞き、早めに職場へ行って待機することにした。半分車中泊みたいなものなので、使うかどうかはわからないが、一応寝袋も積み込んだ。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-07 23:55 | 日常

引きこもりの一日

休日。一日引きこもって作業や考え事をしていた。

キシダイアの最新号が届いた。海岸に棲むザトウムシについて写真付きで報告があり、いつも河口のヨシ原などで見かけるザトウはこいつだったのかと納得。海岸では昆虫の採集が最優先なので、大きなアルコールびんに入れなければならないザトウムシは後回しにしがちだが、これからは何でも見て採っておこうと思う。

また、コモリグモの卵のうから出たヒメバチに関する報告も気になった。トガリヒメバチ亜科のTrychosis属とのことで、クモの卵のうから出るヒメバチは他にも何種かいるらしい。前号では無翅のゲリスが出た報告もあり、寄生蜂の「魔の手」はあらゆるところに及んでいるようだ。しかしコモリグモはその名の通り、卵のうを大切に肌身離さず持ち歩いているのに、ヒメバチは母グモのどんな隙を突いて産卵するのだろう。やはり蝶のように舞い、寄生蜂のように刺すのであろうか。

午後には標本のチェックが終わったので、校正を返送した。海福さん用の標本もほぼ準備でき、週末の納品には間に合いそう。
[PR]
# by isohaetori | 2014-02-06 23:55 | クモ・多足類