昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:その他の虫 ( 17 ) タグの人気記事

オオウスバカゲロウ(4)

オオウスバカゲロウの幼虫は、過去に何度か飼育を試みたものの、その度に失敗してなかなか成虫まで育て上げることができなかった。たいてい冬越しがうまくいかないのだった。
この幼虫写真は昨年の7月に撮ったものだが(おかげで白バック撮影が下手)、残念ながらこの個体も冬を越せなかった。頑健そのものといった印象のアリジゴクすら育てられないなんて…と、己の飼育下手っぷりにはほとほと呆れるばかりである。

20130708


しかし、今年はなんとか一匹羽化させることができた。とはいえ長期の飼育ではなく、7月中旬に採集した終齢幼虫がしばらくして繭を紡ぎ、つい先日羽化した、というだけのことである。だからちゃんと育てたというにはほど遠い。それでも、飼育ケースの中に巨大なウスバカゲロウが突如として出現した時には嬉しかった。

oousuba


脈翅類はこの眼も素敵である。闇夜でも獲物を精確に捉える高感度な器官。

oousuba2


猫も杓子も白バックという時代になり、撮影する側としてはやや飽き始めているのだけれど、虫の全体像を鮮明に伝えるのに適した方法であるには違いない。こだわればなかなか難しい手法であるし、極めるまでにはまだ時間がかかりそうなので、今後も修行を続けていきたい。


過去記事:
茶碗むし(オオウスバカゲロウ)
オオウスバカゲロウ(2)
オオウスバカゲロウ(3)
[PR]
by isohaetori | 2014-08-28 19:40 | 飼育 | Comments(4)

オオウスバカゲロウ(3)

先日、珍しく夕方のうちに仕事が終わったので、疲れをおして目星をつけていた海岸に向かった。憧れ続けていたあの虫を見るためである。
ヘッドランプをつけて砂浜を歩き回ること数十分、灯りを反射してキラリと光る眼を手がかりに、ついにその姿を見ることができた。

IMG_5070

オオウスバカゲロウ Heoclisis japonica、2014年8月20日、千葉県

柔らかな銀毛に覆われた体は、想像以上に大きかった。長年の思い入れも手伝って、なにか神々しい気配さえ感じられた。

IMG_5168

この夜は羽化ラッシュだったようで、下草のあちこちに新成虫がぶら下がっていた。できれば翅を伸ばす過程を見たかったのだが、現場に着いた時間が遅かったためか、見つかる虫はどれも翅を伸ばし切っており、体が固まるのを待っている状態だった。それでも、繊細なレースのような翅は、写真を撮るのを忘れて見とれるほど美しかった。


東北地方出身の友人が、故郷ではウスバカゲロウのことを「神様トンボ」と呼んでいたと教えてくれた。夜になるとどこからともなく現れ、ふわふわと儚げに飛び回るこの類に相応しい名前だと思う。


過去記事:
茶碗むし(オオウスバカゲロウ)
オオウスバカゲロウ(2)
[PR]
by isohaetori | 2014-08-26 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

江ノ島のエノシマエンシス健在 (コイソカニムシ)

先日江ノ島を歩いたとき、ちょっと気にして探していた生き物がコイソカニムシNipponogarypus enoshimaensisである。本種は江ノ島を基産地として、森川(1955)により新属新種として記載された。これは原記載の図。
f0205097_16494237.jpg


現物はこんな虫である。驚かすとピコピコと後ずさるような動きをみせる。体長は2ミリメートルほど。

koiso

江ノ島といえばこの虫…というイメージがあったので、安否を確認するつもりで探してみたのだった。結果、乾燥した岩場の隅で一頭確認(というか、一頭見つけたところで満足したので探索はやめてしまった)。コイソカニムシが好むのはこんな場所である。

R0018791

潮のかからない、かなり乾燥した岩場を好むようである。こんな環境で何を食っているのだろうと思うが、トビムシやダニなど、何がしかの餌は見つかるのだろう。地味極まりない虫ではあるが、江ノ島の名を背負うこの生き物が、いつまでも繁栄してくれれば良いと思う。



そういえば、三浦半島の調査の際にも本種に出会ったことがあった。参照→http://isohaetori.exblog.jp/18325007/
[PR]
by isohaetori | 2014-07-10 16:56 | クモ・多足類 | Comments(0)

可愛いトビナナフシさん

昨日の採集で出会った虫、ニホントビナナフシ。

IMG_7238

なんとも言えないユーモラスな顔。

IMG_7220


ナナフシの類は擬態の名手としてつとに有名だが、素晴らしい彫刻を施した卵を産むことでも知られている。一見何かのタネのように見える卵の造形は種によって異なり、親虫の推定にも使えるほどである。私はこういう細かいものが大好きなので、未所持だったトビナナフシの卵を得ようと、この個体を連れて帰った。餌はコナラの葉で、もう入れたそばからもりもりと食べる。ナナフシが無心に葉っぱをむしゃむしゃやっている様子は可愛らしく、見ていて飽きない。草食動物の魅力である。

で、今日飼育箱をみてみると、既に卵を5,6個産み落としていた。もう1シーズン早かったら、あの企画に間に合わせることができたのだが…。ちょっと遅かった。
[PR]
by isohaetori | 2012-09-25 22:53 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

儚い美しさ

必要なモノや文献というのはなぜかいっぺんに発生するもので、最近は出費が激しい。今日も探していた古書をネットでみつけてぽちってしまった。残業がつかなくなって収入も減っているというのに。せめてお酒くらいは控えたいと思うが、それもなかなかうまくいかない。

昨日アップしそびれた写真を一枚。
f0205097_21522245.jpg

嫌われ者のクロゴキブリも、脱皮したての時はハッとするような美しさを備えている。か弱い透明な体は、まるで繊細なガラス細工のようだ。無垢という言葉さえ似合う、一級の芸術品と言ってよいだろう。


…などと褒めそやしておきながら言うのもなんだが、私はゴキブリが嫌いである。特にクロゴキブリは大の苦手で、一生相容れることはないと思う。しかし脱皮直後くらいは愛でてやりたいと思い、写真を撮ってみた次第。黒くなった瞬間から、こいつは敵である。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-18 21:58 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

ヤエヤマサソリ

JK君からの石垣島土産その2、ヤエヤマサソリ。
f0205097_1836249.jpg

非虫屋の方には意外に思われるかもしれないが、実は日本にも二種のサソリが生息している。

そのうちの一種、このヤエヤマサソリは尾が短く、毒針も申し訳程度についているのみ。毒性は低く、刺されても実害はあまりないらしい(だからといってくれぐれも「試し刺され」はしないように!)。

また、本種は単為生殖をすることが知られており、メスは単独で仔を産む。JK君によれば、「たらふく食わせていると、いつの間にか子供を背負っている」とのこと(母虫は、産んだ仔をしばらく背中に乗せて生活するのである)。ならば、ぜひその様子を見てみたい。
しかし私は絶望的なまでに虫の飼育が下手な人間である。あまり期待し過ぎず、しかし注意深く飼うことにする。
[PR]
by isohaetori | 2011-11-11 18:42 | 飼育 | Comments(2)

トウゴウヤブカ

先日の夜間調査ではこのカが大喜びでたかってきて,撮影の邪魔をしてくれた.
トウゴウヤブカAedes togoi
f0205097_21424096.jpg

内陸部でも普通に見られるカであるが,こいつの幼虫は塩分に耐性があるため,岩礁の潮溜まりでも発生する.夜の海岸で襲ってくる大きなカは大抵こいつである.

私はアカイエカやヒトスジシマカになら多少の慣れができているが,このカには「負ける」.とにかく痒いのである.ウミコオロギの写真を撮っている時など,連中はこちらがじっと動かないのをいいことに露出部分をボコボコに刺してきて,私のやる気を削いでくれたのだった.


ちなみにこのカの名は,あの東郷元帥にちなんで付けられたものだという.なぜだ…?
[PR]
by isohaetori | 2011-10-15 22:06 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(4)

台風一過の浜

台風一過ということで、漂着物を期待して県内の某海岸へ出向く。こういう機会はめったにないので、仕事で疲れたなどと言ってはいられない。
第一の目的であったウミアメンボ類はぽつぽつと漂着していた。すべてコガタウミアメンボと思われる種で、残念なことに、大半は浜の分解者によって体の一部を齧られていた。それでも見つけたものはすべて回収。十数個体を採集した。

今日は漂着豆が色々と見つかり、久しぶりに楽しいビーチコーミングができた。直径10センチほどのガラス浮きもひとつ発見。
f0205097_23435727.jpg

砂で擦れて艶消し状になっている、味わい深いガラスである。
[PR]
by isohaetori | 2011-09-22 23:46 | ビーチコーミング | Comments(2)

ハマベコムシヒキなど

久々の採集日和だったので、ちょっと遠出をしてみた。車で二時間半ほどの某海岸。

台風後ということでウミアメンボの漂着を期待していたのだが、残念ながら影も形もなかった。青い貝やクラゲも見られず、ここはどうも風向きと波当たりがよくなかったようだ。

拾いものは早々に諦め、買ったばかりのカメラで砂浜の虫たちと対峙した。しかし慣れない機械に四苦八苦し、ひどいカットばかり量産してしまう。精進せねば…。
大好きなハマベコムシヒキStichopogon infuscatusを追い回した。
f0205097_754398.jpg


今日採った変な虫で変なものといえば、ハジラミの一種。妻が拾って来てくれた、シロチドリ(?)の新鮮な死体から得たものである。わずかに一匹だけだったが、この仲間は初めて手にするものだったので嬉しかった。属くらいまでは落としたいものだが、どうなることやら。
スイーピングで網に入るアタマアブも、なかなかに変なやつ。でかい頭全部が複眼といった異様なルックスで、♂の腹端もまたアブノーマルな形態だった。小さいながらも面白い虫だ。これからは気にして採ってみよう…。
[PR]
by isohaetori | 2011-09-05 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(2)

オオウスバカゲロウ(2)

飼育中のオオウスバカゲロウHeoclisis japonicaの幼虫を掘り出してみた。体長は17ミリ程度。でかい! 既に終齢だが、もう少し大きくなりそうな印象である。
f0205097_2029358.jpg

飼ってみて驚いたのは、何と言ってもその素早さ、獰猛さである。獲物の気配を感じると、電光石火の素早さで砂中に引き込む。時には地表に飛び出してきて、歩いている獲物に突進して捕えることすらある。猛烈な勢いで前方にダッシュするアリジゴクなんて初めて見た。造巣性の種では考えられないことだ。
松良(2000)は、着地した瞬間のトンボをこのアリジゴクが捕え、砂中に引きずり込む場面に遭遇したことがあると述べている。また、常木(1948)は、ハナダカバチやツチバチが襲われる様を活写している。その数こそ多くないものの、砂浜ではかなり強力な捕食者として君臨している虫のようだ。
ちなみに、彼らは成虫になってからも肉食性である。その優しげな顔つきとは裏腹に、夜の海岸でガなどを捕食しているのが見られるという。
[PR]
by isohaetori | 2011-08-17 20:28 | 飼育 | Comments(2)