「ほっ」と。キャンペーン


昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
more...

最新のコメント

昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21
YUKIさま ありがと..
by isohaetori at 21:46
以前、一度コメントしたも..
by tbs-hrk at 20:49

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://www.v..
from http://www.val..

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(107)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:らくがき ( 18 ) タグの人気記事

近況

f0205097_2140415.jpg毎年のことながらこの時期の仕事はきつく、元同僚と久々に会ったら開口一番に「やつれた」と言われた。特に今年は人員の削減を受けて絶望的なまでに人手が足りず、さすがに心が折れそうになった。今はその状況も少し落ち着いて、人間らしい生活が再開できそう。まずはがっくりと落ちてしまった体重を元に戻すべく、なるべくカロリーの高そうなものを必死で食べているところ。反動で逆に太ったりして。


丸山さんから桐箱7箱が届き、ここ最近は米粒より小さい虫の山と格闘している。まとまった時間を作れないせいでなかなか進まないのだが、やっとおおまかな仕分けが終わり、なんとなく全容が見えてきた。某国では精力的にこの分類群に取り組んでいる人たちがおり、先を越されないためにも急がなければならない。

今扱っている分類群で、千葉県産のものは概ね出そろってきた感があるので、最近は最後の仕上げとばかりに夜間調査も何度か行った。夜の海岸は日中と異なり、普段姿を見せない虫も活発に動き回っているので面白い。とある未記載種も夜に特定の場所を探せばごっそり採れるということがわかった。こいつは日中に見かけたためしがないが、夜には物凄い個体数が文字通り湧いて出たように歩いている。普段はどこにいるのだろう?

一昨日は初めて中瀬式ライトトラップも試みた。これもものすごい数の虫が入って驚いた。もっと早くからやっていればよかったかも。もっとも、夜中の真っ暗な海岸はあもよの出そうな薄気味悪さを感じて気が進まないのも確かである。今取り組んでいる虫という目的がなければ絶対にやらないだろう。
[PR]
by isohaetori | 2014-05-29 21:45 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(2)

全力で休みました

f0205097_22541512.jpg今日は休み。気がつけば昨夜から11時間以上寝ていた…寝すぎ。

数日前から両足首が痛くて歩くのが億劫なので、一日安静にしていた。ボルタレンという湿布を使っているのだが、これはまあまあ効いている気がする。あと数日で治ればよいが。


道路の雪はあらかた溶けたが、人が手をつけていない場所にはまだまだ残っている。千葉県とは思えない光景だ。

そういえば就職活動をしていた時に、ホクレンの説明会に行ったことがある。勤務地は確か帯広だか釧路だったか…ともあれ、雪に埋もれるような北国での生活の実態を聞くにつけ、そんな過酷な場所では生活できんと思い早々に諦めた。根性のない私ならば、引っ越して早々に凍死するであろう。
[PR]
by isohaetori | 2014-02-12 23:55 | 日常 | Comments(3)

甲虫学会大会2013(一日目)

f0205097_22291727.jpg今年も甲虫学会大会の季節がやってきた。今年の開催地は私の母校である東農大で、二日間にわたって行われる。近場での開催はたいへんありがたい。


少し早めに会場に入り、お世話になっている方や先生に挨拶。今回のイソハネ研究は、各地の虫屋さんの惜しみない協力なくしてはできないものだった(まだ終わってないけど)。こんなどこの馬の骨とも知れん素人に対して、多くの方から標本や文献やいろんな情報の雨あられであった。皆なんていい人なんだ! うう、ありがたすぎる…。このご恩は論文にしてお返しします!

今回は昆虫学会との合同大会なので、甲虫以外の話題も聴けてちょっと得した気分。コウモリにつくノミとかキノコ食いのレピとか。とはいえ、私はやっぱり分類の話が好きなので、ガの雄交尾器をチューブに入れて観察する話、チビゴミの反転させた内袋による分類、カミキリの雌交尾器観察の話などが特に参考になった。しかし、私なんかにそれができるかどうかはまた別の話である。
学会に参加するといつも思うのだけど、普段会えないようなハイレベルな人たちの発表を聴いたり、直接話をできるのは本当にありがたい。自分も頑張ろうという気になる。学会はやる気をアップさせる最高の場所である…凹まされる時もあるけど。


一般講演が終わり、夜は「けやき」で懇親会。年に一度、この学会くらいでしか会えない方々と、ここぞとばかりに話した。久しぶりに会う先輩も来ていて楽しい。
数年ぶりに会った鶴先輩や古山君と語らっていると、岡島先生に声をかけていただいた。当ブログをチェックして下さっていると知りびっくり! しかもひよまめの方も見て下さっているとのことで、さらにびっくり。とても嬉しかった。やる気の出る虫のお話もできて、来てよかったとしみじみ。(これから日記はちゃんと書こうとも思った)。

懇親会終了後、駅前に出て同期らと飲み。わざわざ遠方から出てきてくれた井上君と勝山君に感謝!
1時過ぎまで飲み、ホテルに転がりこんでから発表の練習。4時前には寝た。
[PR]
by isohaetori | 2013-11-23 23:55 | 日常 | Comments(0)

近況

f0205097_20111379.jpgいまだかつてないほどブログに穴を空けてしまった。大穴である。まさに看板に偽りなし。その間にもチェックして下さっていた方には申し訳ありません…。

今月23、24日の甲虫学会大会には参加できることになった。昨年ハネカクシ談話会の小集会でやったネタが進んだので、今回はそれを一般講演にて発表することにした。原稿書きと並行して、今はその準備をしている。タイトルは以下の通り。
小野広樹・丸山宗利:日本産イソハネカクシ属Halorhadinus(ハネカクシ科)の未記載種について

記載論文は今年中に投稿できればと思っている。これが受理されれば、日本のHalorhadinusは一気に増えることになるので楽しみだ。海ハネの世界は奥が深い。
ここ数カ月、論文を読むのと書くのとでは大違いということが身に沁みてわかった。絵描きにも四苦八苦したし、もう途方に暮れていたと言ってもいい。もっと英語と記載用語を勉強しよう…。
[PR]
by isohaetori | 2013-11-08 20:14 | 本・論文 | Comments(2)

賀正2013

明けましておめでとうございます。

昨年はいくつか報文を出したり、年末の学会で少し話をしたりしましたが、まだまだ「出力」が足りないなと思える年でありました。今年は目標ができたこともあり、ますます「虫道」に精進したいと思います。また、本当にさぼりがちだったブログも更新したいと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。

毎年恒例になった(?)ペイントでのひどい年賀イラストをば。

f0205097_7502666.jpg


今年の初仕事がこれでした。数分でできました。年始早々に、干支であるヘビさんを酷い目に遭わせてしまい、申し訳なく思っています。
[PR]
by isohaetori | 2013-01-01 07:58 | 日常 | Comments(0)

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
年末から、すっかり放置してしまいました。職場は大晦日まで大変な忙しさでしたが、それも終わり、今は穏やかな正月を迎えております。

思えば2011年は、ここまで酷い年があったかと思えるくらい、もうめちゃくちゃな一年でした。世の中はあんなでしたし(言わずもがな)、震災後は会社もゴタゴタしっぱなしでした。私は4月の転勤で、慣れない職場と業務に順応するのに精いっぱいでありました。そもそも私の転勤はあの震災がなければ発生しなかったでしょうし、人生って何がどうなるか分からないものです。しかし、私の受けた影響など、東北の方々の苦労に比べれば屁みたいなもんですが。


しかし、個人的に嬉しいこともありました。新種のハネカクシに名前をつけてもらえたり、余暇を使って継続している海岸性昆虫の調査では次々に新知見が得られたり(いくつかは印刷中)と、虫屋としては充実した年だったと思います。今年もいくつか調べてみたい事柄があり、やることは山積みです。生き物をやっている限り、今後も退屈することはないと言えるでしょう。


さて、新年ということで、恒例の「干支記憶スケッチ」をやってみました。私の落書きについては、「これはひどい」「味があると言えなくもない」などの評判しか聞かないので、炎を吐きつつ悠然と空を飛ぶ、迫力あるドラゴンの絵を描き、汚名を返上したいと思います。




……






制作時間約5分。






……




f0205097_10123264.jpg

出来上がってみると、「スピード線の使い方がおかしい、血を吐きながら飛ぶおばちゃんパーマのトカゲ」になっていました。こ、こんなはずでは…


さて、これから実家へ戻ります。
2日は、これも恒例となりつつある「海ムシミーティング2012@三浦」です。
今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-01 10:20 | 日常 | Comments(5)

縁起でもない話

f0205097_22221970.jpg縁起でもない話だが、自分が死んだ後、自分が溜め込んだモノどもの行く末を考えて思い悩むことがある。

最大の問題は昆虫の標本である。これには世の虫屋の多くが悩んでいることだろう。こんなものを残された遺族は困るだけだろうし、いずれ朽ち果てるだけなのは目に見えている。どこかに寄贈ということも考えられるが、今の日本に、アマチュアが集めた標本を受け入れてくれて、管理もできる施設がどれだけあるだろうか…。せっかく命を頂いた虫たちであるので、無駄にしたくはない。生きている間にきちんと考えておいた方がよさそうだ。

他方、現在も増え続けている古いガラスびんは、それを扱う古道具屋や骨董屋が何軒か心当たりがあるので、それほど心配はしていない。その手の店に売ってもいいし、趣味を同じくする人に譲ってもいい。
また、昆虫関係の文献は専門の古書店もあるし、やはり知り合いにばら撒くこともできる(コピー文献だけは如何ともしがたいが)。我が家に稀覯本の類はないが、全て売り払えば葬式代の足しくらいにはなるだろう。


他にも色々と思うところはあるが、縁起でもない話なので、これ以上はやめることにする。ブログが「黒く」なるし、うっかり本当になってしまうと怖いし。

いま思えば、私は小さいころから自分の死後のことを考えるのを好む子供だった。そして今でもそれは変わっていないらしい。縁起でもない、と窘められそうだが、建設的で合理的な行動として、遺書を書いておくのも悪くはなさそうだ…なんて思う今日この頃である。
[PR]
by isohaetori | 2011-07-14 22:30 | 雑話 | Comments(5)

近況

f0205097_2083442.jpg気が付いたら、だいぶ更新をさぼってしまっていた。ここ一カ月で2、3回しか書いていない…。最近は環境が変わったこともあり、その上決算やら何やらで忙しく、くたびれて帰宅→酒かっ食らって寝る、の繰り返しで、生き物屋としての活動はほとんどしていなかったのだ。しかし仕事もようやく一段落したので、これから少しずつ虫屋業務(?)を再開しようと思う。



ここ数週間の出来事をメモ。

1)先週、職場の駐車場で、サクラの枝についているナシアシブトハバチの幼虫を発見。伸ばすと5センチを超える超重量級で、ハバチ幼虫のイメージを大きく逸脱している。あまりの大きさ(そして気持ち悪さ)に衝撃を受け、4匹ほど採集してきた。しかし2、3日ですべて蛹化してしまい、可愛い顔の幼虫写真を撮り損ねてしまった。また採りにいくか…。

2)evitaさんからルイスホソカタムシを頂戴した。ものすごく細長い、珍妙な格好の虫である。たくさん発生しているところがあるとのことで、あの珍品がそんなにうじゃうじゃいるのか!? と驚いてしまった。やはりいるところにはいるのである。ホソカタっぽい、鈍くさい虫を想像していたら、その動作は想像以上に素早かった。

3)セモンジンガサハムシの幼虫たちは順調に大きくなっている。しかし成虫になるにはあとひと月ほどかかりそう。

4)イラガセイボウは続々と羽化している。しかし展翅する時間がない…。

5)今日外出した折りに信号待ちをしていたら、「ごつん」という軽い衝撃が。後続のジイさんの車に追突されたのであった。脇に車を寄せて検分したが傷一つついておらず、軽く触れた程度だったと判明したのでその場で放免した。しかしジイさん、停車中に財布を探すのはいいが、ブレーキペダルから足を離すなっ!


…さて、これからは虫採りするぞー!


画:いそはえとり
[PR]
by isohaetori | 2011-06-13 20:14 | 日常 | Comments(9)

こもって作業

f0205097_2115535.jpg最近、北米の海ハネを調べる必要が出てきて、色々と文献を探しまわっている。Gouix & Klimaszewskiのカタログも注文した(まだ買ってなかったんかい)。今日は重要な原記載をネット上で見つけたはいいが、Moore先生の描かれたスケッチが実に大雑把で往生した。せめてゲニの図は付けてほしい…。まあ、1800年代によくある3行記載に比べればずっとマシだけど。

午前中から停電になってしまったので、薄暗い中で文献を読んだりメモを作ったり。
電気が戻ってきたところで市内の図書館に行き、文献の取り寄せを依頼した。地震以来webcatが止まってしまっているので、掲載誌が国内のどこにあるのかよくわからないらしく、司書さんは困った様子。まあ、科博か旧帝大のどこかにはあるだろう。

久々にアクセス解析を見たら、今月は「さぼってばかりの虫屋日記」というダイレクトな検索ワードでたどりついたケースが64件あった。先月は一件もなかった検索ワードなので、どこかで紹介でもされたのだろうか…。
[PR]
by isohaetori | 2011-03-22 21:04 | 日常 | Comments(6)

別刷届く

f0205097_21441236.jpg仕事がだいぶ忙しくなってきた。あとひと月もしないうちに地獄の繁忙期に突入である。
今年は従業員が次々に辞めてしまい、募集の広告を打っても全然人が来ず、未曾有の人手不足に陥りそうな予感がする。しかも今年に入ってからわが職場は酷いトラブル続き。従業員が夜逃げよろしく失踪しちゃうなんて、聞いたこともない!(笑) 色々と不安だ…。 


帰宅すると、丸山さんからESAKIAの別刷りが届いていた。

鳥の羽のような触角を持つヒゲブトオサムシ(属名はその通りの意味)。超カッコイイ!
Maruyama, M. 2011. Pterorhopalus mizotai (Coleoptera, Carabidae, Paussinae, Paussini), a new genus and species of Platyrhopalina from Sabah, Borneo. ESAKIA, (50): 89-92.

タイ産アリノスハナムグリの新種。
Maruyama, M., Ueno, T., Sakchoowong, W. 2011. Coenochilus thailandicus (Coleoptera, Scarabaeidae, Cetoniinae), a new species of Cremastocheilini from Thailand. ESAKIA, (50): 93-96.

それと、日本初記録の属の海ハネに関する論文二本(新種記載含む)。この海ハネたちは個人的にかなり思い入れのある虫なので、近々論文紹介とともに色々と書き綴ってみたい。丸山さんありがとうございました!


明日は三浦半島で調査&打ち合わせ。早起きせんと。
ウニの寄生貝って採ったことないな…。楽しみ。



今日の落書き:ありづかむし(超適当)。本文とは何の関係もありません。
[PR]
by isohaetori | 2011-03-04 21:58 | 本・論文 | Comments(0)