昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:ガラス製品 ( 106 ) タグの人気記事

両口式目薬いろいろ

このところまったく野外に出られないので、過去に撮りためた写真でも…。


このブログに頻繁に登場する両口式目薬びん。びんを集め始める前までは、こんな妙な製品があるなんて考えもしなかった。しかしその気になって探し始めると、けっこう目にとまりだすから不思議なものだ。古道具屋の片隅、骨董露天商のがらくた箱の中、海岸の波打ち際など…。製造が終わってから50年以上経つが、それなりに残っているのである。
この両口式目薬、昭和初期から30年以上にわたって様々なメーカーが作り続けていたので、形のバリエーションがかなりある。この多様性は虫屋の趣味にピッタリ来る気がする。「サイズと大まかな形は一定しているが、細部の違いを見ていくと多数の種に分けられる」ようなものに、虫屋は弱い。集めて並べたくなるのだ。

しかし、見つかるのはたいていロート製薬や参天堂のもの、あるいは無銘のびんばかりで、マイナーブランドはあまり残っていない。もともと数が作られなかったのだろう。日本語で陽刻されたものはさらに少なく、見つけるとかなり嬉しい。例えば以下のようなものである。

アール目薬。「びんだま飛ばそ」にも図示されているもので、先日の骨董市で妻が見つけてきた。長さ85ミリ。
f0205097_2313668.jpg


全快目薬。そのまんまな名前。長さ83ミリ。
f0205097_23161429.jpg


番外。全快目薬には、一口タイプも存在した。これは長さ74ミリ。
f0205097_23163633.jpg


「点眼水」(実際は旧字体)と陽刻された、緑色のびん。これはかなり嬉しかった。残念ながら小さな欠けがある。長さ73ミリ。
f0205097_23133333.jpg


裏には「盛」の文字が。超クール!!
f0205097_23134894.jpg

このびんは都内のお店で見つけたもので、とあるコレクターの方が手放した品とのこと(もしかしたらこのブログを読んでいたりして)。「あ、俺が売ったやつだ!」と思ったあなた、このびんはいそはえとりが大切に保管いたしております。

ゑびす目薬。これは骨董市やオークションでよく見かける。長さ70ミリと、やや小ぶり。
f0205097_23144047.jpg


日本語エンボスではないが、ニッセイ目薬。ゆらゆらとろとろのガラスが素敵。しかも濃いブルー。
f0205097_2314587.jpg


びんの裏側に変わった模様のエンボスがある。日本製薬工業株式会社製。この会社は日本橋室町にあったとのこと。
f0205097_23151379.jpg



以上、コレクションから適当に抜き出して紹介した。まだ見ぬびんが、世の中にはたくさんあるはず。びんコレクションの道のりは長い…。
[PR]
by isohaetori | 2012-07-16 23:25 | 昆虫以外の趣味 | Comments(3)

パコインの正体

楽しみにしていた金環日食は、ちょうどその時間に雲が厚くなったため見られずじまい。結局、「すごく大きめな部分食」を観察するにとどまった。それでも雲の中で細くなった太陽というのはなかなかの奇観で、やはり感動した。


久々にびんの紹介。
へんぺい足さんも紹介されていた、「パコイン」のびん。Made in occupied Japanとあるので、終戦直後の咳止め薬らしい。高さ135ミリ。
f0205097_16203328.jpg

六角形が三つ連なった模様と、「パコイン」のエンボスがある。細かい目盛りも切ってあり、びん下部には「5g」のエンボス。
f0205097_16204627.jpg

外箱はこんな感じ。「ネオ」というあたりに自信を感じさせる。
f0205097_16211612.jpg

f0205097_16213271.jpg

「抜咳因」でパコインと読ませるとは、なかなか強引というかなんというか…。まあ、言いたいことは伝わってくるパッケージである。

効能。
f0205097_16214742.jpg

f0205097_16215923.jpg

「…鎮咳成分アウクピン、プランタギン等ノ配糖体及…ヲ含有スル」などとあり、びんの肩にある六角形のエンボスは、配糖体の構造をイメージしたものではないだろうか。
なお、製造者は山本薬品工業株式会社で、所在は「兵庫県伊丹市伊丹」とされている。


参考:川原の一本松(へんぺい足さんのブログ)
パコイン
パコイン其の二
上記の記事によると、パコインのびんには何種類かあったようだ。私も引き続きこの製品については追及していきたい。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-21 16:46 | 昆虫以外の趣味 | Comments(0)

皇漢薬堂のびん

ブログのアクセス数を伸ばすためには、何かしら記事を書いて、毎日更新することが重要らしい。

…まあ、無理だな。





…という数行だけ書いて更新したことにしようかと思ったが、それもあんまりだと思ったので、ストックしてあるびんの写真でも出してみようと思う。
「皇漢薬堂」というエンボスのある茶色いびん、高さ73ミリ。
f0205097_2356267.jpg

この名前でぐぐってみると、尼崎に同名の薬屋さんがあるらしい。そこと関係があるかどうかは、未調査のため不明…。


JK君が西表島に移住した模様。昆研を出てからどんな職に就くのかとずっと気になっていたが、こちらの想像の斜め上を行くような英断で、非常に驚いた。彼のことだから良い虫をばりばり採ってくれるであろうと今から期待している。
[PR]
by isohaetori | 2012-04-10 23:53 | 昆虫以外の趣味 | Comments(2)

金線サイダー

最近ヤフオクで気になるびんをチェックするようになったのだが、どれもこれも高騰しまくっていて手が出せない。骨董市やショップで買ったりブログで自慢したりと、びんの価格高騰の遠因(?)を作っているであろう身としては文句を言える立場ではないが、最近の値上がりには参ってしまう。
で、こうなったらやはりディギングしかないかと覚悟を決め、今日は房総の山巡りを敢行したのだが、これがまた見事に外れ。ただの散歩に終わってしまった。そうそう良いハケになど巡り会うはずもないとはいえ、イモにもほどがあるではないか(この文脈での「イモ」はカミキリ屋さんがよく使う言葉で、採集が下手な人のこと)。
HBCさんみたいなハケ探しの眼力が欲しい…。

ディギング記事は企画倒れになったので、ここからお散歩写真。
とあるお寺にて。
f0205097_22293440.jpg

道端にはふきのとうがたくさん顔を出していた。つくしも多かった。
f0205097_22302545.jpg

山奥の神社でシカに出会った。藪の中で、しかもかなり距離を取られるので、ギロチン状態の証拠写真しか撮れなかった(しかもこれはトリミングしてある)。シカの正面顔って可愛い。
f0205097_2230354.jpg

今日唯一の獲物はこれ、金線サイダーのびん。結構な年代モノだろう。某神社の境内で、ほとんど地面に埋もれているのを見つけて掘り出した。高さ24センチ。
f0205097_22304481.jpg

房総半島を半日走り回ってびん1本ってどうなの…。これではびんマニアの沽券にかかわる。なんとかせねば。
[PR]
by isohaetori | 2012-03-19 22:43 | 昆虫以外の趣味 | Comments(7)

ライト目薬

お友達に借りた、灰谷健次郎の「兎の眼」を読み終えた。涙がこぼれるほど感動する本を読んだのは久しぶりだ。私は普段からそれほど本を読んでいるわけではないが、年に数回程度、こういう良い本に出会う。これは実に幸福なことである。
お友達には、「焼かれた魚」を代わりに貸した。これも良い本だと思う。

コレクションより。「ライト目藥」のびん。長さ88ミリ。
f0205097_03563.jpg

裏には「太陽堂藥品株式會社」と陽刻されている。
茶色いびんは、青や水色に比べて人気が低く、あまり可愛がられないようだ。ちょっと可哀想な気もする。
[PR]
by isohaetori | 2012-03-02 23:55 | 本・論文 | Comments(0)

もの書きな一日

朝からぐずぐずとした天気.こういう時は室内作業に限る…ということで,一日引きこもって書きものをしていた.

昨年末から取り組んでいた三浦半島のまとめは,ようやく校正を終えるところまで漕ぎつけた.何度も図を差し替えたり,データの取り込み時に発生したらしい謎の誤変換(よく似た別の漢字に置き換わるという恐ろしいトラップ)を潰さなければならなかったりと,最後まで気が抜けなかったが,もう大丈夫だろう.
また,数日前には別の短報が一つ片付いたこともあり,今日はまた新しいネタに手をつけた.午前中から夕方まで集中してやったら,骨子はほぼ出来上がった.あとは数ヶ月間,データ集めを頑張るだけ.さらにもう一つの案件(共著)については,この週末までにある程度準備を進めておきたい.
しばらくは転勤もなく,腰を落ち着けていられるので,今年はアウトプットの年にしたいと思う.

パソコンの画面を見すぎて疲れたら,こういうものを眺めて心を和ませる.
f0205097_23595890.jpg

高さ60ミリほどの,味わい深い薬びん.素敵な淡いブルー.
最近は野外に出ていないので,禁断症状に見舞われて困っている.ああびん掘りに行きたい.

良いびんを掘り出している夢はしょっちゅう見るのだが…夢ではねぇ….
[PR]
by isohaetori | 2012-02-14 23:50 | 日常 | Comments(4)

ボトルシアターへ

今日はボトルシアターへ。無数のびんに囲まれながら、びん博士こと庄司先生と、様々なお話をしてきた。
f0205097_053965.jpg

ボトルシアターの様子。
f0205097_0503677.jpg

昨年の地震で、たくさんのびんが割れてしまったとのこと。
f0205097_045656.jpg

二階へ上がってからは、ひたすらびん談義。日頃から疑問に思っていたことが、次々に氷解する。庄司先生はこのところ神薬に関する原稿にかかりきりだったそうで、それにまつわる裏話も色々伺った。
f0205097_0465347.jpg

今日は私の手元にあった謎のびんも見ていただき、それらのいくつかはびん博士も初見とのことだったので、献上した。そのびんについては、いずれこのブログで紹介する(かもしれない)。
f0205097_0513595.jpg

また、庄司先生は虫もお好きということで、虫談義にも花が咲いた。春には一緒に採集(兼、びん拾い)へ行きましょうという話に発展し、来月が楽しみ。
f0205097_0525371.jpg

最後には恒例の(?)生演奏もあり、盛りだくさんな一日だった。ずいぶん長居をしてしまい、館を辞したのは夜。お忙しいなかご対応くださった庄司先生、ありがとうございました。
f0205097_0542543.jpg

※写真はすべて、夜に撮影したものです。本文の流れとはありません。
[PR]
by isohaetori | 2012-02-11 00:59 | 昆虫以外の趣味 | Comments(5)

ヒツジ印のびん

コレクションより。
骨董市で見かけ、数百円で我が家にやってきた可愛い小びん。
「TRADE MARK」「ヒツジ印」のエンボスがある、細身のびんである。高さ68ミリ。
f0205097_20203952.jpg

これは研磨剤のびんとのこと。もちろんHBCさんもお持ちで、こんな素敵な姿を見ることができる
一方、我が家のヒツジはといえば、写真に写らないくらいエンボスも薄くて角も見えなくて、なんだかガリガリに痩せた野良犬のよう(笑)。びんの型が一定していなかったのだろう、ゆらゆらとろとろしていて、なんとも危なっかしいびんだ。そのへんが妙に魅力的で、お気に入りのびんなのだ。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-30 20:32 | 昆虫以外の趣味 | Comments(4)

瘡癒丸のびん

今日も南房総の海岸に出撃。しかし、前回と違ってどんよりした曇り空&海風で寒いのなんの。さらに悪いことに、深みにはまった拍子に長靴に海水が入ってしまった。これは効いた…。サンプリングを途中でやめて帰ろうかと思ったほどであった。今回も貴重な知見が得られたので、まあいいけど。


で、今日も出せそうなネタがないので、撮り溜めておいたびんコレクションの写真でも。
「瘡癒丸 赤岩製」。高さ64ミリ。
f0205097_0445740.jpg

名前からして皮膚病の薬だと思うが、未調査のため詳細は不明。
茶色いびんはあまり好みでないが、こういう仰々しいエンボスが入っているものなら話は別! お気に入りのびんである。
[PR]
by isohaetori | 2012-01-16 23:55 | 昆虫以外の趣味 | Comments(0)

干潟のびん

だいぶ遅くなったけど,先日の干潟歩きで見かけたびんをご紹介。

底に「M」と「登録」のエンボスがある,丸善インキのびん。ネジ山はなく,コルク栓のもの。よく見る形だが,やはり大喜びで拾ってしまう。
f0205097_2201861.jpg

アルマイトの水筒。これは回収せず。
f0205097_220458.jpg

「GOLD」というエンボスが目立つびんの欠片。何のびんだろう。
f0205097_221057.jpg

「SANTENDO」というエンボスがある両口式目薬。大学目薬ですね。
f0205097_2213943.jpg

厚生染(家庭用染料)のびん。
f0205097_2215873.jpg

お,青いびん発見!
f0205097_2222033.jpg

無銘の両口式目薬でした。
f0205097_2223793.jpg

レアものは何一つ見つからなかったが,海岸でびんを拾うという行為自体が楽しいので,それでもよいのである。

この日の収穫品を洗ってみた。
真ん中の大きな薬びんは,高さ115ミリ。病院名などは,なし。
f0205097_2252685.jpg

「SHOE CREAM」というエンボスのある,靴クリームのびんもあった。ひょうちゃんは古いタイプで,へそで茶を沸かしている図案である。
f0205097_22142799.jpg

「家傳藥」,反対側には「養命丸」というエンボスのある茶色いびん。高さ78ミリ。丸薬が入っていたびんなんだろうけど,正体は不明。
f0205097_22124150.jpg


やっぱりびん拾いは楽しいなあ!
[PR]
by isohaetori | 2012-01-10 22:18 | ビーチコーミング | Comments(2)