昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:コウチュウ目 ( 108 ) タグの人気記事

クロサワツブミズムシ

クロサワツブミズムシSatonius kurosawaiはちょっと変わった昆虫である。マニアックな甲虫屋ならば一度は憧れる虫だと思う。粘食亜目Myxophagaに属する微小な水生甲虫で、今のところ日本産のツブミズムシ科甲虫としては唯一の種である。1982年に佐藤正孝博士により記載され、種小名は発見者である黒澤良彦博士に献じられている。

水生甲虫とは言っても川や湖沼にいるわけではなく、浸み出す水で常に濡れているような岩盤の表面で生活している。体長は1.5mmほどと、非常に小さい。なかなか目につかない大きさであるのは確かだが、それにしても過去の記録は少ない。水の滴る岩場なんて全国の山にありそうなものだが、どこにでもいるような虫ではないらしい。これはちょっと不思議なことで、いる場所にはなぜいるのか、いそうな場所にいないのならばその制限要因はなんなのか、いつか知りたいと思っていた。なによりゴマ粒よりも小さいというその虫自体を、野外でじかに見てみたいと思っていた。しかし、なかなかその機会には恵まれずにいた。

ところが先日、思いがけず道が開けた。いつもお世話になっている学芸員さんが生息地の調査をされたことのある方で、先日その場所について話を聞くことができたのである。しかもスマホでGoogleマップを見ながら、「ここだよ」とピンポイントで場所まで教えて頂いた。訊いてみるものである。ついにあのサトニウスに会える! 重たいカメラを担いで、先日その場所に行ってみた。

ポイントはすぐに分かった。某県某所。一見なんてことのない道路わきにある。
f0205097_11583115.jpg

たしかに教科書通りの環境である。ここは河岸段丘の中段あたりで、上のほうから水が浸み出し、岩盤表面を濡らしている。年中水が途切れることがないらしいのは、表面についたコケや有機物の溜まり具合からして分かった。
カメラを用意して、岩の表面を凝視して数十秒、目的の虫はあっけなく見つかった。まあ場所を聞いて来たのだから当然なのだが、憧れの虫を目の当たりにできたのはやはり嬉しかった。
これがクロサワツブミズムシ。(以下、いずれもトリミングなし)
f0205097_11593105.jpg
f0205097_12002294.jpg

このようにびちゃびちゃに濡れている岩の表面にくっついている。常に体を水に浸した状態でいるのが好きなようだ。この日は気温も高く、ゆっくりと歩いているのも多い。

これはやらせ写真。ピンセットでつまみ上げて、濡れていない場所を歩かせてみた。短い触角が可愛い。
f0205097_12015666.jpg

よく見てみると、怪しげな平たい虫が少ないながらも見つかった。どうやらこれがクロサワツブミズムシの幼虫のようだ。これはやや小型で、若齢幼虫と思われる。
f0205097_12025053.jpg

体は非常に扁平で、ヒラタドロムシ類の幼虫を思わせる。腹部には細い突起物がずらりと並んでいて、いかにも水中の溶存酸素を取り込むのが得意そうな姿である(個人の感想です)。
この個体は少し大きい。
f0205097_12040620.jpg

撮影していると地元のおっちゃんが何人も通りかかり、そのたびに聞き取りをしたのだが、やはりこの崖は一年を通じて水が途切れることはないらしい。役所の人も通ったので訊いてみると、ここの段丘の上から岩盤の隙間を通じて地下水が浸み出てくるのだそうだ。

70代くらいのおじいちゃんの弁。
「ここは俺が子供の頃っからこんな感じだよ~。でも今日はまだ水が少ねえな、いつもはもっと流れてるんだけどな。
このあたりの岩場は昔は石切りをやっててな、こんな(手を広げる)でっかい石を背負った男が歩いてたよ。積んで塀にしたりかまどにしたりするんだな」

やはり地元民の話を聞くのは面白い。
クロサワツブミズムシにとって、この「年中途切れない水」が重要なのは分かるのだが、それにしてももっと記録があってもよさそうなものだ。生息環境の雰囲気は掴めたので、今後は似たような場所を見かけたら探してみたいと思っている。


帰宅後に調べてみると、本種の幼虫はボイテル博士が既に記載していたことを知った。PDF直リン。



[PR]
by isohaetori | 2017-02-22 12:40 | 昆虫採集・観察(陸)

カワラハンミョウ

西日を浴びるカワラハンミョウのペア。(2014年7月15日)

IMG_4630



今日は買い物に行き、ユザワヤでロットリングを買い足した。ついでに日光の丸ペンも買ってみた。少し試してみたところ、毛を描くにはロットリングよりもこちらの方が良さそうに思う。しかし筆圧により線の太さが変わるので、早く慣れるよう練習しなければならない。

眼鏡も壊れてしまったので新調した。ナンバーガールの向井秀徳がかけていたような銀色丸縁のやつを選んだら、10歳くらい老けて見えるようになって愕然とした。あれは向井がかけるからカッコいいのであって、普通の人間がかけるとただの地味なおっさんになるだけだと気がついた。

少し悲しくなったので、それよりは派手な赤いフレームのやつも一本買った。目指せヤング。


………。
[PR]
by isohaetori | 2014-07-25 19:06 | 昆虫採集・観察(海)

蟻の巣のコカブト

ちょっと前に入手したコカブトの仲間。Cryptodus属の一種だと思う。体長18ミリメートル。

Cryptodus sp

当初はこの虫について何も知らなかったのだが、とある標本商でひと目見て、なんて怪しい虫だろうという印象を抱いた。いかにもアリかシロアリの巣から出てきましたという雰囲気だったからである。なんだか分からないけれど、この珍品っぽさがどうにも気になる。こういう変な虫は迷わず買え、という虫屋の勘に従って購入した。

後で調べてみたところ、アリノスコカブトというそのまんまの和名まであるグループであることを知った。これが実際にどの程度珍しいのかは知らない。しかし山ほど採れるようなものとはとても思えないし、何よりカッコいいので、私の標本箱のなかでは大事にされている。
[PR]
by isohaetori | 2014-07-19 18:13 | 標本

日本産イソハネカクシ属の5新種

お知らせが遅くなってしまいましたが、イソハネカクシの記載論文が出ました。

Ono, H. & Maruyama, M., 2014. Five new species of the intertidal genus Halorhadinus Sawada (Coleoptera, Staphylinidae, Aleocharinae) from Japan. Esakia, (54): 41-50.
PDFはこちら。


これまで3種が知られていたイソハネカクシ属だが、今回5種を新たに記載し、計8種となった。本属の種はいずれも潮間帯の砂礫中に生息しており、波打ち際を掘ることで採集される。四万十川の河口付近で得られたアシナガイソハネカクシH. miyataorumだけはトラックトラップに入ったもので、本来の生息環境は未確認。おそらく付近の水際を掘ることで見つかるだろう。
驚いたことに大分の海岸では4種が同所的に生息しており、小型の種は砂礫の細かいところに、大型の種はやや粒の粗いところに、といったように、空間の大きさによって棲み分けている可能性が示唆された。

今回記載した5種には、いずれも発見に携わった方々に献名させて頂くことにし、それぞれH. kawashimai, H. miyataorum, H. miyakei, H. masakazui, H. satoiという学名をつけた。和名については、中二感溢れるカッコいい名前にしようかとも一瞬考えたが、結局良いものを思いつかず、その種の特徴を表す言葉を頭に付けたものとした(ツヤケシ、アシナガ、ヒメ、ウスチャ、アメイロ)。しかし、虫の名前を自分で考えるなんて夢のようで、実に楽しかった。


今回の仕事では多くの虫屋さんや研究者の方々にお世話になりました。この場を借りて厚くお礼申しあげます。特に辛抱強く私の原稿を直してくださった丸山さんには感謝の言葉もありません。
次のテーマも海岸性のハネカクシに決まりました。引き続き頑張ります。
[PR]
by isohaetori | 2014-04-11 23:32 | 本・論文

脇見運転しているわけではありません

朝から茨城県で会議。北は雪が積もっているだろうと予想して早めに出たが、どうということはなかった。

道々、採集に良さそうな場所、特に湿地を探しながら行く。昨年ポーランドのPasnik博士にTachyusaのレビジョンをPDFで頂いたので、今年はちゃんと採集して同定してみたいと思っている。Tachyusaは世界から50種ちょっとが知られている属で、千葉県では2種の記録があるようだ。細い体にぷっくりと膨らんだエリトラが特徴的で、どちらかと言うと平地の湿地に多くいるようなイメージがある。もっとも、こういう環境はメダカのN先生が相当調べているはずなので、千葉県でこれ以上記録を増やすのはちょっと難しいかもしれない。

会議は平穏に終わり、帰宅するとイソハネの第二校が届いていた。この仕事ももう少しで終わる。
[PR]
by isohaetori | 2014-02-05 23:55 | 日常

ろくろ首の虫

マレーシアの珍妙なデオキノコ、Diatelium wallacei。オスの首がやたらに長い。まさに奇虫。

diatelium

首が長い甲虫ではマダガスカルのオトシブミTrachelophorus giraffa、フィリピン産オトシブミのClitostylus tenuissimusなどが有名で、ミツギリゾウでも確か首長の奴がいたような気がするが、このデオキノコもなかなかのものだ。オス同士がこの首を使って争う様が想像される。首の長い虫を集めてみるのも面白いかも。

首が長いと言えば、リボンカゲロウの幼虫もおかしな虫である。ろくろ首のアリジゴクといった趣で、乾燥地の地表をひょこひょこ歩いているらしい。
最近動画を見つけたので貼っておく。



うーん、実物を見てみたい。
[PR]
by isohaetori | 2014-01-30 22:39 | 標本

名前をつける

マルハナバチ図鑑のチラシを見て、著者の高見澤今朝雄さんという名前に思い当たるところがあり、調べてみるとやはりタカミザワ彗星の高見澤さんだった。小さい頃に読んでいた天文の本に、日本人のアマチュア天文家が新彗星発見!と、大きく扱われていたのが記憶に残っている。彗星に名前が付くなんてカッコいいなあと子供心に憧れを抱いたものだ。星にしても虫にしても、新発見をしてそれに名前がつくというのは、子供にとって何か特別な印象を与えるものなのである。

思えば小学生のころの私は、虫や車だけでなく星も大好きな子供だった。必死でお小遣いを貯めて小さな天体望遠鏡まで買ったほどだ。しかしそれは子供でも買える程度のものゆえ非常に扱いづらく、すぐに使わなくなってしまった。今となっては星座の名前などすっかり忘れてしまっている。要するに飽きっぽい子供だったのだろう。


星には飽きてしまったけれど、虫への興味は続いており、これは生涯の趣味となりそうである。そして今は嬉しいことに、自分で虫に名前をつけるという長年の憧れが実現しつつある。丸山さんと共著でやっているイソハネカクシの記載である(先月の甲虫学会大会で発表したネタ)。
これはそもそも丸山さんが大分県産の数種を単著で書くはずの仕事だったのだが、三浦半島で採れた同属の未記載種をもって横入りしてきた私に、せっかくだから大分のもまとめて共著で発表しましょうと言ってくださり、しかも第一著者の座も譲ってくださったのだった。やりますやります!などと私が食いついたからなのだが、後で冷静になってみると、丸山さんがやった方が絶対いいのに、私なんかに書かせて本当に大丈夫なんだろうか…などと心配になってしまった。申し訳なく思うとともに、こういう機会を与えて頂いたことにとても感謝している。


というわけで、ここしばらくはその原稿にかかりきりだった。慣れない絵描きや記載文には四苦八苦した。一度草稿を送ったら真っ赤になって返ってきて、私は逆に青くなった。結局締切ぎりぎりになって何度も丸山さんの手を煩わせてしまい、今回ほど自分のダメっぷりを痛感したことはない(ホントにすみません…)。

ともあれ、その原稿もほぼOKを頂いたので、順調にいけば来春発行のEsakiaに掲載される予定。最終的には神奈川から1種、大分から3種、高知から1種の新種が確認されたのだが、いずれも各地で甲虫を研究されている多くの方々のご協力あってのものである。ありがとうございます! 今回の仕事を通じて、分類の研究って面白いんだなあとしみじみ感じたので、自分の実力不足は顧みず、今後も海ハネの調査は進めていきたいと思う。
[PR]
by isohaetori | 2013-12-24 23:55 | 本・論文

甲虫学会大会2013(二日目)

大会二日目。

非常に眠いが早めに起きて、ホテルの部屋で少しだけ発表の練習をする。
学会発表では、演者はたいてい聴衆の方を見ながらそらで喋るものだが、人前であがってしまう私にはそんな芸当はできない。福富さんみたいに笑いを取ることなんてもっと無理だ。大事なのは聞き取りやすく、分かりやすい発表をすることであって、時々原稿を読みながらだっていい、セリフを度忘れして沈黙したり噛みまくったりするよりはずっとマシだと考え、ダサイのは承知でカンペをお守りに話すことにした。気がつくと8時を過ぎていて、慌ててタクシーで大学まで行った。

二日目の朝は同定会からスタート。気になっていた干潟のトリッセムスを野村先生に見てもらったら、ものの数十秒で解決した。よかった。ハネカクシ部門はたいへん混みあっていて、私が持ち込んだ標本を見てもらうことはできなかった。いつか機会をみて依頼をしよう。

私の一般講演の出番はなんとか無事に終わった。話が支離滅裂になったり時間を超過するという事態は避けられた(やっぱり噛んでたけど)。私はこういう学会発表は初めてだし、大御所の先生方は大勢いらっしゃるし、聴衆は予想以上に多いし、なかなか緊張した。しかし、いざやってみると発表自体は楽しく、事前の準備から本番までの作業はものすごく勉強になるものだった。やってよかった。

私は分類の話が大好きなので、いろんな分野の形態分類の話をワクワクしながら聴いた。分類群を問わず、ゲニの内袋反転は完全にメジャーな手法になったようだ。そんな小さい虫のも反転させられるのかと驚く。どんな技を使っているのだろう。ラブ大の人はみんな習得しているんだろうか。内袋反転ワークショップをどこかでやってほしい。
発表を聞いているとみんなあまりにも優秀で、ついそんな人たちと自分を比べてしまうが、無駄に悲しくなるだけなので精神衛生上よろしくない。目標にしよう、と思うにとどめる。


f0205097_22403087.jpg午後のシンポジウムは伊豆諸島の甲虫がテーマで、興味深く聴いた。荒谷さんの話はやっぱり面白い(写真)。今回もかなり大胆な話が出てきて驚いた。伊豆はロマンあふれる場所だ。私もいろんな島の海岸を調べてみたい!


小集会はハネカクシの会に出席。林さんにできたての検索表を頂いた。かなりのボリュームで、作成の苦労が忍ばれる貴重な資料。しかし、これがあれば難しいヨツメが同定できるようになる! などといい気になるのは間違いで、やはり相当な修行が必要なのは確かである。これから修業しよう。

ハネ会が終わり、二日間の大会はおしまい。充実した時間はあっという間だった。来年は倉敷で開催とのことだが、果たして行けるだろうか。
[PR]
by isohaetori | 2013-11-24 23:55 | 日常

甲虫学会大会2013(一日目)

f0205097_22291727.jpg今年も甲虫学会大会の季節がやってきた。今年の開催地は私の母校である東農大で、二日間にわたって行われる。近場での開催はたいへんありがたい。


少し早めに会場に入り、お世話になっている方や先生に挨拶。今回のイソハネ研究は、各地の虫屋さんの惜しみない協力なくしてはできないものだった(まだ終わってないけど)。こんなどこの馬の骨とも知れん素人に対して、多くの方から標本や文献やいろんな情報の雨あられであった。皆なんていい人なんだ! うう、ありがたすぎる…。このご恩は論文にしてお返しします!

今回は昆虫学会との合同大会なので、甲虫以外の話題も聴けてちょっと得した気分。コウモリにつくノミとかキノコ食いのレピとか。とはいえ、私はやっぱり分類の話が好きなので、ガの雄交尾器をチューブに入れて観察する話、チビゴミの反転させた内袋による分類、カミキリの雌交尾器観察の話などが特に参考になった。しかし、私なんかにそれができるかどうかはまた別の話である。
学会に参加するといつも思うのだけど、普段会えないようなハイレベルな人たちの発表を聴いたり、直接話をできるのは本当にありがたい。自分も頑張ろうという気になる。学会はやる気をアップさせる最高の場所である…凹まされる時もあるけど。


一般講演が終わり、夜は「けやき」で懇親会。年に一度、この学会くらいでしか会えない方々と、ここぞとばかりに話した。久しぶりに会う先輩も来ていて楽しい。
数年ぶりに会った鶴先輩や古山君と語らっていると、岡島先生に声をかけていただいた。当ブログをチェックして下さっていると知りびっくり! しかもひよまめの方も見て下さっているとのことで、さらにびっくり。とても嬉しかった。やる気の出る虫のお話もできて、来てよかったとしみじみ。(これから日記はちゃんと書こうとも思った)。

懇親会終了後、駅前に出て同期らと飲み。わざわざ遠方から出てきてくれた井上君と勝山君に感謝!
1時過ぎまで飲み、ホテルに転がりこんでから発表の練習。4時前には寝た。
[PR]
by isohaetori | 2013-11-23 23:55 | 日常

近況

f0205097_20111379.jpgいまだかつてないほどブログに穴を空けてしまった。大穴である。まさに看板に偽りなし。その間にもチェックして下さっていた方には申し訳ありません…。

今月23、24日の甲虫学会大会には参加できることになった。昨年ハネカクシ談話会の小集会でやったネタが進んだので、今回はそれを一般講演にて発表することにした。原稿書きと並行して、今はその準備をしている。タイトルは以下の通り。
小野広樹・丸山宗利:日本産イソハネカクシ属Halorhadinus(ハネカクシ科)の未記載種について

記載論文は今年中に投稿できればと思っている。これが受理されれば、日本のHalorhadinusは一気に増えることになるので楽しみだ。海ハネの世界は奥が深い。
ここ数カ月、論文を読むのと書くのとでは大違いということが身に沁みてわかった。絵描きにも四苦八苦したし、もう途方に暮れていたと言ってもいい。もっと英語と記載用語を勉強しよう…。
[PR]
by isohaetori | 2013-11-08 20:14 | 本・論文