昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:ハチ目 ( 64 ) タグの人気記事

今日のハチ見

今日は隣町の公園に『ハチ見』に行ってきた。
いつもの茅葺屋根は夏のハチで賑わっている。ヤマトルリジガバチが増えてきたので、それ目当てのミドリセイボウの姿も多く見られた。美しい…。
f0205097_2034351.jpg

f0205097_20345278.jpg

f0205097_203544.jpg

f0205097_20351642.jpg


その他、シリアゲコバチ、バッタ狩りのコクロアナバチ、ドロバチ狙いのコウヤツリアブなどが目に付いた。一番多かったドロバチの一種はまだ同定していない。

地面ではヤマトヌカダカバチ(たぶん)が巣穴を掘っていた。2、3分おきであろうか、結構頻繁に出入りをする。巣穴に戻ってきた瞬間を写真に撮ろうとするのだが、コンマ数秒のホバリングの後に一瞬で巣口に飛び込んでしまうので、なかなかタイミングが合わない。連写機能の強力なやつが欲しい…。これは唯一撮れたカット。
f0205097_20354213.jpg

ずいぶん長いこと待ったが、餌の搬入には立ち会えず。この暑さで私の方が根負けした。


この公園で、今年初めてのアブラゼミの鳴き声を聞いた。抜け殻がいくつもあったので、ちょっと前から発生していたのだろう。
[PR]
by isohaetori | 2010-07-21 20:42 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

夜の海岸にはなにかがいる

決算棚卸が無事に終わった…。ハア。もう溜息しか出ない。

早起きして採集に出るつもりだったのだが、体が言うことを聞かず起きられなかった。気が付いたら8時半。あわてて支度をし、小物作りで忙しい妻を残して海へ向かう。

地点1…いつもの某干潟。びんを横目で探しつつ海ハネ採集。いつもの面々であっても、肉眼では同定できないので全部採る。
地点2…東京湾に面した砂浜。ニッポンハナダカバチ、ヤマトスナハキバチ、キスジツチスガリ、アリバチsp.などを確認。そろそろ初夏のハチたちが出始めているようだ。これからが楽しみ。小型の海浜性ムシヒキアブも確認したが、撮影はできずじまい。これは次の課題だ。
スナハキの人が水たまりに落ちていたので掬いあげてみた。しばし手乗り蜂として楽しむ。やはりハチは可愛い。
f0205097_2051779.jpg

ヒョウタンゴミムシ。下手なクワガタよりはよほどカッコイイと思うのは、私だけではないはず。
f0205097_20514010.jpg

ここでもハネカクシを佃煮になるんじゃないかってほど採集する。ソートが大変そうだ…。


地点3…ここからは夜間調査。日が落ちるのを待ち、ヘッドランプの灯りを頼りに砂浜をうろつく。目的の種は見つからなかったが、夜は色々と普段見られない光景に出会えるので楽しめる。
しかし一人で真っ暗な夜の海岸にいると結構怖い。「あもよ」にでも出会いそうな気がする。そっち方面のことを考え始めるとどんどん怖くなるので、波打ち際にたくさんいるハマダンゴムシを見て和むことにする。つぶらな目がかわいい。カラーバリエーションも豊富で、おしゃれ。
f0205097_20523150.jpg


ひとしきり採集をしたところで引き上げ。ちょっと遅くなってしまったが、明日も仕事だ。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-11 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

一昨日のハチ観察メモ

今朝、職場でクロメンガタスズメの成虫を見つけた。ピカピカの新成虫で、背中の髑髏マークがカッコイイ。昨年、敷地内のブッドレアやマサキの樹上で何度か幼虫を見かけたので、そいつらが羽化したのかもしれない。捕まえると脚の屈伸運動をしながら「ぎゅうぎゅう」と大きな音を出して威嚇してくる。



話変わって、ここからは一昨日の採集ネタ。まだ引っ張るか。それでもこれで最後です。

いつもの茅葺き屋根はだいぶ様相が変わり、前回あれほどいたハムシドロバチがほとんど見られなくなっていた。同時に、やはり蚊柱のごとく舞っていたナミハセイボウも少なくなっていた(それでも見飽きるほどいたけど)。そんなナミハさんが、屋根の上でなにやら悪だくみしているご様子。
「どこか忍びこめないかな…」
f0205097_2346226.jpg

シリアゲコバチもぽつぽつ見られるようになってきた。いつ見ても異様な姿である。
f0205097_23463783.jpg


トゲアナバチの一種は姿を消しつつあり、代わってコハナバチの仲間が堅い地面に巣穴を掘っていた。サトジガバチが徘徊する姿も多く見かけるようになってきた。ミドリセイボウはまだのよう。それでも季節は着実に初夏へと移り変わっているようだ。
早くハナダカバチの飛び回る時期にならないかな…。
[PR]
by isohaetori | 2010-06-07 23:55 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

砂場のハチ(1)

f0205097_22354670.jpg朝、近所の公園に行ってみると、砂場でトゲアナバチの一種が盛んに活動していた。砂遊びをする子どもらに蹴散らされながらも、巣穴を掘り、ハエを狩って帰巣する。自分の体より一回り以上も大きなハエを抱えて飛ぶ姿はなかなかの見ものだ。
[PR]
by isohaetori | 2010-05-31 22:36 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

ひたすら同定

今月の月刊むしはセイボウ特集なので注文してみた。このブログにもそれ絡みで検索してくる人が増えている。届くのが楽しみ。

外はひどい雨。ああ、「ハチ見」に行きたい…。これは先月末に撮ったもので、ハチが巣穴から出て、飛び立とうとする瞬間。ツツハナバチかな。もふもふで可愛い。
f0205097_90301.jpg



今日は例によってウマノオバチの観察を予定していたのだけれど、この天気でお流れになってしまった。仕方なく朝から買い物、散髪といったこまごまを片付け、午後からひたすら海ハネの同定をした。海岸のアレオカラたちのゲニを抜いてプレパラートを作りまくったのだが、やはり特徴の出にくい小型の個体や汚れた標本では誤同定をやりがち。幸いspermathecaも分かりやすいので、ばらせばそれなりに解決する。迷ったら解剖。噂の未記載種はまだこちらでは見つかっていないが、いる可能性は十分にある。
[PR]
by isohaetori | 2010-05-24 23:55 | 日常 | Comments(4)

惨敗!

毎年恒例となりつつある、川島さんとのハチ観察&撮影会。一年越しのウマノオバチリターンマッチ! と意気込んでみたものの、現地に着いてみれば生憎の雨であった…。しかも寒い! 5月半ばの気温とは思えない。普段の行いが悪いのか?

登山口に差し掛かる頃には雨は止んだが、相変わらずの低温…。とてもハチが飛ぶ状況ではないため、アリの巣を暴いて好蟻性甲虫を採りつつ、天気が回復するのを待つことにした。トビイロケアリの巣からはHomoeusaThiasophilaDiartigerなどの蟻客を採集。ハヤシケアリと思しきアリの巣から出たチイロ的なアリヅカは川島さんがお持ち帰り。ちら見しただけなのでケムネだったかどうか確信が持てない…。そういえば最近ハネ板を見ていて、Dendrolasiophilusが裸名になるらしいと知った。余談ですが。

お昼頃になってようやく陽が差し始めたものの、悲しくなるくらいハチが飛ばない一日だった。もちろん目的のウマノオはかすりもせず。期待していたセイボウも、偶然服にとまった一匹をつまみ採ったくらいであった。それにしても、季節を間違えて来てしまったんじゃないかと錯覚するような、虫の少ない一日だった。惨敗! 私は写真もほとんど撮らなかった…。まともな被写体はこのハエトリくらい。
f0205097_21593262.jpg


最後にクロクサアリのコロニー周辺でハネカクシを吸い、この日の採集はほぼ終了。ハチを見る予定が、最後までアリをいじめてばかりの一日になってしまった。帰り際に立ち寄った海岸でもほとんど収穫なし。しかしアリの巣いじりの楽しさ(?)を川島さんに伝えられたのでよかったよかった! ハチは次回に期待しましょう!
[PR]
by isohaetori | 2010-05-14 22:02 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

セイボウ祭り2010

今日は休みなので思う存分寝た。目覚まし時計に縛られない朝がこんなに幸せだとは…。

しっかり寝たら少し元気になったので、昼過ぎから隣町の公園へ「ハチ見」に行ってきた。いつもの茅葺屋根の周辺には物凄い数のハムシドロバチ類が飛び回っていて、まるで蚊柱のようだった。うーん壮観。
さらに壮観だったのはそれらに混ざって飛ぶナミハセイボウたちで、場所によってはやはり蚊柱のごとく群れ飛んでいるのだった。網を一振りするだけで5、6匹のセイボウが入ることさえある。きらきらと青く輝きながら飛び巡るハチの集団は美しいとしか言いようがなく、なんだか夢に出そうな光景だった。

今日嬉しかったのは、朽木から割り出したとある好蟻性ハネ、(たぶん)県未記録。ここ数年間探していた、ゴツゴツスジスジのかっこいい虫だ。トビイロケアリのコロニー周辺から出たのだが、あれ、これは本来オオハリアリにつくのではなかったかな…? しかしそのオオハリアリも近くに数匹いたので紛れ込んだだけかもしれない。どうせならホストを確実に見ておきたいので、また追加を探しに行こう。
[PR]
by isohaetori | 2010-04-30 23:25 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(2)

警備員

f0205097_2323991.jpg

「あんまり近づくと、怒るよ」と言っているようです。

2009年8月24日撮影、千葉県
[PR]
by isohaetori | 2009-09-05 23:07 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

ジガジガ

近くの公園でジガバチ(サトジガバチ?)が巣穴を掘っていた。私が気付いたときには既に獲物は巣のそばに置いてあり、すぐに巣穴に引っぱり込んで埋め戻しを始めた。このとき、土を巣穴に押し込みながら「ジジッ、ジジッ」と翅を鳴らす。よく言われるジガバチの鼻歌である。一生懸命な感じがしてなんとなく微笑ましい。
獲物を引き込んでから10分足らずで仕事は終わった。
f0205097_23221864.jpg

[PR]
by isohaetori | 2009-08-22 23:25 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)

近所でハチ見

隣町にある銀行まで行ったついでに、いつものセイボウポイントを覗いてきた。前回来た時よりもかなり草が伸びていて驚く。夏だなあ。
あ、タマムシ。こいつにも夏を感じる。
f0205097_0443819.jpg


ショウリョウバッタが熱い抱擁を交わしていた。身動きひとつしない。うーむ、これは一体…?
f0205097_0445489.jpg


いつもの茅葺屋根ではミドリセイボウが多かった。ホストのルリジガバチが出入りしているからだろう。
オオフタオビドロバチの巣を見つけたのでしばらく観察。餌の搬入シーンや出入りする様子を撮りたかったがどれも失敗。むぅ…。最後に出て行く瞬間も撮り逃し、がっかりしていたら入れ替わるようにムツバセイボウがやってきた。このタイミング、どこかでストーカーよろしく様子を窺っていたに違いない。
f0205097_0451441.jpg


しばらく見ていたが、結局侵入することもなく飛び去った。
[PR]
by isohaetori | 2009-08-19 23:42 | 昆虫採集・観察(陸) | Comments(0)