昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のコメント

神薬はもう高値安定ですね..
by isohaetori at 12:51
よとぼしさま 福の神、..
by isohaetori at 12:44
昔の記事にコメント失礼し..
by letoroathume at 22:19
お返事いただきありがとう..
by よとぼし at 00:34
よとぼしさま お返事が..
by isohaetori at 07:20
こんにちは。 はじめま..
by よとぼし at 09:56
yamakajiさま ..
by isohaetori at 23:51
吉田くんに教わって来まし..
by yamakaji at 12:55
丸山さんにはいつもお世話..
by isohaetori at 13:19
なんと偽物が出回っている..
by tbs-hrk at 23:21

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

タグ:海岸性昆虫 ( 58 ) タグの人気記事

オオウスバカゲロウ(4)

オオウスバカゲロウの幼虫は、過去に何度か飼育を試みたものの、その度に失敗してなかなか成虫まで育て上げることができなかった。たいてい冬越しがうまくいかないのだった。
この幼虫写真は昨年の7月に撮ったものだが(おかげで白バック撮影が下手)、残念ながらこの個体も冬を越せなかった。頑健そのものといった印象のアリジゴクすら育てられないなんて…と、己の飼育下手っぷりにはほとほと呆れるばかりである。

20130708


しかし、今年はなんとか一匹羽化させることができた。とはいえ長期の飼育ではなく、7月中旬に採集した終齢幼虫がしばらくして繭を紡ぎ、つい先日羽化した、というだけのことである。だからちゃんと育てたというにはほど遠い。それでも、飼育ケースの中に巨大なウスバカゲロウが突如として出現した時には嬉しかった。

oousuba


脈翅類はこの眼も素敵である。闇夜でも獲物を精確に捉える高感度な器官。

oousuba2


猫も杓子も白バックという時代になり、撮影する側としてはやや飽き始めているのだけれど、虫の全体像を鮮明に伝えるのに適した方法であるには違いない。こだわればなかなか難しい手法であるし、極めるまでにはまだ時間がかかりそうなので、今後も修行を続けていきたい。


過去記事:
茶碗むし(オオウスバカゲロウ)
オオウスバカゲロウ(2)
オオウスバカゲロウ(3)
[PR]
by isohaetori | 2014-08-28 19:40 | 飼育 | Comments(4)

オオウスバカゲロウ(3)

先日、珍しく夕方のうちに仕事が終わったので、疲れをおして目星をつけていた海岸に向かった。憧れ続けていたあの虫を見るためである。
ヘッドランプをつけて砂浜を歩き回ること数十分、灯りを反射してキラリと光る眼を手がかりに、ついにその姿を見ることができた。

IMG_5070

オオウスバカゲロウ Heoclisis japonica、2014年8月20日、千葉県

柔らかな銀毛に覆われた体は、想像以上に大きかった。長年の思い入れも手伝って、なにか神々しい気配さえ感じられた。

IMG_5168

この夜は羽化ラッシュだったようで、下草のあちこちに新成虫がぶら下がっていた。できれば翅を伸ばす過程を見たかったのだが、現場に着いた時間が遅かったためか、見つかる虫はどれも翅を伸ばし切っており、体が固まるのを待っている状態だった。それでも、繊細なレースのような翅は、写真を撮るのを忘れて見とれるほど美しかった。


東北地方出身の友人が、故郷ではウスバカゲロウのことを「神様トンボ」と呼んでいたと教えてくれた。夜になるとどこからともなく現れ、ふわふわと儚げに飛び回るこの類に相応しい名前だと思う。


過去記事:
茶碗むし(オオウスバカゲロウ)
オオウスバカゲロウ(2)
[PR]
by isohaetori | 2014-08-26 23:55 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(0)

カワラハンミョウ

西日を浴びるカワラハンミョウのペア。(2014年7月15日)

IMG_4630



今日は買い物に行き、ユザワヤでロットリングを買い足した。ついでに日光の丸ペンも買ってみた。少し試してみたところ、毛を描くにはロットリングよりもこちらの方が良さそうに思う。しかし筆圧により線の太さが変わるので、早く慣れるよう練習しなければならない。

眼鏡も壊れてしまったので新調した。ナンバーガールの向井秀徳がかけていたような銀色丸縁のやつを選んだら、10歳くらい老けて見えるようになって愕然とした。あれは向井がかけるからカッコいいのであって、普通の人間がかけるとただの地味なおっさんになるだけだと気がついた。

少し悲しくなったので、それよりは派手な赤いフレームのやつも一本買った。目指せヤング。


………。
[PR]
by isohaetori | 2014-07-25 19:06 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(2)

日本産イソハネカクシ属の5新種

お知らせが遅くなってしまいましたが、イソハネカクシの記載論文が出ました。

Ono, H. & Maruyama, M., 2014. Five new species of the intertidal genus Halorhadinus Sawada (Coleoptera, Staphylinidae, Aleocharinae) from Japan. Esakia, (54): 41-50.
PDFはこちら。


これまで3種が知られていたイソハネカクシ属だが、今回5種を新たに記載し、計8種となった。本属の種はいずれも潮間帯の砂礫中に生息しており、波打ち際を掘ることで採集される。四万十川の河口付近で得られたアシナガイソハネカクシH. miyataorumだけはトラックトラップに入ったもので、本来の生息環境は未確認。おそらく付近の水際を掘ることで見つかるだろう。
驚いたことに大分の海岸では4種が同所的に生息しており、小型の種は砂礫の細かいところに、大型の種はやや粒の粗いところに、といったように、空間の大きさによって棲み分けている可能性が示唆された。

今回記載した5種には、いずれも発見に携わった方々に献名させて頂くことにし、それぞれH. kawashimai, H. miyataorum, H. miyakei, H. masakazui, H. satoiという学名をつけた。和名については、中二感溢れるカッコいい名前にしようかとも一瞬考えたが、結局良いものを思いつかず、その種の特徴を表す言葉を頭に付けたものとした(ツヤケシ、アシナガ、ヒメ、ウスチャ、アメイロ)。しかし、虫の名前を自分で考えるなんて夢のようで、実に楽しかった。


今回の仕事では多くの虫屋さんや研究者の方々にお世話になりました。この場を借りて厚くお礼申しあげます。特に辛抱強く私の原稿を直してくださった丸山さんには感謝の言葉もありません。
次のテーマも海岸性のハネカクシに決まりました。引き続き頑張ります。
[PR]
by isohaetori | 2014-04-11 23:32 | 本・論文 | Comments(0)

名前をつける

マルハナバチ図鑑のチラシを見て、著者の高見澤今朝雄さんという名前に思い当たるところがあり、調べてみるとやはりタカミザワ彗星の高見澤さんだった。小さい頃に読んでいた天文の本に、日本人のアマチュア天文家が新彗星発見!と、大きく扱われていたのが記憶に残っている。彗星に名前が付くなんてカッコいいなあと子供心に憧れを抱いたものだ。星にしても虫にしても、新発見をしてそれに名前がつくというのは、子供にとって何か特別な印象を与えるものなのである。

思えば小学生のころの私は、虫や車だけでなく星も大好きな子供だった。必死でお小遣いを貯めて小さな天体望遠鏡まで買ったほどだ。しかしそれは子供でも買える程度のものゆえ非常に扱いづらく、すぐに使わなくなってしまった。今となっては星座の名前などすっかり忘れてしまっている。要するに飽きっぽい子供だったのだろう。


星には飽きてしまったけれど、虫への興味は続いており、これは生涯の趣味となりそうである。そして今は嬉しいことに、自分で虫に名前をつけるという長年の憧れが実現しつつある。丸山さんと共著でやっているイソハネカクシの記載である(先月の甲虫学会大会で発表したネタ)。
これはそもそも丸山さんが大分県産の数種を単著で書くはずの仕事だったのだが、三浦半島で採れた同属の未記載種をもって横入りしてきた私に、せっかくだから大分のもまとめて共著で発表しましょうと言ってくださり、しかも第一著者の座も譲ってくださったのだった。やりますやります!などと私が食いついたからなのだが、後で冷静になってみると、丸山さんがやった方が絶対いいのに、私なんかに書かせて本当に大丈夫なんだろうか…などと心配になってしまった。申し訳なく思うとともに、こういう機会を与えて頂いたことにとても感謝している。


というわけで、ここしばらくはその原稿にかかりきりだった。慣れない絵描きや記載文には四苦八苦した。一度草稿を送ったら真っ赤になって返ってきて、私は逆に青くなった。結局締切ぎりぎりになって何度も丸山さんの手を煩わせてしまい、今回ほど自分のダメっぷりを痛感したことはない(ホントにすみません…)。

ともあれ、その原稿もほぼOKを頂いたので、順調にいけば来春発行のEsakiaに掲載される予定。最終的には神奈川から1種、大分から3種、高知から1種の新種が確認されたのだが、いずれも各地で甲虫を研究されている多くの方々のご協力あってのものである。ありがとうございます! 今回の仕事を通じて、分類の研究って面白いんだなあとしみじみ感じたので、自分の実力不足は顧みず、今後も海ハネの調査は進めていきたいと思う。
[PR]
by isohaetori | 2013-12-24 23:55 | 本・論文 | Comments(3)

あと三日…

甲虫学会が三日後に迫っている。今回のシンポジウムは「海浜性甲虫の多様性と進化」と題して行われる。私の興味のど真ん中を突くテーマであり、とても楽しみ。しかも1日、2日の両日とも参加できるのは嬉しい。私はハネカクシ小集会で一件、海ものに関する発表をすることになっている。


思えば、なんとか休みをもらえることがわかって、発表の準備を始めたのが先月の中ごろ。実はその時はネタとなる虫の解剖すらしておらず、なかば見切り発車で発表を申し込んでしまったため、果たしてどうなることかと内心ドキドキしていたのであった(分類の発表をしようというのに、申し込みをしてからおもむろにロットリングを買いに行ったことは秘密だ)。

で、12月になるのなんてあっという間だろうな~とぼんやり思っていたら、本当にあっという間だった。しかし発表の準備はなんとかなった(と思いたい)。私のやるプレゼンのタイトルは以下の通り。


小野広樹・丸山宗利:三浦半島などから得られたイソハネカクシ属Halorhadinusの未記載種について.


小集会での小さな話題提供とはいえ、人前で発表することに変わりはないので緊張する。信じてもらえないかもしれないが、私はかなりの人見知りで、大勢の前で話すのが非常に苦手なチキン野郎なのである。緊張のあまり壇上で様々な液体を漏らすかもしれない(汚いな…)。
しかしこの属は非常に面白い分類群なので、今回の発表はぜひ多くの人に聞いてもらいたいと思う。そして海ハネに興味を持ってくれる人が少しでも増えたらうれしい。ハネカクシ小集会は大会二日目の夕方に行われる予定。
会場に、やけに色黒で痩せ形で眼鏡をかけた30代前半の男性がいたら私かもしれません(そんな外見なので、職場では『メガネゴボウ』のあだ名で呼ばれていたこともある)。それでは甲虫屋の皆さま、豊橋でお会いしましょう。
[PR]
by isohaetori | 2012-11-28 22:00 | 日常 | Comments(0)

ハマスズ(2)

昨日は、川島さんと定例の昆虫観察へ行ってきた。
目的のひとつはこちら、ハマスズ。 見事な砂色だ。なんて格調高い虫なんだろう。

IMG_7749


真上から見るとこんな感じ。

IMG_7717


以前訪れた時はすべて若虫だったが、今回は期待通り、成虫の姿を見ることができた。右触角を口に運んでもぐもぐと掃除中。直翅はこのしぐさがかわいい。

IMG_7772

偽瞳孔のせいか、不思議と人間くさい表情があるように見える。


撮影を一通り終え、夕暮れ時に耳をすませていると、下草の間から、ビーッ、ビーッという低い声が聞こえてきた。これがたぶんハマスズの鳴き声なのだろうと思う。お世辞にも美声とは言いがたく、その気にならなければ耳にも入ってこないほど小さな声だが、この繊細な美しさをもつ虫を思い浮かべつつ聞いていると、なかなか風情があるように思えてくる。

ハマスズは良好な環境の残されている砂浜にのみ生息しており、各地で減少傾向にあると思われる。この地味きわまりない虫が、いつまでも日本の砂浜で(人知れず)鳴き続けてくれることを願う。
[PR]
by isohaetori | 2012-10-10 19:38 | Comments(0)

岩礁の虫二題

早起きして、亀澤さんと海もの調査へ。前回は四度にわたる雨天中止という前代未聞の事態に見舞われたが、今回は天候に恵まれ、すんなり決行することができた。やはり日ごろの行いが良いせいであろう。コアな甲虫の話が一日じゅうできて楽しかった。

亀澤さんのご案内により、初めて見る良い虫に出会えたのだけれど、それはいずれ発表されるネタなのでここでは触れずにおく。
岩礁では、イソジョウカイモドキが活発に歩きまわっていた。
f0205097_2331441.jpg

これはメス。オスは立派な触角を持っていて絵になる虫だが、ウロウロとたいへん落ち着きのない野郎で、なかなか写真に撮らせてくれなかった。また次回。

ケシウミアメンボもたくさんいた(トリミング)。交尾している個体もおり、今が繁殖シーズンのようだ。この個体はお食事中で、水面に落ちた何かに吻を突き刺してちゅうちゅう吸っていた。
f0205097_2336728.jpg

黒のビロードを着込んだ美しい虫である。しかしいかんせん小さいので、遠目には黒ゴマが水面を滑走しているようにしか見えない。
こいつらは普段たくさんいるくせに、冬の間は完全に姿を消してしまう。どこでどうやって過ごしているのであろうか。気になる。
[PR]
by isohaetori | 2012-05-24 23:48 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(4)

飛べ! ナギサハネカクシ

朝起きたら、外は真っ白。今日は亀澤さんと採集に行く予定だったのだが、この天気でお流れになってしまった。実は先週にも一度、雨のため延期になっていて、今日で二度目の雨天中止である。ここでも雨男ぶりを遺憾なく発揮してしまい、さすがに悔しい。


採集ネタに困ってきたので、某県某所で某日に撮影した某ハネカクシ(何それ)をご紹介。ナギサハネカクシ属の一種Bryothinusa sp.。
こいつは種名こそ未決定ながら、とある河口では最も多く見られる種である。砂泥に埋もれた石を起こすと見つけることができる。
f0205097_17523477.jpg

石の下面にもくっついているほか、泥を適当に掻きまわすと水面にたくさん浮かんでくる。
このように脚先で水面に立ち、風を受けてふわふわと漂う。
f0205097_1753481.jpg

溺れることはまずない。
f0205097_17531632.jpg

スイスイ。シンクロナイズド海ハネカクシ。
f0205097_17532917.jpg

ふわふわと漂っていたかと思うと、いきなり水面から飛び立つ。これは後翅を出したところ。数秒後に私の視界から消え失せた。
f0205097_17534281.jpg

河口の虫は面白いが、撮影機材が泥だらけになるのが難点である。
[PR]
by isohaetori | 2012-02-29 17:58 | 昆虫採集・観察(海) | Comments(2)

イワハマムシ

亀澤さんより,撮影用の標本(とある短報ネタの某虫)が届いた.迅速なご対応に感謝.こちらも大急ぎで撮影した.

お送りいただいた中には,北海道産のクロコブセスジダルマガムシも含まれていた.事前に伺っていた通り,関東地方で採れる個体と比べて明らかに体が大きく,思わず唸る.飛べない虫なので地域変異があるのだろうが,こうして見た目にも明らかな違いがあるのは面白い.北から南まで各地のサンプルを集め,DNAをみたら面白そうだ.誰かやりませんか.それとも,もう誰かが手をつけているのだろうか.

ばっちり展脚されたイワハマムシAegialites stejnegeriも頂いた.図鑑っぽく撮ってみた.
f0205097_221738100.jpg

本種もやはり飛べない甲虫で,北海道と東北地方(一部)の海岸岩礁にのみ生息する.北海道の海岸に行って,こいつの幼虫を見つけることが私のささやかな夢である.マニアックな夢だな.ともあれ,サルピンの幼虫は未見なので,ぜひ押さえておきたい.
この虫も調べたら面白そうと思っていたら,すでに研究されているかたがいた.

イワハマムシの集団構造と地理分化

研究結果によれば,道内のイワハマムシは,大きく分けて二つの系統に分かれているらしい.また,当地では巻貝のクロタマキビも二系統に分かれていて,この虫と同様の地理的分布を示すとのことで興味深い.北海道の地史について物語る,生きた証拠と言えるかもしれない.
[PR]
by isohaetori | 2012-02-02 22:30 | 標本 | Comments(5)