昆虫、特に甲虫を中心とした生き物ブログ。ビーチコーミングやガラスびん収集についても書いています。


by isohaetori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
more...

最新のトラックバック

twitter

www.flickr.com
isohaetori's items Go to isohaetori's photostream

リンク

カテゴリ

昆虫採集・観察(海)
昆虫採集・観察(陸)
クモ・多足類
その他の生き物
飼育
ビーチコーミング
標本
本・論文
WEB
道具・工作
日常
昆虫以外の趣味
雑話

タグ

(108)
(106)
(64)
(58)
(32)
(19)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

痒すぎる話

f0205097_23451732.jpg人はどれくらい蚊に刺されたら死ぬんだろうか、というしょーもないことを考え、何気なく調べてみたら、すでに同じことを質問している人がいた。ここではマラリアなどの伝染病は抜きにして、単純に蚊に刺されることによる失血だけを前提としている。

大人が蚊に刺されて失血死するには早くてどれくらいかかりますか? -yahoo!知恵袋

かなり大雑把な計算だが、100万匹以上の蚊が必要…ということらしい。しかしそれだけの蚊に刺されたら、奴らの注入する様々な物質のせいで、失血よりもアレルギー反応の方が先に来るんじゃないかという気もする。それ以前にまず精神の方がもちそうにないけど。


これを書いていて思い出すのは、ずいぶん昔に読んだ椎名誠の「シベリア追跡」の中の一コマだ。タイガに入っていく著者らを、ものすごい数の蚊が襲撃してくる、というくだりである。うろ覚えだが、蚊の数があまりにも多いので、人の周囲が霞んで見える…といった内容だったと思う。夏の夜、一、二匹の蚊に悩まされる程度の日本は恵まれている。


画:いそはえとり
[PR]
by isohaetori | 2009-11-17 23:35 | 雑話